シュリナガル、カシミールは思ってたほど危なくないっていう話

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド

どうも、ひでです。

この記事はラダック地方のカルギル

というところで書いています。


なんとかダラムサラからジャンムー、シュリナガルときて

シュリナガルとレーの中間地点である

カルギルという場所まで来ることができました。

当初はマナリからレーへ行こうと考えていましたが、

マナリロードが雪で開通してないため、

ダラムサラからシュリナガル経由でレーを目指すことにしました。

ただ、唯一の懸念事項としてあったのが

シュリナガル、カシミール地方の治安。

外務省の安全情報を見てみると、渡航は控えてくださいと

シュリナガルあたりは赤く染まっています。

image image

今年はテロとかは収まってるみたいですが、

少し前はちょくちょく起こっていたみたいで、

少し心配してました。

ただ、ダラムサラでいろんな現地の旅行会社の人に聞いてみても

全然余裕だよみたいな言い方をするので大丈夫なのかなとも

思っていました。

実際、ダラムサラからカルギルにまで来てみて治安に関しては

心配することはないように思いました。

ところどころ尋常じゃない数のインド兵が駐在してる場所が

いくつかあったり、

バスで何台もの軍車両にすれ違ったりしましたが。

正直あれだけの規模は今まで見たことありませんでしたね。


テロに遭うかどうかは正直運の部分があると思いますが、

テロよりもカシミール地方の独立問題の方が気がかりです。

シュリナガルやカルギルに来てみて思ったのが、

今まで見たインド人とは全然民族が違うということ。

カルギルはパキスタンまで数キロという位置にあることもあり、

独立の気運が高まっていたりするみたいです。

実はカルギルに来るまでに見た軍はテロ対策のためではなく、

独立を牽制するためにいるとの話もあるとかないとか。


個人的に治安は問題ないと思いますが、

それよりも問題なのが、

シュリナガルからカルギルに来るまでの道のり。

当初はバスで6、7時間で着くとか言われてましたが、

着いてみれば結局12時間かかりました。

ジャンムー&カシミール自体標高が高い場所なので、

道も山あいに沿った形でつくられており、道幅がかなり狭いです。

こんな富山の立山みたいな道も通ります。

image

そこをバスやらトラックやらジープやらが走っていて

しかも道幅が狭いにもかかわらずアホなドライバーが

追い越しばかりするので、そのせいですぐ渋滞が起きて

何時間も足止めをくらいます。

ほんとそこらへんの運転マナーはどうにかしてもらいたいもんです。

単純にシュリナガルからレーまでの移動は

かなりハードなように思います。

マナリからレーへの道がどうなのか分かりませんが、

治安とかも考えたらマナリから行くのが無難でしょうね。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。