タンザニアの携帯送金サービスM-PESAが便利すぎる

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ

どうも、ひでです。

この記事はタンザニアのムベヤ近くの村にて書いています。

どローカルな村で1週間ほどホームステイしながら

NGOのお手伝いをしてます。


突然ですがM-PESAってサービス知ってますか?

まあアフリカの一部の国に住んでいなければ

全く縁の無いサービスだと思いますが、

タンザニアの人々にとっては生活する上て欠かせないものです。

M-PESAはもともとケニアで開発されたサービスで、

携帯のSMSを利用した携帯送金サービスです。

簡単に言えば、本来銀行で行うことが

携帯上で出来てしまうという画期的なもの。

ケニアから始まり、タンザニア、アフリカ諸国、

フィジーやインド、ルーマニアなどへも進出しています。

タンザニアでは携帯会社のVodacomがM-PESAを提供しています。

街の至るところにある M-PESAの看板のついた代理店へ行けば

遠い誰かへお金を払ったり受け取ったりすることができます。

代理店まで行けば自分の携帯がATMになるんです。

自分もたまたま使う機会があって一度だけ利用しましたが

その楽チンさにはびっくりしました。

M-PESAではお金の入金、出金から

携帯料金や公共料金の支払いなどができます。

Screenshot_2015-08-22-15-05-48


中国にもこれよりさらに進化したサービスwechatがあったりしますが、

若干中国は個人情報が心配ではあります。

まあアフリカもどっこいどっこいかもしれないけども。

このwechat、はじめはLINEみたく単なるチャットアプリでしたが、

今では携帯送金のみならず、タクシーの予約やショッピング、

映画館の予約など生活上の色々なとこまで攻めている

一大プラットホームです。

LINEもwechatの後を追って似たような事してますね。


こういった携帯送金サービスって日本にはないのでかなり新鮮でした。

まあ日本だとどこでもATMはあるし、

コンビニで各種支払いも出来てしまうので

ほとんど必要性は感じないですよね。

アフリカの人は銀行口座を持っていない人がかなりいるので

こういったサービスが生まれたんだなと思いますね。

もちろんアフリカは何かと不便なことは多いですが、

便利なとこもあるんやなと感じましたね。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。