5月12日のネパール地震がもたらしたもの

LINEで送る
Pocket

どうも、ひでです。

現在はカトマンズに滞在してます。

昨日ネパールをまた大地震が襲いました。

自分はその時カトマンズ市内のカフェで

ゆっくりしてたんですが、正直かなり怖かったです。

2階のテラス席に座ってましたが、建物がグワングワン揺れ

地震がおさまった後も建物の揺れが止まらずさらに恐怖を

増長させました。

4月25日の大地震は経験してないので比較はできませんが、

それでも自分が経験した地震の中で一番の揺れでした。

その後も余震は全く止まる気配を見せず、

その日だけで何十回も揺れを感じる余震がありました。

カトマンズ市内での被害は前回の地震と比べるとそれほどだとは

思いますが、それでもいくつもの建物が倒壊したみたいです。

地震直後の市内。

建物からでて、外に座り込む人々。

image

カトマンズの避難場所であるラトナパークで様子。

ここでは日本の自衛隊も活動してました。 image

炊き出しとかも行われてたり。
image

カトマンズよりも深刻なのが、

震源地に近いシンドパルチョークでの被害。

前回の地震で一番被害が大きかったのがシンドパルチョーク。

カトマンズよりも震源から遠かったのにその有様。

今回の地震の震源地は前回とは違い、シンドパルチョークまで

すぐ近くの位置。

どうやら土砂崩れが多発してて、

何人もの人が生き埋めになってるみたいです。

前回の地震で脆弱になった地盤が今回の地震で決壊した

といった感じでしょうか。

つい一昨日までシンドパルチョークに行っていたので、

村の人たちの安否が心配でなりません。

今回の地震が発生してすぐにカトマンズ市内のお店は全て

シャッターを閉めてしまいました。

地震が発生して10分もしないうちに街はシャッター街に。

前回の地震から2週間ちょっとがたってやっとカトマンズ市内も

普段に近い様子を取り戻してた矢先でのこの地震。

物理的ダメージもそうですが、

心理的ダメージは計り知れません。

せっかくこれから復興していくぞと思ってた気持ちが

ネパール人の中で消えてしまった事と思います。

それでも彼らはやらなければなりません。

あまり頼りのないネパール政府に

期待してても何も始まりません。

どうか、ネパール国民が強い気持ちを持って

くれたらと思う限りです。

そのために自分が出来ることがあれば

この滞在中していこうと思います。

かなりちっぽけなもんかもしれませんが。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。