マナウスでアマゾンツアーには参加せずにアマゾンの雰囲気を楽しんでみた

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル

どうも、ひでです。

この記事はブラジルのマナウスにて書いています。


ベネズエラからボアビスタへと移動してそこから

夜行バスで12時間かけて到着したマナウス。

アマゾナス州の州都であるマナウスは

アマゾンツアーの拠点として有名な街。

半日ツアーから5日以上かけてアマゾン川を上ったり下ったりする

ツアーもあったり。

ツアーではアナコンダやピンクイルカ、ナマケモノや

ワニなどの動物を見たりピラニア釣りも体験できるみたい。

あとは原住民の村を訪れたりとか。

マナウスに到着した当日に少しツアーの値段とか聞いてみたけども

1日ツアーで180レアル、半日であれば値切って

100レアルぐらいで行ける感じではあったけども、

1日ツアーだと5000円以上して若干高いと思ったのと

なんかツアー内容を聞けば聞くほど自分あんま興味ないなと

思いだして結局行かないことに。

マナウスには1日しか滞在することが出来ないにも関わらず。

まあマナウスでしたかったことはネグロ川とソリモエス川の

2河川合流地点とピラニア釣りくらいだったから

まあツアーに参加しなくても良いかなと自分を納得させる。

時間に余裕があればベレムまでハンモックに揺られながら

アマゾン川を移動するのも悪くないかなとは思うんだけどね。

まあツアーに参加しない以上時間はたんまりとあるわけで

マナウスの街をただなんとなくぶらぶら歩いてみることに。


まず向かったのはネグロ川を臨むことができるフェリー乗り場へ。

ここへ行くと色んな人からフェリーツアーの勧誘を受けるけども

自分は行かないのでほぼスルー。

このフェリーポートからの眺めが素晴らしくて

マナウス一気に好きになった。

IMG_20160304_101539IMG_20160304_100253IMG_20160304_093230

この所狭しと埋め尽くされた大型フェリーから小型ボートの数々。

これだけの数が毎日何かしら動いてるんだからすごいなと。

この目の前にあるネグロ川でさえめちゃくちゃ川幅が広いのに

アマゾン川とかどんだけでかいんだろうか。

ネグロとは黒いの意味でその名の通り水がめちゃくちゃ黒い。

IMG_20160304_094114IMG_20160304_093226

なんでも腐食酸が原因だとか。

なんかこの光景を見てふとインドのバラナシを思い出してしまった。

汚い水になんかこの川の雰囲気がバラナシのガートみたいな感じで。

なんか変に親近感を持ってしまった。

フェリーには乗らないけども、船着き場まで歩いてみたり。

船着き場ではこれから数日間の長旅に出るであろうフェリーに

ハンモックがかけられていて、やっぱ面白そうだなと。

IMG_20160304_094123

船着き場ではハンモックが1000円以下で買えるから

一瞬お土産にハンモックとかどうかなと思ったけども

荷物になるから買えないよね。

船着き場の近くには即席の魚市場が開かれていて

アマゾン川かネグロ川で取れたピラニアや

見たことのない川魚が売られていたり。

歯が見たいというとわざわざ見せてくれた。

IMG_20160304_095227IMG_20160304_095346IMG_20160304_095344

にしてもいかつすぎる。

ピラニアより大きい魚はさらにごつい歯をしてた。

IMG_20160304_095429

生きてはいないけど一応ピラニアを見ることが

出来たから良しとしよう。

その後は近くにある大きめの市場へ。

市場を見るのが好きな自分としてはこの市場もなかなか面白かった。

大量の魚に巨大な魚。

IMG_20160304_100539

ここでは世界最大の淡水魚であるピラルクーも売っていたり。

IMG_20160304_100745IMG_20160304_100617

ピラルクーに興味深々でいるとお店の人が

その場で刺身を少し分けてくれて少し食べてみたけども、

自分が口に入れた瞬間にそれを見てた隣の人から

悲鳴にも似たOh my godみたいな声が聞こえて

やっぱり生はやばいのと聞いてみるとノープロブレムだと。

ただ確かピラルクーにはかなりの確率で寄生虫がいるらしく

そのことを口に入れた瞬間に思い出したから

すぐに口から出してバレないように捨てておきました。

まあ味はあんまりしなかった気がするけどね。

隣にあったピラルクーの干物かなにかはなかなか美味しかったけどね。

魚市場の隣には肉市場もあって、普通のお肉から内臓や舌まで

色んな種類のお肉が売っていた。

IMG_20160304_101111IMG_20160304_101209

初めて舌をちゃんと見たけどもかなり気持ち悪い見た目。

捌かれたお肉のすぐ隣に首を紐で繋がれた山羊がいて

さすがにこれから殺される運命にある山羊にとって

すごい酷な場所だなと思ったり。

IMG_20160304_101006


他にはシアターアマゾニアやアマゾニア博物館とかにも

行ってみたけども、フェリー乗り場と市場の印象が強すぎて

そっちは全然印象に残っていない。

IMG_20160304_105547IMG_20160304_110348IMG_20160304_103346

てっきりマナウスは都会かと思っていたけども

なかなかローカル色が強くてかなり気にいった。

マナウス自体にはアマゾンツアー以外は特にすることはないけども

お金をかけずになかなか面白いものを見れたりして

結果的に良かったかな。

マナウスの次は一気にサンパウロへと飛びます。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。