キューバ移動のまとめ

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ

どうも、ひでです。

この記事はキューバのハバナにて書いています。

キューバは一見小さな国にも見えるけども

西から東まで1000kmほどはある地味に横に長い地形をしている。

そんなキューバには観光客用にはいくつかの移動手段があって

一つはツーリストバスであるViazurビアスールと

もうひとつはカミオンというトラックの形をしたバス。

オムニバスというバスもあるけれどもこちらは完全に

キューバ人しか乗車できないタイプ。

快適にキューバを旅したいのであればツーリストバス一択だけども

いかんせんかなり高い。

キューバの物価からしたらあり得ないくらい高く

完全なる観光客プライス。

最長のハバナからサンティアゴまで50ドルはする。

一度や二度ならまだしも常にツーリストバスは

貧乏バックパッカーにはちょいと厳しい。

ということで今回のキューバではカミオンをメインで利用してみたのだけども

まだまだカミオンについての情報が少ないので

キューバ移動のまとめと題してだらだらと

まとめていこうと思います。

ちなみに2週間の滞在中の移動は以下のような感じ。

image


バラデロ空港〜バラデロ

移動手段:タクシー
出発時刻:21時
乗車場所:バラデロ空港
降車場所:バラデロバスターミナル
費用:30クック
所要時間:約30分

バラデロ空港からバラデロ市内まではかなり距離があって

タクシーかバスを利用しなければならない。

バラデロ空港は正式にはJuan Gualberto Gomez Airportといって

バラデロ市内にある空港とは違うから注意が必要。

バラデロ空港に到着したのが夜で既にバスはなかったため

しょうがなくタクシーを利用。

バラデロ空港は24時間営業ではないため空港泊は無理かと。

バスだと6クックで行けるものが、

タクシーだと1台30クックもするけど、これでも値切った結果。

バラデロにあるオールインクルーシブホテルを予約していれば

無料送迎もあるみたいだから、

タクシー代を考えたら送迎付きのホテルに泊まるのも有りかと思う。

バラデロ〜トリニダー

移動手段:シェアタクシー
出発時刻:8時半
乗車場所:バスターミナル前
降車場所:トリニダーのバスターミナル前
費用:25クック
所要時間:約3時間

バラデロからトリニダーまではツーリストバスが出ているけども

当日にチケットを購入しようとしたら売り切れで

シェアタクシーにしたという経緯があるから

キューバではバスチケットは前日までに購入するべき。

ちなみにバラデロから各都市への時刻表・料金は以下の通り。

IMG_20151214_213832 IMG_20151214_213826 少し見づらいかも。

トリニダーまではバスで20クックのところをタ

クシーでは値切って25クックで

行くことができたからまあ良かったかなとは思うけども。

トリニダー〜カマグエイ

移動手段:ツーリストバス
出発時刻:10時
乗車場所:トリニダーバスターミナル
降車場所:カマグエイバスターミナル
費用:15ユーロ
所要時間:約5時間

トリニダーからカマグエイまではツーリストバスを利用。

どうやらトリニダーからカマグエイまではツーリストバスぐらいしか

選択肢はない模様。

ツーリストバス自体はなかなか快適。

預け荷物代が1クックかかる。

カマグエイ〜ラストゥナス

移動手段:カミオン
出発時刻:9時半
乗車場所:カマグエイバスターミナル
降車場所:ラストゥナス手前
費用:30ペソ
所要時間:2時間

カマグエイからサンティアゴへ向かう際にこのカミオンを利用。

本当はサンティアゴまで直通のカミオンに乗るつもりだったけど

朝から3時間待ってもなかなか来なかったからしびれを切らして

乗り換えでサンティアゴまで向かうことにした。

カマグエイから各都市へのViazurの時刻表及び 価格表は以下の通り。 IMG_20151217_153353IMG_20151217_153225

ラストゥナスはトゥナと呼ばれていて、

カマグエイからトゥナまでは午前中だけでも2便は出ていた感じ。

トゥナの手前で次の目的地であるバヤモ行きのカミオンが待機していて

自動的にそっちのカミオンに乗り換えれたから

トゥナでの本来のカミオン乗り場に関しては不明。

ラストゥナス〜バヤモ

移動手段:カミオン
出発時刻:12時頃
乗車場所:ラストゥナス手前
降車場所:バヤモバスターミナル
費用:25ペソ
所要時間:約2時間

前述の通りラストゥナス手前でバヤモ行きのカミオンに

乗り換えてから2時間でバヤモに到着。

到着場所はサンティアゴ行きのカミオン乗り場とは違うので

注意が必要。

バヤモ〜サンティアゴ

移動手段:カミオン
出発時刻:14時頃
乗車場所:バヤモの第二カミオンターミナル
降車場所:サンティアゴのカミオン乗り場
費用:20ペソ
所要時間:約3時間

ラストゥナスからバヤモへ到着したバスターミナルから

サンティアゴ行きのカミオン乗り場は少し離れているから

ターミナルから馬車のドライバーにサンティアゴ行きの

カミオン乗り場と伝えれば連れて行ってくれるはず。

この路線はバスのシートは鉄でかなり座り心地が悪い上に

乗客の乗り降りも激しく3時間とはいえなかなか疲れる。

サンティアゴ〜グアンタナモ

移動手段:カミオン
出発時刻:7:45
乗車場所:Carretera Centralカミオンターミナル
降車場所:オムニブスターミナル
費用:20ペソ
所要時間:約3時間

カミオンターミナルへ7時には到着して出発したのが8時前。

カミオンは基本的に満員になり次第出発だから

時間に余裕を持ってターミナルには到着しておくべき。

サンティアゴからグアンタナモ行きやバヤモ行きは

1日に何本もでている感じ。

グアンタナモ〜バラコア

移動手段:カミオン
出発時刻:12時過ぎ
乗車場所:オムニブスターミナル
降車場所:バラコア市内
費用:20ペソ
所要時間:約3時間半

サンティアゴからのカミオンは

グアンタナモのオムニブスターミナルに到着して

そこでバラコア行きのカミオンを探してみるも

このターミナルではなくて郊外のカミオンターミナルからと

言われそっちへ移動。

そこで見つけたバラコア行きのカミオンに乗るも

結局オムニブスターミナルも経由していたから

わざわざ郊外のターミナルまで行く必要はなかった。

バラコアへは山道をぐねぐね進んでいくため

まともな座席のないカミオンでは

お尻が痛くてなかなかハードな移動だった。

このカミオンに乗るときに外国人だからか

通常料金よりも倍以上の料金を請求されたけど

払うときになんとか言いくるめて通常料金でいけた。

カミオンではこういうこともあるから注意が必要。

バラコア〜モア

移動手段:カミオン
出発時刻:7時
乗車場所:Coroneles GalanoとRoberto Reyesの間のカミオン乗り場
降車場所:モアバスターミナル
費用:20ペソ
所要時間:約3時間半

image

モア行きのカミオンは7時出発となっているけども、

6時半頃から待機しており満員になり次第出発なので

早めにターミナルへは行ったほうが良い。

モアまでの道のりは舗装されていない道路で揺れが激しく

乗り降りもかなり多く、常に満員以上の状態でかなりハードな移動だった。

モア〜オルギン

移動手段:シェアタクシー
出発時刻:11時前
乗車場所:バスターミナル
降車場所:Estadio Calixto Garcia前ターミナル
費用:100ペソ
所要時間:2時間半

モアからオルギンまでは着いた時にはカミオンはなくて

ジープ型のシェアタクシーに乗車。

朝一であればオルギン行きのカミオンもありそうな感じではあった。

カミオンよりは快適で遥かに速いスピードで移動してくれるし

途中の乗り降りもないからかなりはやく着くことができる。

ただドライバーの運転が荒すぎて常にヒヤヒヤだった。

オルギン〜ラストゥナス

移動手段:カミオン
出発時刻:14時30分頃
乗車場所:Carretera Central通りのバス停
降車場所:バスターミナル
費用:20ペソ
所要時間:1時間半

オルギンではバスターミナルに到着したのだけども

タイミングが悪くそこからラストゥナス行きのカミオンは出ておらず

一緒に行動していたブラジル人とキューバ人が

他のカミオン乗り場まで連れて行ってくれた。

これに関してはその都度変わってくると思うので

現地の人に確認したほうが無難かと。

オルギンのバスターミナルからは午前中であれば

ラストゥナス行きのカミオンは出ているだろうけども

午後になるとどうなるのか分からない。

ラストゥナス〜ハバナ

移動手段:カミオン
出発時刻:17時
乗車場所:バスターミナル前の通り
降車場所:オムニバスターミナル
費用:200ペソ
所要時間:約10時間半

ラストゥナスのオムニバスターミナル前の通りから

カマグエイやハバナ行きのカミオンは出ていて、

夕方にもかかわらずハバナ行きを運よく捕まえることができた。

おそらくラストゥナスからハバナへは朝と夕方に出ているはず。

この区間はかなり空席が目立っていて乗り降りも少なく

最短でハバナへ着くことが出来た。

ただハバナのバスターミナルに到着したのが夜中の4時前で

ターミナル内はキューバ人でごった返していて

寝るスペースの確保が困難だった。

ハバナ市内〜ハバナ国際空港

移動手段:バス
出発時刻:不明
乗車場所:Parque El Curita
降車場所:Terminal2バス停
費用:1ペソ
所要時間:バス45分+徒歩30分

最後にハバナ市内からハバナ空港までの行き方でも。

ネットで空港までのバスでの行き方を調べてみても

空港から市内までの行き方ばっかりで市内から空港までの行き方は

全くと言って良いほどなかったから少し困った。

ハバナ市内からはカピトリオ近くにある華人街と書かれた門をこえて

少し進んだところにあるParque El Curitaの東側から

空港行きのバスが出ている。

image

空港行きのバスと言ってもシャトルバスとかではなくて

普通の市内バスと一緒で自分が乗った時はローカルの人で満員だった。

ターミナル2の少し手前のバス停まで市内から45分くらいで、

ターミナル2は基本的にアメリカ行きの便専用なので

その他の国際線はターミナル3へ行かないといけない。

ターミナル2からターミナル3へはシャトルバスが

出てるみたいだったけどもそこまで頻繁に出てる様子も

なかったからターミナル3まで荷物はカートに乗っけて

30分ほど歩いて行った。

時間がなかったり、楽したければターミナル2で

タクシーを拾うことも可能。

市内から空港までタクシーだと10クック1200円はかかるところを

この方法であればなんと5円で行くことが出来るので、

お金を節約したいのであればこの方法はオススメ。


かなり長くなってしまったし、

ところどころ不明確なとこもあるけどもまとめるとこんな感じですかね。

なんどもカミオンを利用してきたけども、

外れである鉄板シートに当たった時は

ひたすらお尻の心配ばっかしてました。

それくらいつらかった。

たとえそれが3時間とかの短い移動であっても。

キューバでの思い出と言われたら

まずカミオンが一番に浮かぶくらい。

色々と変わりつつあるキューバで交通手段も

今後変わっていく可能性もあるけれども

とりあえず自分の移動に関しては以上の通りです。

少しでも参考になればなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。