ナミビア移動のまとめ

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト

どうも、ひでです。

この記事は南アフリカのアピントンにて書いてます。

15日ほどいたナミビアの旅もついに終わり。

ナミビアは旅行者の中では一般的にレンタカーを借りて周遊するのが

メジャーな移動方法として認識されていますが、

今回の旅を通して思ってた以上にナミビアの交通網が

発達してることに気付きました。

誰やナミビアは移動手段が全くないって言ってたのは。

もちろんナミブ砂漠のソススフレイや

フィッシュリバーキャニオンとかは

レンタカーがないと行くのは難しいけれども、

都市間の移動であれば何かしらの公共交通機関はあるもんです。

今回のナミビアの旅ではレンタカーは高かったり、保険が面倒だったり

そして何より国際免許持ってなかったので

公共交通機関かたまにヒッチハイクで移動したりしてました。

ということで今回はナミビアの移動まとめを書いていこうと思います。

ちなみにナミビアは以下のルートでまわってきました。

image

各都市間の移動について書いてきます。


カティマ〜ルンドゥ

移動手段:シェアタクシー
出発時刻:午前中
乗車場所:エンジンバスターミナル
降車場所:エンジンバスターミナル
費用:200ナミビアドル
所要時間:約6時間

カティマからルンドゥに関しては、

乗車場所も降車場所もともにエンジンバスターミナルで

エンジンとはナミビアのガソリンスタンド会社のことで

他の都市でもこのガソリンスタンドが

バス乗り場になることが多かったです。

ミニバスではなくトヨタのバンのシャアタクシー。

ルンドゥまでは結構時間がかかるので

午前中の早いうちにバス乗り場へ行った方が良いかなと。

ルンドゥ〜オシャカティ

移動手段:ミニバス
出発時刻:午前中
乗車場所:エンジンバスターミナル
降車場所:宿の手前まで
費用:220ナミビアドル
所要時間:約7時間

ルンドゥのミニバス乗り場はここも

エンジンガソリンスタンドの目の前で

ミニバスがたくさん停まっているので比較的分かりやすいかと。

ここからウィントフック行きのミニバスとかもでてる模様。

オシャカティ〜オプウォ

移動手段:シェアタクシー
出発時刻:午前中
乗車場所:エンジンバスターミナル
降車場所:ガソリンスタンド前
費用:150ナミビアドル
所要時間:約3時間

オシャカティからオプウォまでは距離的に近いけれども、

オプウォまで行く乗客があまり多くないので

結構な時間待つ必要がある。


オプウォ〜スワコプムント

移動手段:シェアタクシー
出発時刻:午前8時
乗車場所:ガソリンスタンド前
降車場所:宿の前
費用:300ナミビアドル
所要時間:8時間

この区間に関しては普通は直通のバスやシェアタクシーはなく、

この時はたまたまスワコプムント行きの車を捕まえることができて

乗り換えせずに行くことが出来た。

本来であればオチワロンゴかウィントフックまで行って、

そこでスワコプムント行きのミニバスに乗り換えるのが一般的かなと。

その場合費用は若干高くなるかな。

スワコプムント〜ウィントフック

移動手段:シェアタクシー
出発時刻:午後
乗車場所:Edison Street
降車場所:エンジンガソリンスタンド
費用:140ナミビアドル
所要時間:約3.5時間

スワコプムントからウィントフックまではシェアタクシーが

Edison Streetから出ている。

首都への便なのでひっきりなしに出発している印象。

ただ午後となると便数が減るので、午前中の方がベター。

ウィントフック〜ケートマンスフープ

移動手段:ミニバス
出発時刻:正午
乗車場所:Rhino Private Hospital前
降車場所:宿の前
費用:170ナミビアドル
所要時間:約5時間

この区間はミニバスの他に鉄道も走っている。

ただ鉄道は毎日ではなく、週に数本で時間もかなりかかるけども

金額もミニバスより安く、夜行列車なので

宿代も浮いてお得感はあるかも。

少なくとも金曜と日曜の19:40発に出ていて、

他の曜日に関しては不明。

ウィントフックからケートマンスフープへのミニバスは

ライノホスピタル前のミニバス乗り場から出ていて、

1日に複数便走っている感じ。

自分はちょうど前のミニバスが出発したあとに着いたので、

2時間くらい待つ羽目になった。


とまあナミビアの移動に関しては以上の通りです。

思ってた以上にミニバスやシェアタクシーが多くてそれほど

移動が不便だとは感じませんでした。

ナミビア旅の終盤はヒッチハイクで

フィッシュリバーキャニオンへ行ったり、

南アフリカの国境越えをしたりしたので

ヒッチハイクという選択肢もありかとは思います。

正直レンタカーは事故や破損のリスクが高すぎるので

あまりオススメはしません。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。