新婚旅行におすすめなヨーロッパの観光地5選

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ

どうも、ひでです。

この記事はドイツのケルン空港にて書いています。

キューバ行きのフライトが遅延に次ぐ遅延で

全くもって飛ぶ気がしません。

果たして今日中に飛べるのやら。

さて2ヶ月弱に及んだヨーロッパの旅はドイツをもって終了。

普段は基本的に旅行記を書いてますが、

今回は少し趣を変えていこうかなと。

自分は現在26歳で、この歳になってくると

自分の周りで第2次結婚ブームが訪れつつあります。

あくまで自分の周りでの第1次結婚ブームは

自分が大学生だった20歳前後の時。

そのころ結婚した人たちは子供がすでに幼稚園、小学校の

年齢にもなっていたりもする。

そんな最近自分の周りでの増えている結婚。

結婚するとなると結婚式の次の次のくらいに頭を悩ませるのが

ハネムーンじゃないかなと。

結婚式とハネムーンの間がなんなのかはよく分かりませんが。

ということで今回は自分がヨーロッパ旅で訪れた中で

新婚旅行におすすめできそうな国・都市を紹介していこうかなと思います。

自分が言っていない国で新婚旅行でわりと定番なイタリアだったり

ギリシャなどは選外ですのであらかじめ書いときます。


イスタンブール

IMG_20151028_122508

イスタンブールは日本人にとって

ヨーロッパの中でもかなり有名な都市かなと。

ボスポラス海峡を挟んで存在するヨーロッパサイドとアジアサイドを

それぞれ楽しむことが出来るのでなかなかおすすめです。

トルコはケバブやトルコ料理などの食事も日本人の舌にあいますし、

そこまで物価も高くはないですしね。

またイスタンブールからであればカッパドキアやパムッカレへの

アクセスも良いので、イスタンブールだけでなく

そっち方面へ行くのも選択肢としてはありです。

ブダペスト

IMG_20151109_214811

ハンガリーの首都であるブダペスト。

ドナウ川の真珠と呼ばれるだけあって

夜景がはめちゃくちゃ綺麗です。

ロマンティック感を求めるのであればブダペストはおすすめ。

まあ自分はそんなもの求めてないけども。

その前に相手が…この辺でやめときます。

ハンガリーはフォアグラの一大生産地であり

日本だと一万を越えるような料理でも

その何分の一の価格で食べることができます。

ただ安いからと調子に乗ってフォアグラを頼みすぎるのはやめてください。

フォアグラはほぼ脂なので食べすぎると気持ち悪くなるので。

夫婦揃って後悔して欲しくありません。

またハンガリー料理だけでなく

オーストリア料理なども食べられたりします。

これは昔両国はハンガリー・オーストリア帝国

だったことに関係するとか。

プラハ

IMG_20151116_112429

チェコの首都であるプラハ。

ここは自分は純粋に観光を楽しむことが出来た場所。

中世の歴史ある街並みやプラハ城はなかなかの見応え。

プラハ城から見下ろす景色も素晴らしく、

夜になるとさらに綺麗になることでしょう。

チェコ料理もなかなか美味しくて

何よりビールの一人当たりの消費量一位であるチェコのビールは

ビール好きにはたまらにことでしょう。

チェコで他の都市だとチェスキークルムロフとかも

いいんじゃないかと思います。


スペイン

IMG_20151122_112858

ここはあえて国全体を挙げました。

スペインには今回マドリード、セゴビア、チンチョン、

バルセロナの4カ所しか行ってませんが、

どれもそれぞれ趣が違って、しかもマドリードやバルセロナなどの

大都市でも十分楽しめます。

特にバルセロナは王道ではありますが、

アート好きな人にはたまらないでしょう。

その他にもトレドやマラガ、バレンシアなど

いくらでも訪れるべきところはありますし。

あと他のヨーロッパの国と比べて気候がいいのもでかい。

ただスリだけは十分気をつけた方がいいと思います。

スリにあって新婚旅行が台無しになるなんてもったいないですしね。

ルクセンブルク

IMG_20151210_154619

ここを訪れるまでは全く完全に自分の中で全く印象はなかったけども、

行ってみて予想外に良い場所で驚いた。

城塞都市であるルクセンブルクは変わった街のつくりで

ぶらぶら歩くだけでも楽しめます。

経済大国のイメージが強いルクセンブルクだけども

そこまで物価は高くないし、

ヨーロッパの色んな料理を楽しむことができます。

特にルクセンブルク料理の印象はないけれども。

ルクセンブルクはドイツやベルギー、フランスといった国に

隣接しているのでルクセンブルクとそれらの国を組み合わせて

いくのもありかもしれません。


新婚旅行といえばリゾート地だったり、

ハワイとかグアムも未だに根強い人気があったりしますが、

ヨーロッパで普通に観光してみるのも全然ありだと思っています。

まあ自分が例え仮にですよ新婚旅行に行くことになっても

リゾート地やヨーロッパに行くとかほぼないと思いますがね。

自分はもう少し汚いというかカオスな国が好きなんで。

こんなんだから相手がいつまで見つからないんですかね。

あれ目からうっすら涙が。

26歳はまだまだ焦る年頃ではないと自分に言い聞かせています。

ぜひこんな独身男のおすすめする新婚旅行先を

参考にしてみたら如何でしょうか。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。