ベネズエラのサンタエレナでのブラジルビザ取得までの奮闘記とビザ情報

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル

どうも、ひでです。

この記事はベネズエラのサンタエレナにて書いています。


ロライマツアーを終えてなおサンタエレナに滞在しているのは

ブラジルビザを取得するため。

コロンビアのメデジンで会った友達は

サンタエレナでブラジルビザを取ろうとしたけども

システムの故障か何かで取得を断念して

メデジンまで戻ってきたらしい。

聞く話によると以前まではサンタエレナで即日でブラジルビザを

取れたらしいけども、2015年の終わりあたりから3ヶ月ほど

サンタエレナではビザが取れない状況が続いているみたい。

南米であればパラグアイなら簡単にブラジルビザを

取得できるみたいだけども、

自分はベネズエラのあとブラジルへ向かいたいので

ルート上どうしてもサンタエレナで取得しておきたいところ。

ベネズエラの首都カラカスのブラジル領事館にも行ってみたけども

そこは5営業日かかるらしく、その後ロライマへ向かう必要があり

日程的に厳しかったのでカラカスでは取得せず。

カラカスの領事館でサンタエレナの領事館で

ビザが取れるか電話で確認してもらったところ

2月中旬ではまだシステムが直っておらず無理みたいだけども

2月下旬以降であれば復旧してサンタエレナでも

取得出来るとの情報をゲット。

その情報を信じてサンタエレナへ向かうことに。

ロライマツアーに参加する前にビザの申請だけ

出来れば良かったのだけども

あいにく到着したのが週末で領事館はやっていないので

そのままロライマツアーへ出発することに。

ロライマツアーから帰ってきてすぐにサンタエレナに移動して

その翌日の金曜日に領事館へ行って申請しようとするも

その日はなぜかビザの申請を受け付けていないと言われ

また月曜日に出直すことに。

金曜日に申請して月曜か火曜にビザを貰ってブラジルへ向かうという

当初の計画はこの時点でむなしく崩れることに。


そして決戦の月曜日朝9時すぎに再度行ってみて言われたのが

現在サンタエレナではベネズエラ政府とブラジル政府での問題が

なんちゃらかんちゃらとかいう理由で

ビザの申請は出来ないということ。

金曜日に月曜日なら大丈夫と言われたから来たのに

さすがベネズエラクオリティ。

もうこの時点で頭が真っ白になりましたね。

この後のルートをどうしようか1から考えないと

いけないのが憂鬱でならない。

サンタエレナでビザを取れないと分かればもう

サンタエレナには用はないので

バスターミナルへ行ってその日の夜のプエルトオルダス行きの

バスチケットを購入。

そしてチケットを買って宿にもどってくると

ちょうどチェックインしようとしていた日本人女性がいて、

その人にブラジルビザ取れませんでしたと世間話をしていると、

さっき普通に申請してきましたよという

訳の分からない返答が。

自分は9時ごろに申請して拒否されて、

その人は11時すぎに申請して普通に受理されたらしい。

もう最後の最後までベネズエラやってくれる。

自分が行った時にはもう当分サンタエレナでは

ビザが取れないような話をしていたのに

まさか2時間ほどで復旧するとは。

理解不能、訳がわかりません。

その時にはすでに領事館は閉まっていたので、

明日再トライするためにサンタエレナにはもう少し滞在することに。

さっき買ったバスチケットは無事払い戻し出来ました。

まあバスターミナルまでのタクシー代が余計に掛かったけども。

そして3度目の正直の火曜日。

朝の9時頃に向かって昨日拒否された

愛想の悪い太っちょのお姉さんにビザお願いというと

さぞ今までも普通に受け付けてましたけどみたいな雰囲気で

あっさりと受理してくれました。

復旧したのよとか何か一言くらい3回も足を運んでいる自分に

言ってくれるかなと思いきや、ベネズエラなのでそんなこともなく。

受理された書類の確認、機械入力かなにかに2時間かかるらしく

その後に銀行振り込みの紙を貰えるというなんとも非効率な手順で

一度宿に戻ってゆっくりしてからまた領事館へ。

そこで紙を貰って銀行へ行くも

指定のBanco de Venezuelaが地味に遠い。

領事館から歩いて10分ちょっと。

IMG_20160301_110311

銀行についてみるとそこには溢れんばかりの待ちの人たちが。

狭い空間に70人くらいはいたんじゃないかな。

写真には写っていない奥にも人がたんまりといたし。

受付番号を貰ったけど、

今呼んでいる番号は自分の50以上前の番号。

もうね絶望的。

昨日ビザを申請したその女の子は銀行で3時間も待ったみたい。

最初そんなんあり得るかと半信半疑だったけどもこれ見て納得。

全然進みまへん。

この日の領事館の閉館が14時で、銀行に入ったのが11時すぎ。

このまま進んでも間違いなく間に合わないと思ったので、

たまたま自分と同じビザ代金の支払いをしている人の元へいって

一緒に支払いをして貰いました。

そして何より驚いたのがビザの申請費。

200ボリバルだからまさかの25円。

さすがベネズエラ、ビザの値段まで訳が分からない。

振り込み証明の紙を持って再度領事館へ足を運んで

ここへきてやっと受理が完了。

取得に要する日数は2日〜3日ほど。

無事ちゃんと取れるといいな。

ベネズエラのことだから何があるかわからないので。


申請してから2日後の木曜日にビザが貰えるとのことで

朝9時過ぎに領事館に行ってみるも

完成するのは12時だと言われ、再度出直し。

11時過ぎに行くも露骨に嫌な顔をされたので

昼食を食べてからまた行ってみるとやっとの思いでビザをゲット。

内心その日には取れるか半信半疑だったけども

なんとか取れて良かった。

ビザ申請から取得までは2日でいけたけども

諸々の待ち時間を含めると1週間サンタエレナにいたことになる。

まあ最終的に取得出来たから結果オーライだけどね。

サンタエレナでのブラジルビザ申請の基本情報

必要書類
・パスポート及びパスポートのコピー
・オンライン申請書
・背景が白の顔写真(指定サイズと違っていても問題はない)
・ベネズエラ入国スタンプのコピー
・クレジットカードのコピー(表面のみ)

申請代金:200ボリバル

注意事項
・必要書類はどれも折り曲げ厳禁。いくつか折り曲げたものがあり再度コピーしてくる羽目になったので。
・サンタエレナではブラジルでの滞在ホテルの予約のコピー、
ブラジル入国のフライトチケット、銀行の残高証明は不要。
・カラカスでは5営業日、プエルトオルダスでもビザの申請は可能みたいだけど、2週間ほどかかるとのこと。
・2016年の2月末にブラジルの観光ビザの内容が変更になり、有効期限が3年間で年間滞在日数が90日間のマルチビザで滞在日数は現地で延長可能だけども、年間合計滞在日数は180日以内でないといけないみたい。ビザ取得後90日以内にブラジルへと入国しなければ、ビザ自体が無効になるという仕組み。

領事館について

場所はTroncal 10という名の大通り沿いにある

Rosario Vera Zuritaという病院から一本南に入った道にある。

少し分かりにくいかもしれないけども、

そこらへんの人にConsulade de Brazilは何処か聞けば

大半の人は教えてくれるかなと思う。

image

IMG_20160303_085415

開館時間は平日の8時〜11時だけども、

日にちによっては昼過ぎまでやっているみたい。

銀行について

指定の銀行であるBanco de Venezuelaは

Calle Bolivarの北側の突き当たりにある。

image

IMG_20160301_114023

とにかく振り込みの順番待ちに時間がかかるので

余裕を持っていくか、

誰かに代わりに順番待ちしてもらうのもありかと。


上に書いた情報はベネズエラということもあってかなり流動的で

月単位で変更することも考えられるくらいなので、

いつまで当てになるかは正直分かりません。

可能であればブラジルビザは日本で取得してから来るか、

パラグアイあたりで申請する方が断然マシかと思う。

値段はあほみたいに安いけども、

その分手間がかかったりストレスも感じるので。

最後の最後に色々と面倒だったベネズエラ。

やはりベネズエラを旅行するのは一筋縄ではいかないなと痛感。

ただなんとかブラジルビザを取得できて本当に良かった。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。