ブラジル最大の都市サンパウロと稲川素子事務所

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル→パラグアイ→アルゼンチン→ウルグアイ→アルゼンチン

どうも、ひでです。

この記事はブラジルのサンパウロにて書いています。


ブラジル北部のマナウスから飛行機でやってきたサンパウロ。

マナウスからサンパウロまではバスでも行けなくは

ないみたいだけども、めちゃくちゃ時間がかかる上に

かなりバス代が高く調べてみると

マナウスからサンパウロまでフライトだと150ドルとかで

行くことができて、時間がないのでフライトを選択。

ブラジル国内のフライトはそこまで高くないのに

南米全体となると途端に値段が上がるのはどうにかして欲しい。

マナウス空港を夜中の1時に出発して、

途中ベロオリゾンテで乗り換えをして

朝の9時にはサンパウロに到着。

さすが面積の大きいブラジルだけあって飛行機でも結構時間がかかる。

あとブラジルには3つの時差があるので

その都度時間を確認しておかないと勘違いして

フライトを逃したりなんてこともなきにしもあらずなので

注意が必要。

サンパウロには2日しか滞在してなくてしかもその2日とも

サッカー観戦に費やしたからほとんど観光らしい観光はしていない。

まあそもそもサンパウロはリオデジャネイロとかと違って

そこまで観光するところは多くはないんだけどね。

サンパウロではFradique Coutinhoというメトロ駅の近くの宿に

泊まっていたんだけども、

その隣の駅であるFaria Lima付近は

バーやクラブなどは多く集まっていて

若者が集まる場所として有名らしい。

土曜日の夜に宿でだらだらしているのもあれだなと思い、

22時頃にその辺りをぶらぶらしてみることに。

サンパウロの夜ということにびびって現金しか持っていかず。

その辺りは比較的治安は良いらしいけども、

何があるかわからないしね。

途中いけいけな若者たちが何百人入場の為に

列に並んでいるクラブがあったり、

駅前の広場でサイケなバンドが演奏していて

即席のクラブみたいになっていたり。

余談ですが、ここサンパウロはバンコク、ナイロビと並ぶ

世界三大風俗都市として有名で

Faria Lima付近には明らかにそんな雰囲気の

お店がいくつもあったり。

もちろん1人だからそんなところに入る勇気もなく。

面白いのがそういう店は大通りから少し離れた場所にあるかと思いきや

普通にレストランやバーの隣にあったりする。

土曜日の夜に行ったこともあってFaria Lima付近は

なかなかカオスで面白そうだった。

友達といったらまあおもろいだろうなと。


日曜日は夕方からサッカー観戦だったのでそれまで少し

サンパウロの街を観光してみることに。

最初に行ったのは世界で最大の日本人街であるリベルダージ。

今では中国人、韓国人も増えて東洋人街となってしまったらしいけど。

ちょうどこの日はフェスティバルか何かで路上には露店がいっぱい。

IMG_20160306_131846IMG_20160306_124214

日系ブラジル人の方や中国人の作る日本食や中国料理を求めて

人でごった返していた。

せっかくなので何か食べようと思ってお好み焼きをチョイス。

IMG_20160306_124217IMG_20160306_124628

見た目からしてそこまで美味しそうではなかったけども

100円ちょっとという値段に惹かれて購入。

味の方は予想通りというか美味しくないよね。

まず具材がほぼ入ってなくて生地だけだし、

ソースやマヨネーズすら置いてないからつけるものがない。

これは間違いなく本物のお好み焼きを知らない

中国人か日系ブラジル人が作ったものだなと思った。

少なくとも日本人であればソースかマヨネーズくらいは

用意するはずだから。

お好み焼き以外だと海老のかき揚げとかは

まあまあ美味しそうだったかな。

IMG_20160306_131845

リベルダージには日本食材を取り扱うスーパーがいくつもあって

その豊富な食材に驚いたとともに、

むしろこれだけ食材が揃っていてどうすれば

まずい日本食が作れるのか不思議に思った。

IMG_20160306_130617 IMG_20160306_130237

プチ日本庭園みたいなところで

日本食ではなく普通の牛串焼きを食べたけど

そっちの方がお好み焼きよりも数倍美味しかった。

リベルダージから北へ少し足を運んでみると

かなり大きい大聖堂があってそこはまあ良かったんだけども

IMG_20160306_133137IMG_20160306_132948IMG_20160306_132839IMG_20160306_132521

そのエリアは今まで見たことないくらいホームレスが住んでいて

雰囲気がかなり悪かった。

IMG_20160306_133031

この広場の右端にいる集団はおそらくみんなホームレスだった。

小学生ほどの子供が普通にマリファナを吸っていたり。

南米一の経済大国であるブラジルの最大都市であるサンパウロでも

こういう光景があるとは思いもしなくて驚いた。

IMG_20160306_133428

そこからもう少し北へ行くと

高層ビルの並ぶオフィス街があったのだけども

日曜日ということもあってどこも閉まっており

ゴーストタウンと化していてここも雰囲気が悪く

危険な香りはがした。

ブラジルは南米の中でも治安の悪い方だし

サンパウロなんて犯罪の数はかなり多いと思うので

こういったエリアやスラムなどは近づかないのがベター。


話は変わるけどもみなさん稲川素子事務所って知ってますか?

稲川素子事務所とは日本にある芸能プロダクションの一つで

主に外国人タレントが多く在籍していることで有名。

なぜいきなりこんな話をしだしたのかと言うと

サンパウロの宿でたまたま稲川素子事務所に所属している

タレントさんに会ったから。

キッチンで料理をしていると日本語で声を掛けられて

話してみると日本とブラジルのハーフで日本で仕事している人で、

たまたまサンパウロに帰省していたらしい。

アンビリーバブルなどの再現VTRとかによく出演している方で

モデルの加藤夏希とか芸人のワッキーやバイキングとかとも

共演していて完全にテレビの人で驚いた。

その人とまさかサンパウロのホステルで出会うとは。

ホント不思議な縁だなと。

その人もまさかこんな場所で日本人に会えるとは

思ってもいなかったらしく色々とその人の出演ビデオを見せてくれたり、

なかなか面白い一時だった。

サンパウロに関してサッカー以外にほとんど印象はないけども

稲川素子事務所のタレントという

なかなか強烈な思い出が追加された。

いや〜面白かった。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。