物価崩壊!? in Australia

LINEで送る
Pocket

 

前回のブログでオーストラリアではコーラ500mlが1本400円するという

話をしましたが、今回はオーストラリア(ブリスベン)の物価について

いろいろと書いていきたいと思います。

 

まずは家賃について。

基本的にワーホリで来ている人のほとんどはシェアハウスに住むことになると思います。

自分も現在、日本人2名、オーストラリア人3名のシェアハウス(部屋は1人1部屋)に住んでいます。

オーストラリアでは基本的に家賃は1週間単位で払うのですが、

自分は1週間で115ドルなので、月460ドル。日本円で約44000円ぐらいです。

若干郊外に住んでいることもあり、相場からみると安めではありますが、

ブリスベンであれば場所にもよりますが1週間で120ドル~170ドルあたりが

相場になると思います。

物件にもよりますが、私の場合5畳で家具付きの部屋に住んでいて、

キッチン、リビングもとても広々としています。

快適です。

次に食料品に関して。

正直、食料品に関しては日本よりも全体的に高めの値段設定となっています。

特に飲み物に関してはもう信じられないくらいに高いです。

前述の通り、コーラは400円するは、水を除く500ml飲料は基本的に1本

300円ぐらいするものが多いです。

のどが渇いたからといって気軽にコンビニでコーラを飲むことも

ためらってしまうぐらいです。

食べ物に関しては、値段というよりもまず何もかもがでかすぎる。

挽き肉なんかでも、日本なら100g単位で売っているものが

こちらでは500gか1000gかの二択っていう。

ステーキ肉もこれでもかってくらいに容器にパンパンに

詰められたものが多く、平気で1kg越えの肉が売っています。

もはや肉というより、肉塊です。

ただ、値段はそこまで高くない印象。日本より若干高いかなっていうくらいです。

ただ日本の調味料はかなり高いです。

醤油1つとっても、日本の3倍ぐらいの値段はしていると思います。

食料品のついでに外食についても書きたいと思います。

外食も日本よりも全然高いですね。

もうワーホリできている人にとっては致命的に高い気がします。

毎日外食なんてできるはずもありません。

ランチでも1食1000円はどの店に行ってもしてしまうので、

日本の牛丼チェーンがかなり恋しいです。

外食が高い為、オーストラリア人も含めて自炊をする人が

多いです。自分も自炊しています。THE 男料理ですけど。


交通費に関して。

ここブリスベンには、電車もバスも通っており特に移動には

困ることはありません。

値段も日本とほぼ同じぐらいで良心的な気がします。

私の住んでいるところから、ブリスベンの中心地であるシティに行くのに

30分くらい乗って、300円ぐらいです。


ブリスベンに来た当初はこちらの物価の高さにびっくりしましたが、

節約できるところを節約すれば、案外日本と変わらないぐらいの

お金で生活できるかもしれません。

では!


LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。