アフリカ一の凶悪都市ヨハネスブルクを街歩き。 恐れをなして1時間で退散

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ

どうも、ひでです。

この記事は南アフリカのヨハネスブルクにて書いています。


とうとう来てしまいました。

南アフリカ、いやアフリカ全体でみても

群を抜いて治安の悪いとされるヨハネスブルクに。

当初はヨハネスブルクには1泊すらせずに、

レソトからそのままヨハネスブルク空港へ

向かおうと思っていたけども、

フライトを逃すリスクを考えてヨハネスブルクに1泊だけすることに。

レソトの首都マセルの国境からヨハネスブルク行きの

ミニバスが出てるので朝一でそれに乗車。

ヨハネスブルクに夜着くことだけはなんとしてもなーんとしても

避けたかったから朝早く起きて国境へ行ってさっさとバスへ乗り込む。

220ランド払って、結局出発は2時間くらいは待ったけども。

マセルからヨハネスブルクまでは5時間ほどの道のり。

幸い15時前にはヨハネスブルクのパークステーション付近に到着。

ええパークステーションはヨハネスブルクの中でも

かなり治安の悪い場所。

パークステーションといっても大型バスではなく、

ミニバスに乗ってきたので

ステーション内ではなく、

降りたらすぐそこはローカルのアフリカ人だらけ。

ヨハネスブルクには白人もかなりの割合で住んでるはずやのに、

パークステーション付近は黒人しかいなくて、

しかもめちゃくちゃ混んでる。

バスで一緒だったティンポという女性(冗談ではなくて本名)が

自分のことを心配してくれたのか、

一緒に宿まで行くバスを探してくれるという。

めちゃくちゃ親切。

バックパック抱えたアジア人がこのパークステーション近辺を

1人で歩くのは危険すぎるということの裏返しやと思うけども。

ティンポちゃんが助けてくれたからまだしも、

この状況で1人でバスかタクシーをさがすとかゾッとする。

今まで訪れたアフリカの中でもダントツで雰囲気は悪い気がする。

IMG_20151025_120447IMG_20151025_120446IMG_20151024_145630IMG_20151024_145652 写真からでも治安の悪さが伝わってくるから相当なもん。

まあ無事バスは見つかって宿に着けたから良かったけども。

本当ティンポちゃんさまさまですわ。


翌日、フライトは夜遅くでさすがにそれまで

宿で籠っているのもあれやなと思い、

意を決して外出することに。

候補先としてはアパルトヘイト博物館か、

Wits Art Museumという現代美術館か

Arts on Mainという日曜マーケットか。

アパルトヘイト博物館は入場料が結構して、

手持ちのランドが少なかったので却下、残りの2つへ行くことに。

もちろん携帯と財布の必要最低限の荷物のみ持って。

バスでパークステーションまでに向かう途中に見えたのは

ヨハネスブルクの治安の悪さの象徴であるポンテタワー。

IMG_20151025_121013_1

ポンテタワーはヨハネスブルクでも

特に治安の悪いエリアであるヒルブローにある。

南アフリカ一の高層住宅ビルでありながら、

麻薬から売春婦までなんでもすぐ揃うと言われ、

ギャングの巣窟であるポンテタワー。

さすがに徒歩で近づけるほど肝っ玉すわってないので

遠目からパシャリ。

最初に向かうは現代美術館。

バスを降りて歩いてすぐの場所にあって良かった。

ただね行く前に開館日を確認してきたのになぜか空いてない。

IMG_20151025_110021

わけを警備員に聞いてみると、

どうやらストライキの影響でしばらく営業してないんだと。

さすがヨハネスブルク、期待は裏切らない。

ヨハネスブルクで現代美術とか見ようとした自分が甘かった。

しょうがないからここは諦めて次に向かうは日曜マーケット。

マーケットといっても何があるかはそこまで知らないけども。

とりあえずいまいる場所からどうやって行けばいいか

手当たり次第3人くらいの人に聞いてみると、

お前そのエリアに行くとか正気かと

3人中3人中全員に言われてしまいました。

全員屈強な黒人警備員やったのに、

その人らが言うくらいやからさすがにヤバいなと感じ

一瞬で行くのは却下に。

どうやらそのマーケットがあるエリアは

主にジンバブエからの不法移民が多く滞在していた、

彼らが地元民、観光客問わず悪さを働いてるらしい。

自分はそこに1人で行こうとしてたけど、

地元民でさえ1人で行くとか考えられないみたいで、

行くなら5、6人のグループで行くらしい。

それくらい治安の悪い場所みたい。


そんなに脅されたら行く気もとうに失せてるから、

もう早く帰ることに。

バス停でバスを待ってる時に、

なんかラリった人がショットガン持ってふらついて

たのは何かの気のせいだと思いたい。

昼のヨハネスブルクの中心地をちょっと歩いてみただけだけども

観光客は気軽にふらっと歩けるような場所ではないってことは

ひしひしと感じた。

確かに自分以外の観光客っぽい人とか全くもって見なかったしね。

自分の身に何もなくて良かった。

これから行くヨーロッパではこういう思いを

しなくても済むからひとまず安心。

もちろんスリとかにはより気をつけないといけないけども。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。