子供の頃ってとりあえずやりたいことはなんでもやっていたなと、ふと思った。

LINEで送る
Pocket

ふと大人になってからと子供の時、

どちらが自分の気持ちに正直に行動できているか、

やりたいことをやっていたかと、思うことがありました。

 

自分は平成元年生まれの24才ですが、

圧倒的に子供の頃の方が、いろんなことにチャレンジしていた

と思います。

大人になると、

お金がないだの、時間がないだの、

失敗が怖いだの、自分には無理だなど

何かにつけては言い訳が出てくるのが自然だと思います。

それに対して、子供の頃は、お金の問題はともかく、

時間はいくらでもあるし、失敗・ミスなんて全然怖くなかったし、

子供だからという理由である程度の失敗は目をつぶってくれていたし

それほど失敗の影響力がないので、いろんなことに挑戦していた

ように思います。

 

実際、自分は子供の頃から面白そうと思ったスポーツや遊びには

いろいろ挑戦して来た方だと思いますし、

自分のお小遣いの範囲で、いろいろな娯楽にも手を出していました。

少し考えるだけでも、ミニ四駆、カードゲーム、プラモデル、

今考えると、お金の無駄だったなと思うことばかりですが、

当時は楽しくてしょうがなかったことは思えています。

でも大人になるにつれて、そのお金の無駄だったなという結果を

楽しみよりも、まず先に考えてしまって挑戦・行動することすら

少なくなって来ているような気がします。

これは普通の大人であれば、当てはまることだと思います。

仕事があるから、家族・大切な人がいるからなど、

その理由の為に犠牲にしていることはあるのではないでしょうか。

後悔・失敗を経験することを恐れるようになってきている

のではないでしょうか。

もちろん安定した生活を送りたいという方にとっては、

リスクなど犯したくないとおもいます。

ただ、自分は挑戦・リスクのない人生は後退あるのみだと思います。

そうならない為にも、まずは行動・挑戦すること。

子供の頃のように、自分の心に正直になりたいなと思います。

では! Stay Curious!

 

 

 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。