ジンバブエのブラワヨで天才学生に出会う

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア

どうも、ひでです。

この記事はジンバブエのブラワヨにて書いています。


マシンゴからミニバスで5時間ほどかけて

ジンバブエ第二の都市ブラワヨへやって来ました。

ブラワヨに着いてみた印象としては、

うーんちょっと人が多くてごみごみしてるかなと。

当初はブラワヨに1日か2日ほど泊まろうかなと思ってましたが

なんとなくの直感の判断で次の街ビクトリアフォールズへ

向かうことに決めました。

ビクトリアフォールズへはブラワヨから19:30発で鉄道が出てるので

その日にそれで向かうことにします。

ブラワヨに着いたのが15時頃でまだちょいとばかり時間があるので

駅へ行くまで少し待ち歩きでもしてみます。

重い荷物を背負いながらね。

ついこの前テントを購入したからまた一段と重くなってまいました。

さすがブラワヨ、ジンバブエ第二の都市だけあって

結構発展してるし、街並みもなかなか綺麗です。

IMG_20150926_150031IMG_20150926_150026

そしてブラワヨと言えば、火力発電所。

この火力発電所がなかなか良い雰囲気を醸し出してるんです。

IMG_20150926_153154IMG_20150926_161726

夕焼けとこの火力発電所とかなかなか絵になるだろうなと

思ったり思わなかったり。

IMG_20150926_181553

ブラワヨ駅の近くには鉄道博物館があるみたいで行ってみることに。

ここはハラレの宿で出会ったスイス人のおじいちゃんに

教えてもらいました。

確かにあのおじいちゃん鉄道とか好きそうやったもんな〜

で行ってみたんですが、残念ながら閉館時間過ぎてて

中には入れませんでした。

なので外から眺めるだけで終わりました。

まあフェンス越しに古い列車をみれたので良しとします。

IMG_20150926_163203IMG_20150926_163228

ぱっと見いい感じだったので、特に鉄道好きではない自分ですが

案外中に入っても楽しめたんじゃないかなと思いましたね。


街散策と鉄道博物館へ行き終えたところで、

駅で夜の列車のチケットを購入しに行きます。

その駅でクレイジーな天才との出会いが待ってました。

駅でチケットの順番待ちをしていると

何やらチャリダーっぽい感じのジンバブエ青年を発見。

一言二言向こうから声をかけてきたので少し喋っていて

ふと彼の自転車を見てみるとなんか普通の自転車と違う。

最初は電動自転車か何かかなと思ったけど、

サドル付近にガソリンタンクが着いていてなんとなく悟りました。

これはエンジン付き自転車だと。

IMG_20150926_155411

今まで25年間生きてきましたが、こんな自転車見たことありません。

この自転車いやモーターバイクは彼が自作したっていう。

自転車が180ドルで、部品・改造費で250ドル

トータル5万ちょっとで自作モーターバイクの完成です。

聞いてみると彼はエンジニアを学ぶ学生とのことで、

この改造にも納得がいきました。

彼にどうやって動くのか見たいとリクエストしたら

快く走って見せてくれました。

IMG_20150926_154739

その時の動画がこれ。必見です。

最初だけ自力で少し漕いで、その運動エネルギーを利用してか

エンジンが作動して、そこからは漕がずとも

エンジンで走ることが出来るという仕組み。

いや〜シンプルだけど素晴らしいなと。

そしてかなりシュールでもありましたね。

音は完全にバイクなのに、見た目は普通のチャリですからね。

彼が走ってる最中隣の知らない人とすげ〜なと笑いあってました。

なんとこのバイク、ガソリン1リットルで100kmも走るという

驚異の燃費性能。

最高速度は60km/hまで出るみたいですが、

そこまで出すのはどうやら違法らしく30km/h以下で走ってるそうです。

おそらくこのバイクを作ること自体は

機械を学ぶ大学生か車好きの人であれば

そこまで難しいことではないですが、

何よりこの発想を思いついて、そして実行までしてしまう

その発想力、行動力そして勇気が凄いなと。

天才であり変態でもあるなと。

このバイクで街中を走るのは結構勇気がいると思います。

注目を集めるのには十分すぎますけど。

なんだか彼は将来大物になるような気がしてなりません。

Facebookでも交換しとけば良かった。

まさかジンバブエでこんなおもろい地元民と

出逢えるとは思ってもみませんでした。

ブラワヨ自体はそこまでだったけども、

彼と出会えて良かったです。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。