エミレーツ航空とドバイ空港にうっとり

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド

どうも、ひでです。

この記事はドバイの隣シャルージャにて書いてます。


インドのムンバイからエミレーツ航空に乗って

ドバイへやってきました。

ムンバイからUAEへはいくつかのLCCが飛んでいるけれども、

世界有数の航空会社であるエミレーツ航空を

ちょっと体験してみたいなと思って、

何千円の差だけどもエミレーツのチケットを購入した経緯がある。

世界一周中はできるところは節約しようと思ってはいるけど、

たまにはワンランク上の経験をしたいなと思うこともあるわけで。

最近は格安のLCCばかり乗っているので、

LCC慣れしないためにもね。


結論としてやはりエミレーツ航空は素晴らしかった。

快適な機内に、フレンドリーな客室乗務員。

image

乗務員がホント多国籍で、

西洋人から、アジア人、アフリカ系までいて

さすが世界のエミレーツやなと。

わずか3時間のフライトだったけども、

インド料理の食事の提供もあってこれはなかなか美味しかった。

imageimageimage

やはりLCCとは何から何まで違うなと。

ドバイはイランへ行くまでの数日のみの滞在だけで、

すぐにイランへ。

インドからイランへ直接フライトがあるのを最近知って、

しかもドバイ経由よりも全然安いらしく若干ショック。

まあドバイの生活を垣間見れて良かったとも思うけど。


エミレーツ空港でドバイ空港に着いて、

ドバイ空港の素晴らしさに更に感嘆。

image

やっぱドバイは何から何まで凄いなと。

空港に着いてからすぐに何故か花とお菓子のプレゼントが。

image

ちょうどイスラム教のラマダーン明けで祭りやったから、

それ関連のプレゼントかなと思ったけど、

こういうのは素直に嬉しいし、それだけで良い印象になる。

人って単純やね。

空港の入国審査官もアラブの格好してて、

ああ自分は今中東に来たんやと実感させられる。

空港内も広く清潔で、Wi-Fiも簡単に拾えるしホント言うことなし。

ドバイ空港のトイレとかどんだけ豪華なんやろうと

期待してみたけど、

トイレは普通というか案外しょぼくてがっかりしたけども。


イランへはドバイからではなく、隣のシャルージャから行くけども、

イランの次の目的地であるタンザニアへはドバイから飛ぶので

今度は出発ロビーがどんな感じなんか若干楽しみです。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。