嵐の中ロライマ山頂にある3カ国の国境が接するプントトリプレへ【ロライマ3日目】

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ

どうも、ひでです。

この記事はベネズエラのロライマにて書いています。


念願のロライマトレッキングへ【ロライマ1日目】

己との戦いの山頂アタック【ロライマ2日目】

一日目、二日目とまあまあ順調に来ている中で

迎えたロライマトレッキング三日目。

前日にロライマ山頂に到着済みで

その日に山頂付近を少し散策したので

三日目はプントトリプレと呼ばれる

ベネズエラ・ブラジル・ガイアナの

3カ国の国境が接する場所へ向かうことに。

国境といえどもロライマ山頂には

イミグレなんぞもちろん存在しないので地図上の線に過ぎませんが。

このプントトリプレへは通常の5泊6日のツアーでは日程上

向かうことは出来ないけども、

今回自分たちは初日に2日分の8時間歩いたことで行けることに。

この日も朝7時に目覚めるも天候はまさかの雨。

しかも前日みたいな小雨とかではなくて完全なる本降り。

まあ天候の変わり易いロライマ山のことだからすぐ晴れるだろうと

朝食のパンケーキを平らげてから少し様子見で待ってみるも

一向に天気は良くならない。

テントの中でうたた寝したり本読んだりしながら気づくと11時過ぎに

なるも相変わらずの天気。

たださすがに今日がプントトリプレへ向かうことが出来る

最初で最後の日なだけに、

他のメンバーであるオランダ人2人組とどうするか

話しあった結果この雨のなかパライトリプレへ向かうことに。

プントトリプレまでは片道3時間の往復6時間とのこと。

ガイドに連れていってとお願いするとOKの返事が。

まあツアー客からのお願いだから断りづらい部分も

少なからずあっただろうけども。

ホントこのツアー通していろいろ我儘言って申し訳ないなと思うと

同時に感謝してますネルソンさん。

そうと決まれば準備をして12時前には出発。

ロライマ山頂では雨のせいでいたるところに

川とか滝とかが出来ていたけども、

はなからびしょ濡れになることは覚悟していたので

川だろうと泥だろうと靴は気にせず進みます。

ここまで靴をビショビショにしながら長時間歩いたこととか

人生で初めてな気がする。

山頂は多少の高低差はあるものの山頂までの道と比べたら

全然楽だし、荷物もないので皆ハイペース。

一応かっぱは着てきたものの、

途中からそれが無意味になるほどの強風に豪雨。

プントトリプレへ行く決心をしたことは全然後悔してないけども

この雨の中進むのはかなり堪える。

途中いくつも完全に靴は隠れるほどの川を渡ったり、

岩をぴょんぴょん飛び移ったりすること2時間ちょい。

突然プントトリプレを表す標識が現れました。

雨のせいで景色が悪いこともあって、

想像していたのより案外普通で若干拍子抜け。

この豪雨の中携帯を持ってきた事を後悔したけども

一応ここは写真に収めることに。

ベネズエラ側
ベネズエラ側
ブラジル側
ブラジル側
ガイアナ側
ガイアナ側

自分もオランダ人2人組もそこまで感動しなかったからか

そこには1分ほどいたくらいですぐ来た道を戻ることに。

まあこの雨のなか止まっている方が大変だからね。

帰り道は来た道とほぼ同じだけども

来た時よりも雨で川がさらに増水していてもう大変なことに。

これ何日か雨が続いたら山頂を散策するのが

難しくなるんじゃないかな。

そして山頂に溜まった水はもちろん下へと流れるから

山頂への道の上り下りはさらに大変になるだろうなと。

途中山頂の水が流れ落ちる大きな穴ベンタナへと

ガイドが連れて行ってくれて、

ここの方がプントトリプレよりも全然テンションが上がった。

IMG_20160223_142833IMG_20160223_142828IMG_20160223_142829IMG_20160223_142830

晴れてたらこの中に飛び込んで遊びたかったな。

飛び込んだ後どう戻るのかは謎だけども。

ここ以外は帰りと同じ道だったけども帰りは行きよりもさらに

道のり・時間が長く感じて

最後の1時間はなかなかの苦痛でただただ修行だった。

歩いてれば少しくらい晴れるかなと思いきや

この日は全く太陽は顔を出さなくて常に雨雨雨。

まあ思い出はいつの日も雨って桑田さんも言ってたしね。

これはこれで間違いなく良い思い出になるだろうな。

お金払ってまでこんな経験したくはないけども。

結局4時間ちょっとでホテルへと到着。

予定より2時間早く帰ってくることができてとりあえず良かった。

もう全身びしょ濡れで早く着替えたかったから。


震えながら帰ってくるとその日の夕食は

寒いのを分かってくれていたのパスタ入りスープ。

ちょくちょく今回のツアーでの食事にはツッコミどころがあって

この日だとじゃがいもとたまねぎなどの野菜とパスタを

茹でるタイミングが一緒で、

そのおかげで出来上がりのパスタはビヨンビヨンで

仮にこれがレストランとかで出てきたらクレームもん。

あとはご飯を炊くときに塩と大量の油と一緒に炊きだしたり。

そこまで食にうるさくはないけども、

もう少し頑張りようはあるように感じた。

さてロライマトレッキング三日目を終えたところで、

4日目以降はひたすら下ることに。

山頂ではあいにくの天気で綺麗な景色は見られなかったけども、

トレッキングと山頂の散策がかなり面白かったから大満足。

ロライマ山頂では色々な虫とか見られるのかと期待していたけども

実際見ることができたのは、カエルとヤゴくらいで

いかにロライマ山頂の環境が生物にとって厳しい環境なんだ

という事を感じさせられた。

見たことないような植物はちらほら見かけるんだけども。

下山も行きと同じく楽しんでいこうかなと。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。