マケドニアはなんかイランみたいや

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ

どうも、ひでです。

この記事はマケドニアの首都スコピエにて書いています。


ブルガリアのソフィアからスコピエへヒッチハイクで移動し、

スコピエには2日間の滞在。

スコピエはマケドニアの首都やけども、

ソフィアとかイスタンブールと比べると小規模な感じは否めない。

十分発展はしてるけどね。

とりあえず街歩きでも。

スコピエ城塞。

IMG_20151103_150326

IMG_20151103_151540IMG_20151103_151904

紅葉で黄色染まった木と城塞
紅葉で黄色染まった木と城塞

スコピエにはとにかく銅像が多い。

マケドニアには控えめに飾るという概念がないのか、

一つ一つの銅像が物凄くでかくて存在感がすごい。

IMG_20151102_161628 IMG_20151102_161947

中心地にある広場なんて至るとこに銅像が。

IMG_20151102_162809IMG_20151102_163319

マケドニア出身のアレクサンドロス大王とかのかな。

その後はオールドバザールへ。

イスタンブールではバザールには行かなかったから、

イラン以来の久しぶりのバザール。

なんか雰囲気も若干イランに似てる。

IMG_20151102_164147 IMG_20151102_165909IMG_20151102_170134IMG_20151102_165905

マケドニアはイスラム教徒も結構いるからかな。

ただバザールを歩いてるとチン・チョン・チュンと

馬鹿にしてくる人が結構多い。

まあそういうしょうもないことしてくるのは

決まって若い男のグループやけど。

まさかヨーロッパに来て言われると思ってなかった。

アジア、アフリカを抜けて南米に行くまでのヨーロッパでは

言われることもないやろうと鷹をくくってた自分が甘かった。

まあもう慣れたもんやから相手にしないけども。

そんなマケドニア物価はなかなか安い。特に食費が。

ラフマージュンっていうトルコ風の手巻きピザは

100円くらいで食べられる。

IMG_20151102_171149 IMG_20151102_170940

ピザ屋のおっちゃんのこのポーズは謎やったけども。

写真撮ってといわれてこのポーズしだしたんに

最後恥ずかしかったのか頬赤くなってたからね、

ケバブとかもなかなか安い。

IMG_20151103_143925 ケバブにベイクドビーンズ、ブレッドにサラダと

このセットが300円ちょいだからまあまあのお得感。

そこが唯一の救い。

でなけりゃマケドニアに良い印象を持たなかったかもしれないし。


スコピエ2日目は郊外のマトカという場所へ。

ここは自然溢れる場所で、

世界的に有数の鍾乳洞があることでも有名。

バスから降りてすぐそこには小川が。

IMG_20151103_123619IMG_20151103_114631

マケドニアの学生たち
マケドニアの学生たち

なかなか静かでいい場所。

片道30分くらいかけてマトカを一望できるビューポイントへ。

道中なんか熊が出そうな気しかしなかったので、

かなり警戒しながら早足てで向かう。

ビューポイントからはなかなかの眺め。

IMG_20151103_121945 IMG_20151103_121341IMG_20151103_121010

紅葉も綺麗。

IMG_20151103_124637IMG_20151103_125411

ゴールデンクロスと呼ばれる黄金の十字架も結構な存在感。

IMG_20151103_122114

そこをおりてからはダムと鍾乳洞を見に行くも、

鍾乳洞はボート1台が1人2500円くらいかかるので行かずに退散。

ダムだけ見て帰路へ。

IMG_20151103_124633

IMG_20151103_125408


スコピエの市内はそこまで見どころは多くないけど、

郊外へ出るとまあまか見所は多いのかなと思う。

ヨーロッパ滞在期間が限られてるから、

マケドニアはスコピエのみでセルビアへ向かおうかなと。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。