ロライマツアーはどこで申し込むべきなのか。 サンタエレナ、サンフランシスコそれともメリダ?

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ

どうも、ひでです。

この記事はベネズエラのサンタエレナにて書いています。


ロライマ山の5日間のトレッキングを終えて

サンタエレナでブラジルビザ取得のために滞在しているところです。

念願のロライマトレッキングへ【ロライマ1日目】

己との戦いの山頂アタック【ロライマ2日目】

嵐の中ロライマ山頂にある3カ国の国境の接するプントトリプレへ【ロライマ3日目】

いつまでもいたかったロライマ。さようならロライマ【ロライマ4日目・5日目】

今回はロライマ山のツアーをどこで申し込むべきかについて

書いていこうかなと思います。

自分はツアー会社の多いサンタエレナでも

ロライマ山の最寄りの村であるサンフランシスコでもなくて

遠く離れたメリダでツアーの申し込みをしました。

メリダ滞在時にたまたま良さげなツアーを見つけて

申し込んだわけですが

結果的にそれで正解だったなと思っています。

自分はメリダのケーブルカーの手前の通りであるCalle 24にある

Extreme Adventoursでツアーの申し込みをして

5泊6日のポーター付きのツアーで155000ボリバルの約170ドル。

ドル払いであればもう少し安くなったみたいではあるけれども。

メリダのツアー会社がツアーを主催しているのではなくて

あくまでサンフランシスコにある

ツアー会社Arapena Toursと提携している形。

サンタエレナでツアーに申し込むのが一般的ではありますが、

他にメリダとサンフランシスコという選択肢もあるので

それぞれの場所でロライマツアーを探す・組む際の

メリット、デメリットについて書いていこうかなと思います。


メリダ

メリット
・サンタエレナもしくはサンフランシスコまで大量のボリバルを持ち歩かなくても良い。
・ツアーまでの予定が組みやすい

自分がメリダでツアーを申し込んだ最大の理由が

メリダでお金のやり取りを済ませることが出来るから。

仮にサンタエレナかサンフランシスコのツアー会社で

申し込みをする際は、

1番闇両替のレートの良いメリダでドルを両替するか、

両替せずにドルを持っていくという選択肢になると思いますが、

どちらもベネズエラの腐敗警察に見つかると

厄介なことになりやすい。特にドルの方は。

大量のボリバルを持っていても

なんでこんなに持っているんだ?とか

ドルをベネズエラに持ち込んだだろ?

などいろいろ根掘り葉掘り聞かれるのが目に見えています。

あとはサンタエレナやサンフランシスコでは

現地へ行ってツアー会社に聞かないと日程がわからず、

下手すると現地で何日も待たないといけなくなる場合があります。

その点メリダであればツアーの日程から逆算して、

現地まで行く予定やルートを組み安くなると思います。

デメリット
・現地ツアー会社とのやりとりが曖昧
・何かあった時の責任の所在が不明確になりやすい
・ツアー会社の選択肢がない

これは今回のツアーで自分が実際に経験したことなのですが、

メリダのツアー会社で話を聞いた時は

ポーター無しということだったのだけども

サンフランシスコのツアー会社と打ち合わせをしてみると

ポーター付きだとのこと。

ポーターとかかなり重要な事なのに

そこが曖昧とかまずい気がします。

このようにメリダのツアー会社はあくまで

サンフランシスコの会社を斡旋しているだけなので

細部まで把握しきれていない場合が多いのかなと。

これに関連して何か事故や不満があった際に

どちらのツアー会社へ言えば良いのか

若干分かりづらくなるのかなとも思いました。

そしてメリダにはロライマツアーを申し込み出来るツアー会社は

自分が探した時には1社しかありませんでした。

これは消費者的にも競争原理が働かない点からしても

あまり好ましくない状況だと思います。

サンフランシスコ

メリット
・値段が安い

サンフランシスコでツアーを申し込む唯一のメリットは値段です。

ロライマ山に1番近い村ということもあり、

仲介料やその他経費がかかっていないのか

おそらくサンフランシスコが最安。

サンフランシスコでは明らかなツアー会社はほぼ存在しないけども

宿やレストランなどにいる誰かしらに聞けば

ツアーのことを教えてくれます。

サンフランシスコでいくつか聞いてみたところ

どこも同じ値段で、5泊6日で150000ボリバルほど。

ポーターも付いていたかなと。

デメリット
・個人参加は厳しい
・表立ってツアーを募集していない

サンフランシスコのツアーは基本的に最小催行人数が

4人と決まっているので、

個人で飛び込みでサンフランシスコからツアーに

参加しようと思ってもなかなか厳しいところがあると思います。

サンフランシスコはロライマツアーの申し込み場所としてあまり

有名ではなく、

サンフランシスコで申し込みをする人はなかなかいないので。

逆に人数が揃っているのであればサンフランシスコで申し込んだ方が

話は早いかもしれません。

あとサンフランシスコでは看板を出しているツアー会社はなくて

宿やレストランなどでツアーの聞き込みをする必要があります。

メリダやサンタエレナと比べると若干手間がかかるかもしれません。

ただサンフランシスコ自体かなり小さな村なのでしれてますが。

聞いてみると個人ガイドもちらほらいたりします。

サンタエレナ

メリット
・ツアー会社が多い
・個人ガイドを見つける事が出来る

ロライマから帰ってきて初めてサンタエレナに来てみましたが

さすがサンタエレナだけあって、

ロライマツアーを扱っているツアー会社の数は

他の2つよりも群を抜いています。

サンタエレナのバックパッカー通りである

Calle Urdanetaには多くのツアー会社があります。

またサンタエレナの町を歩いていると

たまに個人ガイドからロライマツアーの話を

持ちかけられたりもします。

日本人に有名な個人ガイドもいるみたいですが、

個人ガイドは多くいるのでそこまでこだわる必要は

ないかなとも思います。

デメリット
・大人数でのツアーになりやすい
・値段が若干割高

サンタエレナはロライマのツアーを申し込むのに

1番有名な場所だけあって多くの観光客が訪れます。

そのためか時期と日程によっては

ツアーの参加者がかなり増えることもあります。

実際自分がロライマに登っている時に遭遇した

サンタエレナのMystic Toursは20名を越える団体客でした。

さすがにそこまで多いと少し気持ち悪かったです。

自分は少人数が好きなので今回3人のグループで登れて

ラッキーだったなと思います。

もちろんサンタエレナでツアー会社を選びさえすれば

そこまでの団体グループにあたることは少ないとも思いますが。

サンタエレナではそこまで値段調査をしたわけではありませんが、

ツアー会社の場合は値段が若干高いように感じました。

どこも200ドル前後といった感じでしょうか。

もちろん個人ガイドであればもう少し安くなるとは思いますが。


色々書いてきましたが、やはり無難にサンタエレナで申し込むのが

ベターなのかなと思います。

自分はメリダで申し込めて良かったとは思いますが、

メリダでは1社のみで選択肢がなかったのに対して

サンタエレナではいくらでも選択肢がありますから。

色々とツアー会社に聞き込みをした上で

どこのツアー会社もしくは個人ガイドに

申し込むか決めれば良いのかなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。