静寂の村ストックとそこに住む日本人

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド

どうも、ひでです。

この記事はインドのラダックにある

ストックという村にて書いています。

パンゴンツォからストックへと来たわけですが、

パンゴンツォもストックも星が綺麗すぎます。

あり得ないほどの星の数と広範囲に星が広がってて圧巻です。

これを綺麗に写真に出来るテクニックとカメラがあればなと

つくづく思います。

パンゴンツォで三脚もってクソ寒い中1時間くらい

頑張って星空撮ろうとしてましたが、

全然良いのが取れませんでした。

いや〜悔しいです。


パンゴンツォへのツアーの帰り、

そのままレーに戻るのもあれだなと思い

レーから車で30分ほどの場所にある

ストックという村へ行くことに決めました。

ラダック好きの友達からStokとかSheyは

レーと違って静かな村で良いよと聞いていたので、

レーの雰囲気がそこまで好きでない自分は

なんとなくでストック行きを決めました。

結果大当たりでした。

ほんとに静かな村です。

静寂という言葉がぴったりです。

村の人口は1000人ぐらいだとか。

緑が多くて、遠くにはレーの街並みと

雪の積もった山脈を見ることが出来るという

なかなか贅沢な場所。

IMG_5095

IMG_5094

このストックという村、

すぐ南側にはそこまで難易度が高くないらしい

6000メートル級の山があるため、

夏には多くの登山客が訪れるみたいです。

ただ今は6月中旬のシーズン前。観光客ゼロです。

ほんとこの時期にここに来れて良かったです。

若干観光客アレルギーが出始めてきてまして(笑)

でもって村人もほとんど歩いていません。

数少ない村人に会うと大きな声でジュレーと挨拶してくれます。

ジュレーとはラダックの言葉で、

おはよう・こんにちは・こんばんは・ありがとう・さようなら・お願い、

という意味の万能すぎる単語です。

チベットでいうタシデレみたいなもんでしょうか。

正直これさえ覚えとけばなんとでもなりそうな気がしなくもない。

現実はそんなことないけども。

IMG_5093

宿にチェックインした後は恒例の散歩タイム。

やっぱ景色が良いとこ、自然が多いとこは歩き甲斐があるなと。

ストックとレーを見渡せる丘に登ってみたり。

IMG_5112

IMG_5099

ほんとラダックはどこ行っても写真の撮り甲斐があります。


そのあとはたまたま会った村人にストックには日本人の奥さんと

地元人の夫が経営するゲストハウスがあると聞いて、

ぜひ話を伺おうとそこに行ってみました。

レーならまだしも完全にローカルな村であるストックに

移住するとは、その決断がすごいなと。

実際あって話を聞いてみると、すごい柔和な方で

それでもって旅行会社も経営してるのでいろんなラダックの

情報を教えてもらいました。

インターネットとかにも載ってるみたいで、

探してみたらなかなか良い記事が書いてありました。

【地球人間模様】@インド「にゃむしゃんの館」47NEWS

そのゲストハウスの値段は1400ルピーと

貧乏バックパッカーにとっては

かなり厳しい値段なので泊まってないですが、

6才のシャイな女の子と2才の活発な男の子が居て、

さらには赤ちゃん猫と犬もいるので、

束の間の滞在でしたがすごい癒されました。

もう少し色々話を聞いていたかったですが、

夕食の時間も迫ってたので失礼しました。

こういう僻地に住んでる人ってのはなんだかすごい親近感が湧く

というか、すごい会いたくなってしまいます。

移住するに至った経緯だったり、文化的な違いなど

色々聞くことは尽きないだろうと思います。

なんだかんだ世界のどこにでもいる日本人。

改めてすごいなと思ったストックでの1日でした。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。