いつまでもいたかったロライマ。お別れの時【ロライマ4日目・5日目】

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ

どうも、ひでです。

この記事はベネズエラのサンタエレナにて書いています。


念願のロライマトレッキングへ【ロライマ1日目】

己との戦いの山頂アタック【ロライマ2日目】

嵐の中ロライマ山頂にある3カ国の国境の接するプントトリプレへ【ロライマ3日目】

二日目に山頂に到着してから天気が最悪の中

1日半山頂に滞在したあとはひたすら下山へ。

山頂での天気が悪く圧倒的な景色を

あまり見ることが出来なかっただけに

もう少し山頂にいたかったけども日程的にどうしようもない。

四日目の朝もあいにくの雨でむしろロライマの山頂とか

晴れることあるのかなと思うほど天気運が悪い。

簡単な朝食を食べてから山頂からの下山をスタート。

この日のゴールは1日目に滞在したベースキャンプを素通りして

山頂から約6時間の場所にあるテック川のキャンプサイトへ。

2日目にベースキャンプから山頂を登るときに通った

結構きつかった急な坂を今度は下る番。

ただ登りの時と比べると下りな分そこまできつくはなくて

ちゃちゃっと下ることに。

と言いつつも2時間弱かかったけどね。

その坂を下っているときにデンマーク人女性10人超の集団が

通りかかって、その時の道が狭くて1人がなんとか通れる道で

デンマーク人女性に道を譲るときに自分と同じチームのオランダ人が

さっと自然に手を差し伸べていて

さすがヨーロッパ人でジェントルマンだなと感じる一幕があった。

自分とか絶対そんなこと自然に出来ないし、

手を差し伸べてスルーされたら寂しいなとネガティブになって

なかなか出来ないよね。

話を元に戻して、

到着したベースキャンプから見上げるロライマがまた良い景色で。

IMG_20160224_123029IMG_20160224_123140

その時ですら昨日まであそこの頂上にいたことが信じられないくらい

テーブルマウンテンがそびえ立っている。

よおあんな崖登ったなとただただ感心。

ベースキャンプに着くとそこは晴れていたけども、

相変わらず山頂は雲で覆われている。

あとここ数日雨が降っていたこともあって

山頂を登るときには見られなかった滝がいくつか見られたり。

ロライマ山の隣にあるクケナン山からは

世界でも何番目かの高低差を誇るクケナンフォールが見られたり。

ベースキャンプで軽い昼食を食べてからテック川へ出発。

テック川までの道は距離は長いけども下りが多く

そこまできつくはない。

この日も1人でひたすらハイキングに集中して

テック川までは3時間弱で到着。

途中のクケナン川では行きは石をつたって

なんとか濡れずに渡れたのに

帰りは完全に水が増量していて靴を脱いでいかないと無理なくらい

水が増量していた。

IMG_20160224_161417IMG_20160224_161422

4日目はテック川でテント泊。

ここで日本人男性がいてこの登山中英語とスペイン語しか

聞いてなかったから、久しぶりの日本語が懐かしくて

23時くらいまで話し続けてしまったくらい。

ロライマ登山中は基本的に19時にはテント中で寝ていたから

なんだか変な感じ。


5日目は6時に起きて早めに出発。

この日はテック川からスタート地点である

パライテプイまで3時間ほどの道のり。

最終日ということもあって今までの疲れが足に溜まっていて

歩くのも辛いほどの筋肉痛で、

しかもこの道が下山といいつつ登り坂も多くてなかなか大変。

他のグループとは20分ほど遅れて出発したけども

なんとか早めのペースで歩いて中盤で、

最初にスタートしたグループに追いついて終盤はほぼ独走状態。

まあ早く歩いたからなんなんだということなんだけども

特に喋り相手もいない中でどうテンションを上げながらいこうかと

考えたときに自分に厳しくひたすら早く歩こうと決めた訳です。

どんどん小さくなっていくロライマ山。

IMG_20160225_081854

ゴールが近づくにつれて達成感も感じてはいたけども

どこか寂しくもあったり。

相変わらず山頂には厚い雲がかかっていて

最後までロライマらしいなと。

ゴールのパライテプイが見えた瞬間にはかなりテンションが上がって

このまま走ってゴールまで向かおうかと思ったけども、

地味に遠くて断念。

しかもこのときには足裏がめちゃくちゃ痛くなってたしね。

パライテプイには何十世帯も家族が住んでいてゴールへ向かうときに

優しく挨拶してくれて、

お前よく頑張ったなと言ってくれているようでなんだか嬉しかった。

ロライマ付近の人々はぺモン族といってラテンというよりはどこか

アジア人っぽい雰囲気で親しみを感じたり。

IMG_20160225_100752

1人静かにパライテプイに到着して今までのハイキングを振り返る。

結局4泊5日というなかなかハードなツアーだったけども

1日短くして通常よりも1日に長く歩いたけど

かえってそれが良かった。

他のメンバーであるオランダ人2人組と加えて、

ガイドやポーターも皆適度な距離感で

すごい居心地の良いチームだったし。

皆が到着したところでコーラで乾杯。

このチームでロライマに登れて良かった。

非常に満足度の高いツアーでそれなりのお金と大変な体力を使って

登って本当に良かった。

間違いなく良い思い出です。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。