人生で初めての鳥の全部位炒め

どうも、ひでです。

現在地はカトマンズ。

ネパール大地震の被災地への

ボランティアから帰ってきました。


ボランティアはカトマンズよりも被害の大きい

シンドパルチョーク州の村に行ってきたわけですが、

ボランティアにも関わらず、

申し訳ないくらいのゲスト扱いを受けてしまいました。

初日のディナーに羊を食べた次の日には

まさかの2日連続で動物。

しかもチキンをまるまる食べるっていう。

このかた25年間生きてきましたが、

初めて鶏をさばいて、食べるという一連の流れを経験しました。

沸騰させたお湯に生きた鶏をつっこんで

そこから毛をむしり取ります。

その後は少しだけ焚き火で火にかけて

そこからはナタでぶつ切りに。

その結果こんな感じに。

ちょっと暗くて見にくいけど。

image

手足はもちろん、内臓、金玉、そしてトサカまで

全部食べるそう。

被災地でこんなご馳走が食べれるとは思いませんでした。

これを炒めてスープの具に。

ネパールでの生活でのおかげで手で食べるのも慣れてきました。

むしろ箸よりも楽かもしれない。

かなり美味しくいただきました。

image

この後、下痢と体調不良に襲われることは露知らず。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。