ヒッチハイクでナミビア〜南アフリカ国境越え

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト

どうも、ひでです。

この記事は南アフリカのアピントンという街にて書いてます。


15日ほどいたナミビアの旅もついに終わり。

当初はこんなに長く滞在するつもりはなかったけれども、

思いのほかナミビアが観光資源の宝庫で、

ナミブ砂漠やら、フィッシュリバーキャニオン、ヒンバ族とかもいて

めちゃくちゃ楽しめた気がします。

ナミビアでの最後の観光地であるフィッシュリバーキャニオンから

プチトラブルに巻き込まれながらも、

ナミビアのタクシーで恐喝未遂にあったっていう話

ケートマンスフープへ戻り

そこで1泊したあと南アフリカのアピントンという街を目指します。

今回の国境越えはヒッチハイクで。

ナミビアでヒッチハイクに目覚めて、

そこまで遠くない南アフリカのアピントンまでなら

いけるかなと思ったからにはトライするしかありません。

ケートマンスフープの地元の人にアピントンまでの

ヒッチハイクについて聞いてみても、

長距離トラックが走ってるから余裕だよという答えしか

返ってこなかったので行ける気しかしてませんでした。

距離的に見てみる400kmちょっとくらいやったので

まあいけるやろうと楽観視してました。

image

そのせいか余裕こいてヒッチハイクし始めたのが若干遅めの朝10時前。

ケートマンスフープから南アフリカ方面へは

それなりの数の車が出てることは

以前フィッシュリバーキャニオンへ行ったときに分かっていました。

まあその読みは見事的中し開始10分ほどで

大型トラックが捕まりました。

厳密に言うとトラックと一般車2台とも止まるという珍事。

トラックが止まったのを見て一般車はすぐに走り去っていきましたが。

ドライバーと交渉してみるとどうやらケープタウンへ向かうみたいで、

ケープタウンには自分は用はないので、

途中のグリュナウという場所で下ろして貰います。

乗ってからタダですよねと聞いたら、いやいくらでもいいけど

お金は払ってと言われたので、

2時間弱の道のりを40ナミビアドル払うことにしました。

1人目のドライバーは南アフリカのケープタウン出身のピーター。

グリュナウで下ろしてもらい、次こそはアピントンまで目指します。

ただグリュナウがなかなかの曲者というか単なる田舎で

ケープタウン方面へ行く車はあっても、

アピントン方面へ行く車が極端に少ない。

ここで2時間くらい待ったかな。

やっとの思いで捕まったトラックも

アピントンまで150ナミビアドルという

まあ高くはない妥当な値段やったけども、

そこまでお金は払いたくなかったのでリリースしました。

そのあとすぐにアピントンではなく50kmほど先の

カラスバーグへ行くミニバンが泊まってくれたのでそれに乗っかります。

その車には他にも人が乗っていて、ちょっと疲れてたのでひと眠り。

起きたらカラスバーグ着いてました。

こちらはタダ乗りでした。

カラスバーグのスーパーで最近お気に入りのナミビア産の

飲むヨーグルトで腹ごしらえ。

IMG_20151014_093506

これがかなりうまくてナミビアの終盤に結構飲んでました。

120円ほどで500mlとコスパは良いし、

何よりノーマル、スウィート、バナナ、ストロベリー、マンゴー、

パイナップル、グァバと豊富な品揃えがたまらない。

ちなみにマンゴーが一押し。

南アフリカに入ったら見なくなったのが残念でならない。

ちょっと休憩してカラスバーグでヒッチハイク再開。

カラスバーグはグリュナウよりは大きい街だけど

それでもかなり交通量が少ない。

カラスバーグに着いた時が14時過ぎやったので

あまりに捕まらないようやったら

カラスバーグで1泊することも考えましたが、

タイミングよくアピントン行きの大型トラックをゲット。

今回のドライバーは凶悪都市ヨハネスブルク出身のジョンさん。

まあかなり良い人でしたけどね。

ヨハネスブルクの治安について聞いてみると、

全然大丈夫だよと全く説得力のないことは言ってましたが。

カラスバーグからアピントンまでは国境を挟みつつの

250kmほどの道のり。

ナミビアから南アフリカの道は全く代わり映えのしない

一本道がただひたすら続くだけなので、

ドライバーは地味に大変やなと思いましたね。

ナミビア出国、南アフリカ入国はすんなり。

南アフリカの警察が当たり前のようにドライバーに賄賂要求して

小銭を取っていったのはすごい引いたけども。

南アフリカをぬけてもアピントンまでは

村一つないような場所をただ走ります。

結局アピントンに着いたのは夜に7時。

アピントンもあまり治安が良くないらしく夜は出歩くなと宿の人に

注意されたのでその日は早めに就寝。

今回のヒッチハイクのルートはこんな感じ。

image


ナミビアで少しばかりヒッチハイクを経験してみましたが、

アフリカではヒッチハイクという概念があまりないのか、

乗っけてくれてもお金を要求してくることが多いです。

これ無料だよねと聞くと、いやお金払ってと言われることが多いので

乗る時お金に関してはノータッチで

降りるときもお金のことには触れず、

さっさと降りるようにするようにしました。

たまに完全にふっかけてくるようなドライバーもいたりしましたし。

あとヒッチハイクしたドライバーに言われたことなのですが、

アフリカではプライベートカーよりも

トラックをヒッチハイクするべきだと。

確かにトラックのドライバーの方が職業がはっきりとわかる分、

個人車のドライバーよりも信頼は出来るかなと確かに思いました。

ナミビアは比較的治安が良いからヒッチハイクにはトライしたけども、

治安のよろしくない南アフリカでは何が起こるかわからないから

ヒッチハイクは控えようと思います。

ヒッチハイクだと街への到着時間が読めなくて、

知らない街に夜到着とか避けたいですしね。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。