マラウイのチズムル島へ行ってきます。チズムル島へのフェリー情報あり

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ

どうも、ひでです。

この記事はマラウイのンカタベイにて書いています、

アフリカ4カ国目はマラウイ。

アフリカのハートとも呼ばれるマラウイ、

タンザニア、ルワンダ、ブルンジと思ってた以上に人が良くどこも

好印象なんで、マラウイにはことさら期待してしまいます。


まずはマラウイへ向かうためにタンザニアから陸路でに国境越え。

タンザニアのムベヤから乗り合いタクシーに乗って

まずはムベヤ近郊のウヨレ(Uyole)という場所へ。

ムベヤのバスターミナルからマラウイ国境までのバスは出てますが、

安くても10000シリングとかだったので、節約のために

乗り継ぎで行きます。

ウヨレからは降りたバス停から国境のカスムルまで

ミニバスが出てるのでそれに乗って2時間ほどで国境に着けます。

乗り合いタクシーが500シリングで、ミニバスが5000シリング。

ムベヤから直接行くよりも、

わずかな金額ではありますが、300円ほどの節約になります。

タンザニアの出国も、マラウイの入国もあっさり。

やはりビザが要らないのはでかい。

今までのアフリカ3カ国はどこもビザが必要だったので、

結構時間かかりましたし。

タンザニア側の国境には悪徳両替商が多いという噂を聞いてましたが、

やはりその噂はホントでした。

悪徳とまではいかないけれども明らかにレートが悪かったです。

タンザニア国境付近での両替を考えている方は、

タンザニアのイミグレの敷地内にあるきちんとした両替屋さんを

利用したほうが良いです。

image

わずか5000円ほどの両替でしたが、

悪徳両替商とは500円もの差がありました。

地味にでかい。

マラウイのイミグレを抜けると乗り合いタクシーが待ち構えてるので

黙ってそれに乗ればカロンガかムズズまでは行けます。

自分はとりあえずカロンガまで。

カロンガまで1時間ちょっとで600クワチャでした。


カロンガで1泊して、翌日にはムズズへ。

ムズズにはこれまた乗り合いタクシーで3時間ちょっとで着きました。

料金は3000クワチャ。

マラウイの乗り合いタクシーでストレスを感じるのが、

6時前にピックアップして貰ったのに、そこから出発するかと思いきや

それから1時間ほどカロンガの街中をぶらぶらしながらの

客呼びがあるというとこ。

まあ乗客を多くのせたいのは分かるけど、

するなら1カ所に留まってしたほうがまだ良い気がするんだけど。

当初はムズズで1泊しようかなと思ったけど、

思ったより早く着いたのと、

ムズズの有名宿であるJoy’s Placeへ行ってみたけど

ドミトリーが8ドルとマラウイの宿の値段からしたら

なかなかの高さやったのでムズズでの滞在はやめて、

ンカタベイへ行くことにしました。

マラウイで唯一したかったことが、チズムル島へ行くこと。

チズムル島へのフェリーの出発地がンカタベイなのです。

チズムル島は自分の好きな旅ブログである旅する鈴木さんの

チズムル島の記事を見て、あっ自分も行こうと思いました。

旅する鈴木さんありがとうございます。


ただチズムル島へのフェリーは週に1回しかでないとか。

色んなブログにもフェリーについて書いてありましたが、

どれも情報が少し古かったりで、あまり役に立たない。

最悪ンカタベイで1週間待つことも考えて向かいましたが、

その心配は杞憂でした。

着いた当日月曜日の夜にフェリーが出るみたい。

タンザニアからカロンガ、ムズズ、ンカタベイと移動続きで

そこからさらにフェリーで6時間ほどの移動になるので、

ンカタベイに少し滞在してからチズムル島へ行くことも考えたけど

次の船は木曜日で、3日まつのはあれやなと思い行くことに決めました。

ということで1週間ほどチズムル島で

のどかな生活を送ってこようと思います。



ここからはチズムル島へのフェリー情報。

チズムル島フェリー乗り場で貴重なフェリーの時刻表や値段表を

入手したので、今後のためにのっけときます。

image

今後半年くらいはこのスケジュールでいくんじゃないかな。

アフリカやからどうなるかは知らんけども。

2015年9月現在で、フェリーは月曜日と土曜日が出港日。

月曜日は20時発(表には21:30と書かれてますが)、

土曜日は17:30発。

席のクラスは3つあって

エコノミー:3000クワチャ
セカンドクラス:3350クワチャ
ファーストクラス:5060クワチャ

といった値段設定。

image

image

image

自分はセカンドクラスを購入。

フェリーはILALAという会社が運行してるので

イララと呼ばれてるみたい。

チズムル島へはフェリー以外にも小型船が出てるみたいです。

残念ながらその時刻表はありませんが、木曜日の夜発らしいです。

こちらはチャンボと呼ばれてました。

チャンボは席関係なく3700クワチャだったかな。

チャンボはイララよりも早く4時間ほどで着くって言ってました。

ということでチズムル島へは週3便船が出てるみたいです。

1週間に1便でなくて良かったです。

それでは行ってきます。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。