7キロの断捨離に成功したよっていう話とデリーから日本への発送方法について

どうも、ひでです。

この記事はデリーからジャイサルメール行きの電車の中で書いてます。


デリーには2日間滞在したわけですが、デリーへ来た理由の一つに

日本へ荷物を送るというのがありました。

というのも、これまで4ヶ月世界一周の旅をしてきたのですが

もう出発当初から感じてたのが、バックパックが重すぎるということ。

メインのバックパックは重さが18キロぐらいあって、

サブの方も5キロくらいはあったと思います。

それらを背負って歩くのは肩がつらくてつらくてもう嫌になってました。

ということでデリーで不要なものを日本へ送ってしまおうと考えたわけです。

その結果7キロの減量に成功しました。

日本へ送ったのは以下の通り。

パソコン&周辺機器:4kg
三脚:1kg
衣服、お土産:2kg

パソコンに関しては前々からどうにかしたいと考えていて、

世界一周に出て3ヶ月。持ってきて後悔した持ち物たち

今回思い切って日本に送ることにしました。

今までパソコンは一眼レフで撮った写真の

アップロードとかに使ってましたが、

MicroSDカードと新しいスマホを買うことで

スマホから一眼の写真をアップロードできるようにしました。

これでおそらくパソコンの問題は解決するでしょう。

あと三脚は一眼レフ初心者にも関わらず世界一周のためにAmazonで

安いのを購入したのですが、安モンを購入したからか一部ネジ部分が

壊れてしまってました。

そもそもこの旅で三脚を利用することがほとんどなかったので

もうこれは送り返そうと思いました。

今後使う見込みがあればまたどこかで軽めの三脚を買おうかなと思います。

服に関しては完全なる自分のミス。

特にTシャツとかは余分に持ちすぎてたので送り返してやりました。


デリーから日本への荷物の送り方

ここから少し話は変わりますが、

今回はデリーのIndian Postを利用して日本へ荷物を送りました。

image

今回はAir便でインドから日本へ送ったのですが、

Air便でも2通りあって、

Indian PostからDHLに委託することで5日程度で着く便と、

通常のAir便で2週間から3週間かかるもの。

値段重視で今回は後者に。

値段は7.64kgで2317ルピー。

1kgあたり300ルピーちょっとですかね。

これを早い便にすると4000ルピーは越えてました。

だいたい倍の値段と考えた方がいいですね。

面倒なのが、インドから海外へ送る際には、

ダンボールを白い布で包む必要があります。

今回行ったコンノートプレイスの郵便局のすぐ外に

梱包屋さんがいたのでその人に頼みました。

基本的にどこの郵便局でもすぐ近くに梱包屋は待機してると思います。

大きさにもよるけどだいたい100ルピーから

200ルピーとかで梱包してくれるかと。

image

あとIndian Postは海外便に保険はありません。

なので高価なものなどは他のDHLなどで送ることをオススメします。

今回パソコンを送ったのですが、

パソコンはディスプレイが割れる恐れがあるので

基本的には発送不可みたいです。

まあ送らないことにはどうしようもないので、

お願いして送ってもらえましたが。

ただし保険なし、ノークレームねとは言われました。

3週間後日本に着いた時どうなってるか見てみましょう。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。