ニカラグア湖に浮かぶ火山島のオメテペ島

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア

どうも、ひでです。

この記事はニカラグアのオメテペ島にて書いています。


ニカラグアのグラナダから次へ向かうのは

ニカラグア湖に浮かぶオメテペ島。

グラナダからリバスへバスで向かい、

そこからタクシーでサンホルヘのフェリーポートへ。

サンホルヘからオメテペ島へはほぼ1時間毎にフェリーが出ている。

ちなみにグラナダからもオメテペ島までの船は出てはいるけど、

月曜日と木曜日にそれぞれ1本あるだけなので、

オメテペ島へ行きたいのであればサンホルヘへ向かうのがベター。

オメテペ島までは1時間半ほどの道のりで料金は45コルドバ。

帰りはなぜか50コルドバで船の大きさによって

値段が変わってくるみたい。

1時間半だけだけども行きは波が高く船がかなり揺れて

危うく船酔いになるところだった。

そんなこんなで到着したオメテペ島は

ひょうたんのような形をした島で

北側にあるコンセプシオン火山と南側にあるマデラス火山の

2つが作り出した火山島。

image

人はそこまで住んでいないと思っていたけども、

聞いてみると何気に人口は5万人もいたりしてなかなか大きい島。


島といえば自分の中ではマラウイのチズムル島のイメージが強く

そのイメージを持ってオメテペ島に行ったけども、

かなり小さくて静かで何もないチズムル島と違って、

オメテペ島は人も多くてかなり賑やかで観光客向けのお店が多い。

オメテペ島には幾つか町があって、

今回自分が泊まったのはモヨガルパというところ。

モヨガルパはオメテペ島で1番大きい町で、

他に南側にはメリダやサンラモンといった

欧米人が好みそうな村もあったり。

IMG_20160125_174051IMG_20160125_175822

モヨガルパにはメインストリートと呼べる通りもちゃんとあって

そこにはたくさんの欧米人が。

アジア人なんて皆無です。

宿でイギリス人の彼氏と世界一周をしている日本人の人に

あったくらいで、それ以外は全て欧米人。

まあニカラグア自体治安の問題から日本人に避けられがちな国だから

しょうがないかなと。

宿の目の前にはニカラグア湖が広がっていて

夕暮れ時とかはなかなか美しかった。

IMG_20160125_171852IMG_20160125_171856IMG_20160125_165923

まあ湖自体は汚染が進んでいるらしく

とても泳げる感じではなかったけど。

ただ何人かの欧米人は普通に泳いでましたね。

IMG_20160126_124232


オメテペ島のレストランはどこも観光客向けの店ばかりで

高めの値段設定だけども、

唯一安く食べられる美味しい屋台飯を見つけたので

その紹介だけして終わろうかなと。

その屋台はYogi’s Hostelという宿の隣あたりに夜出店していて

そこではチキンBBQにニカラグア風豆ご飯とサラダ、バナナチップス

たまねぎのチリソース漬けとかなり量があって、

これで60コルドバなので250円ほど。

IMG_20160126_194910

コスパはめちゃくちゃ良いかなと。

オメテペ島へ行った際はぜひこの屋台へ。

次回はオメテペ島一周サイクリングへ出かけた時の話でも。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。