欧州蹴球記第四弾:リーガエスパニョーラ レアルマドリードvsバルセロナ

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス

どうも、ひでです。

この記事はスペインのマドリードにて書いています。

今回はヨーロッパでのサッカー巡りで、

一番楽しみにしていたカードで、

ヨーロッパ全体で見ても一番人気のあるカード。

そうレアルマドリード対バルセロナのエルクラシコ。

リーガエスパニョーラでの永遠のライバルが戦うこの一戦、

チケットは一番安い席で5万円。

世界一周中の貧乏バックパッカーにとっては

めちゃくちゃ痛い出費だけども、

このタイミングで見れることはそうそうないと思ったのと、

日本からわざわざこのためだけに友達が来てくれるから

思い切って買うことに。

クラシコ・レアルマドリードvsバルセロナのチケット買ってもうた。5万円で

チケットはチケット売買サイトで購入したけども、

そのサイトのインターネットの評判が最悪で、

チケットが届かないだの詐欺サイトだの

たくさん書かれていて、かなり不安になっていたけども

かろうじてクラシコ当日の朝に入手することが出来た。

IMG_20151121_112120

仮にチケットが手に入らなかったら10万円がパーになるのだから

それだけはどうしても避けたかった。

この試合の前に自分がドイツで親善試合のドイツ対オランダという

屈指の好カードを見る予定だったけど、

テロ予告のせいで中止になってしまったから

観戦予定だったドイツ対オランダ戦がテロ予告によって中止に

このクラシコは是が非でもみたかった。

パリでの同時多発テロから1週間ほどしか経っておらず

開催されるかどうか心配していたけども、

事前情報ではどうやら開催されるとの情報を得て一安心。

ただクラシコ史上最大のセキュリティを敷くとかどうとか。

まあそれでテロが防げるのであればどんだけでもして貰いたい。

そんな中今回のクラシコの会場であるマドリードの

サンチャゴベルナベウへと友達と向かってみると、

スタジアムまで500メートルぐらいのとこで

1度警察によるボディチェックがあって

スタジアムのチケットゲートを越えてから

さらにもう一回厳重なチェックが入る。

サッカーの試合でここまでのセキュリティは経験したことがない。

スタジアムには開始1時間半前くらいには着いたけど、

それでもすでに大量の人、行列が。

IMG_20151121_163343IMG_20151121_163435IMG_20151121_165606


チケットゲートをくぐってスタジアムへ進むとそこは圧巻の景色が。

さすが8万人収容のサンチャゴベルナベウだけあって

スタジアムは素晴らしい眺め。

IMG_20151121_170113IMG_20151121_170845IMG_20151121_174634

席は一番高い席だけどもその分見晴らしが良いから全然問題ない。

当然マドリードの選手がウォーミングアップを始めると大歓声で

バルセロナの選手には大ブーイングが。

これを聞いてるだけでもクラシコに来たなって実感が湧く。

そして待ちに待った試合開始。

IMG_20151121_181249

クラシコでもパリのテロに追悼の意を
クラシコでもパリのテロに追悼の意を

IMG_20151121_181717

レアルの先発メンバーはフルメンバーでかなり攻撃的な布陣。

バルセロナはメッシはスタメンではないものの、

それ以外はフルメンバー。

ひとつおもしろかったのが、バルセロナのピケがボールを持つ毎に

ブーイングがなるということ。

ピケはマドリードでは一番と言って良いほど

嫌われてるからまあしょうがないけど

あそこまでの徹底ぶりはなかなかおもろかった。

序盤からバルセロナがレアルを圧倒して、

前半だけで、スアレスとネイマールの得点で0-2に。

とにかくネイマール、イニエスタがキレキレで

レアルは止めることが出来ない。

IMG_20151121_182803

前半終了時にはレアルに対してものすごいブーイングが。

後半もメンバーは変わらず。

後半が少したったところでラキティッチに変わってメッシの登場。

負傷明け初めての試合とは思えないほどのキレのある動き。

後半もバルセロナがイニエスタが華麗なゴールを決めて

もう一点追加し、ほぼ試合が決まった中で

レアルのイスコがネイマールを後ろから思いっきり蹴って

一発レッドカード。

自分の席からでも蹴ってのがわかるくらいで、

いくらフラストレーションがたまっているとはいえ

あのプレーはあり得ないかなと。

しかも後半で唯一輝いていたイスコが退場ということで

もうどうしようもない。

イスコの退場時にサポーターが拍手してたくらいだから

サポーターも試合は諦めてたと思う。

イニエスタの交代時にもまさかのレアルサポーターから拍手喝さいで

サポーターもどうしようもなかったんじゃないかな。

最後にスアレスがもう一点決めて

結局試合は0-4でアウェイのバルセロナの勝ちという

ホームのレアルにとっては屈辱的で歴史的大差での敗北。


バルセロナは安定のパスワークに、

執拗なプレスが機能していたのに対し、

レアルはチームとして全く機能してないわ個人でもミスは目立つわで

結果同様両者の力の差は明らか。

正直ここまでの結果は予想してなかったけど、

バルセロナの華麗なパス回しを見ることが出来たのは良かった。

5万円払った価値は十二分にあったと思う。

自分の中のひとつの夢が達成された瞬間だった。

IMG_20151121_201303IMG_20151121_203251

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。