サンパウロのグアルーリョス空港からサンパウロ市内への行き方とサンパウロからフォスドイグアスへのバス移動について

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル→パラグアイ→アルゼンチン→ウルグアイ→アルゼンチン

どうも、ひでです。

この記事はブラジルのフォスドイグアスにて書いています。


南米一の大国ブラジルにも関わらず滞在したのはマナウスと

サンパウロとフォスドイグアスの3か所のみ。

時間がなさすぎてこんな急ぎ足での移動になってしまったけど

時間があればもう少しゆっくりまわりたかったかな。

まあブラジルビザは3年間有効だから

有効な内に行ければいいとは思うけどさすがにしばらくは難しそう。

そんな1週間もいなかったブラジルだけども、

その中でも少しは役立ちそうな情報でも書いていこうかなと。

今回はサンパウロのグアルーリョス空港からサンパウロ市内への行き方と

サンパウロからフォスドイグアスまでのバス移動について。


サンパウロのグアルーリョス空港からサンパウロ市内へ安く行く方法

サンパウロにはグアルーリョスにあるグアルーリョス空港と

サンパウロ郊外にあるコンゴーニャス空港の2つの空港があって

サンパウロ市内に近いコンゴーニャス空港の方であれば

まだ移動は楽だけども

グアルーリョス空港の方からだと

サンパウロ市内への移動は若干時間がかかる。

ちなみにグアルーリョスの方の空港コードはGRUで

コンゴーニャスの方はCGH。

今回自分はグアルーリョス空港を利用。

グアルーリョス空港からはサンパウロ市内への

エアポートシャトルバスがあるけども40〜50レアルして地味に高い。

自分みたいに節約したいのであれば空港からローカルバスで

まずはTatuapeという場所まで向かって

そこからメトロに乗ってサンパウロ市内を目指す

というのが安くて良いのかなと。

この場合バスは5.55レアルとメトロが3.8レアルで

合計しても10レアル、300円以内に抑えることができる。

サンパウロのメトロはメトロ内であればどの区間まででも

一律で3.8レアル。

電子カードも売ってはいるけども購入にいくらかお金がかかるので

1週間以内の短期旅行であれば紙のチケットで問題ないと思う。

もちろんシャトルバスの方が早いけども、バス+メトロでいっても

1時間ほどでサンパウロ市内に到着することが出来る。

サンパウロからフォスドイグアスまでのバス移動

まずブラジル国内でのバスの検索をするにはBusca Onibus

というサイトが断然便利。 

このサイトから直接チケットの購入は出来ないけども

バス会社のリンクへとんで

そこからオンラインで購入することは可能。

自分はサンパウロからフォスドイグアス行きのバスチケットを

購入しようとしたけども、

なぜかカードがはじかれて購入できなかったので

結局サンパウロのBarra Fundaのバスターミナルで直接購入。

前日に前もって購入したけども、

当日の購入でもなんとか問題はなさそうだった。

サンパウロからフォスドイグアスへは

PlumaとKaiowaの2つのバス会社が運行していて1日合計8便でている。

image

フォスドイグアまでは最短でも15時間かかるのでどの便にしても

バスで一夜を過ごすことになる。

一番安くて198レアル、約6000円となかなかのお値段。

自分は最安のバスにしたけどもそれでもリクライニング十分で

トイレ、WiFi付きだったのでかなり快適だった。

バスの乗り場であるサンパウロのBarra Fundaで

バスが1時間遅れで来て結局17時間半もかかってしまった。

これだけ長時間のバス移動はこの旅史上最長。


とまあ敢えてここで書かなくても良いくらい簡単なことでは

あるけども念のために。

ブラジルの特にサンパウロやリオデジャネイロは交通網が

かなり発達しているので移動はかなり楽ではある。

その分少し移動費を含めた物価は高くなるけれども。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。