マラウイのリロングウェからザンビアのチパタ、ルサカへの移動方法

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア

どうも、ひでです。

この記事はザンビアのチパタにて書いてます。

世界一周アフリカ5カ国目はザンビア。

マラウイの首都リロングウェから乗り換えを重ねて、

ザンビアのチパタへとやってきました。

チパタで1泊した後は首都ルサカへ。

リロングウェからルサカまで直通のバスがあるのですが、

若干高いのと、ルサカ到着が夜8時頃になるとのことで、

せっかくなら経由地チパタでも泊まってみようと思い

チパタに寄りました。

まあ結果的にチパタは宿も高いし、やることも皆無なので

完全なる判断ミスではありましたが。

ということで今回はマラウイの首都リロングウェから

ザンビアのチパタ、ルサカまでの移動方法について

書いてこうと思います。

といってもほぼ2通りしかないわけですが。


リロングウェ→チパタ・ルサカへの直通バス

これが若干お金はかかるけどより簡単でメジャーな移動方法。

リロングウェのバスターミナルから

毎週月曜、火曜、水曜、金曜、土曜にKob’s Busという会社が

一社独占で運行してます。

IMG_20150906_153559

リロングウェのバスターミナル東側に予約オフィスがあります。

ルサカまではこの会社のみなので誰かに聞けば

皆が皆ここを教えてくれます。

前日までに予約しておいた方がベター。

ちなみにルサカからリロングウェまでは数社のバス会社があるようです。

値段はルサカまでが18000マラウイクワチャで

チパタまでが6000マラウイクワチャ。

IMG_20150907_122836

出発は朝の5時30分。

ルサカまでだと半日以上かかるとはいえ

4000円弱はなかなかの値段です。

この移動が一番オーソドックス。


リロングウェ→ムチンジ→国境→チパタ→ルサカへの各停移動

これは時間と手間ははかかるけど、若干値段は安く抑えられます。

今回自分はこの方法で行きました。

まずはリロングウェからザンビア国境付近の街ムチンジまで

ミニバスで移動。

ミニバスはバスターミナルの北側入口付近から出てますが(2300クワチャ)

安く済ませたいのであれば違うミニバス乗り場から乗る

という選択肢もあります。

その場合の乗り場はColby RoadとSir Glyn Jones Avenueの交差点です。

image

宿からはこっちの方が近く値段は1800クワチャ。

ミニバスなので満員になり次第の出発となりますが、

いくらでも本数は出てるみたいです。

これに乗ってムチンジを目指します。

ミニバスなので何回も客の乗り降りがあったり、

途中ミニバスの乗り換えがあったりと落ち着かない移動では

ありますが2時間ちょっとでムチンジへは行けます。

IMG_20150908_120017

ムチンジへ着いてミニバス乗り場から100メートルほど歩くと、

乗用車が集まってるエリアがあるので、そこでドライバーと交渉して

ボーダーまで連れてってもらいます。

IMG_20150908_120816

いわゆる白タクシーだと思いますが、

ムチンジから国境まではこの手段しかないです。

最安で500クワチャ。こちらも人数が集まり次第出発。

国境までは10分ほどの距離。

着いたらマラウイの出国とザンビアの入国手続きをします。

この国境間では両替商がいるので、

マラウイクワチャからザンビアクワチャへ両替できますが、

ここでは必要最低限の金額に抑えるべきです。

かなりレートが悪かったです。

3000円弱両替して、公定レートと比べたら500円は損しました。

チパタのタクシー降り場の目の前にも両替商がいるので、

そこで両替した方がまだレートはいいかと思います。

ザンビアの入国手続きを終えてゲートを出ると、そこにも

ムチンジと同じく白タクシーが待ってるのでそれに乗り込みます。

この時は後部座席の半分3/4が荷物に占拠されてて、

後部座席1人の運転席助手席になんと大人4人乗るという

謎のフォーメーションでした。

その時の写真。

IMG_20150908_134201

チパタまでは未舗装の悪路を30分ほどの距離で

15ザンビアクワチャ。

15ザンビアクワチャ≒850マラウイクワチャなので、

リロングウェから乗り換えでいけば、

チパタまで3150マラウイクワチャで行けることになります。

チパタまでの直通バスが6000マラウイクワチャなので

およそ半額の節約。

600円ほどの差で、少しばかり手間もかかりますが

これはこれでありです。

次にチパタからルサカまでの移動方法。

この区間は大型バスのみ。

チパタのバスターミナルからバスが数社出てます。

IMG_20150909_063739

バス会社を選ばなければ、

朝の4時から10時まで1時間毎にバスが出てます。

最安はJohabie Expressという会社で150ザンビアクワチャ。

この時は7時発でした。

チパタからルサカまでは工事区間が多かったり、

途中2時間超のタイヤトラブルもあったりと

結局13時間ほどかかりました。

150ザンビアクワチャ≒8500マラウイクワチャなので

リロングウェ→チパタ→ルサカへは乗り継ぎでいけば

11650マラウイクワチャで行けることになります。

リロングウェからルサカまでの直通バスが

18000マラウイクワチャなので

およそ1400円ほど安く行けることが判明。

まあチパタで1泊でも宿泊してしまえばそのくらいの金額するので

あんまり意味ないですが、

アフリカでは直通バスよりも乗り換えで行った方が

安いケースが結構あります。


まとめ

リロングウェ→ルサカ直通バス:18000マラウイクワチャ
リロングウェ→チパタ直通バス:6000マラウイクワチャ

リロングウェ→ルサカ乗り継ぎ移動:11650マラウイクワチャ
リロングウェ→チパタ乗り継ぎ移動:3150マラウイクワチャ

という金額になります。

交通費は年々高騰するのがアフリカなので、今後のことは

不透明ですが、現段階では乗り継ぎの方が安いです。

まあ手間考えたらなんとも言えない部分ではありますがね。

少しでも参考になればなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。