コソボからセルビアへの入国に関して

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア

どうも、ひでです。

この記事はセルビアのベオグラードにて書いています。

コソボは1990年にセルビアからの独立を宣言し、

現在国連加盟国193カ国中111カ国が承認している

いわゆる未承認国家です。

セルビアはもちろんコソボを国として認めておらず、

今なおセルビア内の自治州という位置づけです。

そのような背景からコソボからセルビアへの入国の際に

入国拒否されるという事案がいくつか発生しているみたいです。

あくまで自分が体験、聞いた事なので

100%間違いないとは言えませんが、

コソボからセルビアへの入国について書いておこうと思います。

コソボからセルビアへ入国する際に問題となるのは

コソボへどの国から入国したのかということ。

コソボからセルビアへは直行便はないので

直接その2国間を移動する方法は陸路のみ。

陸路での入国で考えられるルートとしては、

第三国→コソボ→セルビア

セルビア→コソボ→セルビア

という2パターンあると思います。

それぞれの場合について入国の可否について

説明しようと思います。


第三国→コソボ→セルビア:△

このルートの場合セルビアへの入国を拒否される確率が高いです。

ただ100%行けないということもないとは思いますが。

セルビア側からしたらコソボはセルビアの一部なのに

セルビアのスタンプではなくコソボのスタンプによって入国した

ということが理由なのか定かではないけども、

入国を拒否されやすいです。

イスラエルのスタンプがあると中東諸国に入国しづらくなるのと

一緒の感じでしょうかね。

セルビア→コソボ→セルビア:〇

これは実際に自分が行ったルートですが、

何の問題もなくセルビアに再入国することが出来ました。

自分の場合、セルビアのPresevoからコソボのGjilanへと入り、

コソボからセルビアへはMerdareの国境を通りました。

image IMG_20151106_112059IMG_20151104_133819

コソボを出国する際はびびってた割にすんなりだったけれども、

コソボに入国する際は足止めをくらって、

所持金の確認やコソボでの目的地、宿の確認などで

15分以上かかりました。

まあ無事セルビアに再入国出来たから良かったのですけど。

両国は仲悪いとか言いながら、

国境では入管がすぐ隣同士にあったりして

なんか不思議な感じでした。

セルビア再入国の際にコソボのスタンプの上に

無効スタンプを押されるとどっかで耳にしましたが、

そんなスタンプは押されませんでした。

ただこのルートと言えども100%安全とは

言いきれないので注意は必要です。


コソボからセルビアへ入る際はかなりヒヤヒヤしてましたが、

思いのほかあっさりと入国できて拍子抜けした記憶があります。

ただこれはどこの国境から入るかと

担当官の裁量によるところも多いと思います。

余談ですが、自分がセルビアに入る時は、

ユーゴスラビアの英雄ストイコビッチの話をしたら

なかなか盛り上がりました。

自分は名古屋グランパスファンなので。

コソボはそこまで見所は多くないと思いますが、

陸路での入国を考えている方は入国経路に気を付けてください。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。