ザンビアのルサカからChirundu経由でのジンバブエ入国とハラレまでの行き方

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ

どうも、ひでです。

この記事はザンビアのチルンドゥから

ジンバブエのハラレへの移動中に書いています。

ザンビアとジンバブエ国境付近の僻地でのホームステイを終え、

向かうはジンバブエ・ハラレ。

アフリカ6ヶ国目はジンバブエです。

ザンビアとジンバブエ間には一大観光スポットである

ビクトリアの滝がありますよね。

そのビクトリアの滝のある街リビングストンから

ジンバブエへと抜ける人が多く、

そこに関する情報はよく目にしますが、

Chirundu経由でジンバブエへ入国する情報は少なかったので、

今回はザンビアのルサカからチルンドゥ経由で

ジンバブエのハラレまで行く方法について書いていこうと思います。

ちなみにチルンドゥの場所はここです。

image


①ルサカ〜ハラレへの直通バス

これが一番簡単で、かつ値段もそこまで高くない手段です。

ルサカからハラレ間に特に用が無ければこの方法が一番です。

image

ルサカのバスターミナルIntercityには

ハラレ行きのバス会社が幾つもあります。

値段は170~190クワチャほどで、

出発時間はどのバス会社も、

一日二便午前10時前後と14時前後でした。

出発時間は会社によって異なるので

前日に確認しておいたほうがベターかなと。

ルサカからハラレまでは結構距離があって、

最低でも6-7時間はかかるので午前便でも夜に着くことになります。

ハラレの治安がどうかは分かりませんが、

夜到着時は注意が必要です。

②ルサカ〜チルンドゥ〜ハラレ

今回自分はチルンドゥ付近でホームステイをする予定だったので、

この乗り継ぎで行く方法を採りました。

乗り継いだからといって値段もさほど安くならないので

おすすめはしません。

ルサカからチルンドゥまでは乗り合いのミニバスで向かいます。

ミニバス乗り場はルサカのCity Market。

image

Intercityのバスターミナルから大型バスが出てるけど、

ミニバスの方が安いですので、少し遠くても歩きます。

ここにはミニバスが幾つもあるので誰かに

チルンドゥ行きの場所を聞いた方が早いです。

IMG_20150912_113951

チルンドゥまでは荷物無しの場合52クワチャ、

大きめの荷物があると62クワチャでした。

荷物代は荷台ではなく、自分の席もしくは膝上における範囲であれば

かからないと思います。

出発は人が集まり次第で、この時は一時間ほど待って出発でした。

だいたい一時間毎に出てる感じでした。

ルサカからチルンドゥまでは2時間ほどで着きます。

チルンドゥのバス停
チルンドゥのバス停

そこから徒歩で30分ほどかけて国境へ向かいます。

ザンビアとジンバブエ間の橋は日本のODAにより建てられたもので、

色んな場所に日本の国旗があって少し良い気分ではありました。

IMG_20150922_080208IMG_20150922_080214IMG_20150922_080040IMG_20150922_080759

ザンビアとジンバブエの国境は両国のイミグレーションが

一つの建物に入ったOne Stop制度で、

手続きがスムーズで非常に楽でした。

IMG_20150922_084734

世界一周しててこれは初体験でしたが、

是非とも他の国でも普及して欲しいものです。

ちなみにチルンドゥ国境で取得出来るビザはシングルとダブルで、

それぞれ30ドルと50ドルで、ユニビザは取れないようです。

ユニビザ に関してはリンクを参照下さい。

国境を抜けるとハラレ行きのバスとかあるのかなと思いきや

そんなもん全く見当たらない。

イミグレのスタッフはミニバスがあるよと言ってたのに。

ハラレへ行く唯一の手段がトラックヒッチハイク。

ヒッチハイクといってもハラレまではかなり距離あるので、

10ドルかかります。

トライして1台目ですんなり成功。

正午過ぎにはハラレ行きのバスが通るみたいですが、

定員的に乗れるか不明なので、トラックで行くのもありです。

今回乗せてくれたのはモザンビーク人の方。

ザンビアからジンバブエへ行って、モザンビークへ帰るそう。

人生で初めて大型トラックに乗ったのですが、

想像以上に快適でびっくりしました。

運転席のすぐ後ろにベッドがあって、

空間自体広々としてていい感じです。

IMG_20150922_102723IMG_20150922_090344

ただトラック結構揺れるので車酔いには注意です。

あとこのトラックヒッチ女性一人での利用はオススメしません。

ベッドのある空間に男と2人きりというのは

襲って下さいと言ってるようなもの。

あながち間違ってないはずです。


ということで、ルサカ〜チルンドゥ〜ハラレへの乗り継ぎでの場合は

10ドルを100クワチャ換算して合計162クワチャ。

直通バスで行った場合と100~200円ほどしか変わらないので、

手間を考えたら断然直通バスがおすすめです。

まあトラックでハラレへ向かうのも

なかなか面白い経験ではありましたが。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。