温泉大国ウルグアイの温泉プールでビキニ熟女に囲まれて

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル→パラグアイ→アルゼンチン→ウルグアイ→アルゼンチン

どうも、ひでです。

この記事はウルグアイのダイマンという場所にて書いています。


ゆっくりできたパラグアイの日本人移住地ラコルメナを後にして

次に向かうのはウルグアイ。

間にアルゼンチンを挟むこともあって地味に長い移動に。

まずはラコルメナから1時間かけてビジャリカへと戻って

そこからパラグアイ南部の街エンカルナシオン行きのバスに乗る。

ビジャリカには6時くらいに着いたのだけども、

エンカルナシオン行きのバスの発車時間は9時と

地味に待たないといけない。

無事乗れたわ良いけどもエンカルナシオンまでの道のりが

なかなか遠くて、なんだかんだ6時間半もかかってしまった。

エンカルナシオンからアルゼンチンのポサダスまでは

ローカルバスがあるのでそれに乗って国境まで向かうけれども、

南米の国境をまたぐバスは国境で停まってくれないことが多く、

このバスもそうで素通りされそうになるのをなんとか下車して

両国のスタンプを貰って一安心。

ポサダスのバスターミナルはなかなか大きくてWi-Fiも飛んでるし

近くに大型スーパーもあってかなり便利。

そこでかなりの時間待つことになったけども、

ポサダスからConcordiaコンコルディアという街へ向かう

21:45発の夜行バスになんとか乗車。

7時間ほどの道のりで500アルゼンチンペソ、3800円ほどと

ブラジルと同じくバスの値段が高いアルゼンチンやけども

この時は南米で初めて軽食とジュースを貰えたり。

IMG_20160311_215237IMG_20160311_221644

早朝5時過ぎにコンコルディアのバスターミナルに着いて

次はウルグアイ行きのバスへ乗り換え。

これがローカルバスはなくて観光バスしかなく、

本数も少なくて5時間ほど待つことに。

ウルグアイの国境の街サルトに着いてそこからはローカルバスで

目的地のダイマンへ移動。

そしてダイマンに到着したのがお昼過ぎ。

距離的に1日ぐらいあれば着けるかなと思ってたけども

なんだかんだ1日半もかかってしまった。

ほんとこの時は効率の悪い移動ばっかりしてるなと少し反省。


ウルグアイはあまり知られていないけども温泉で有名な国。

ウルグアイ北部は温泉天国で何カ所か有名な場所があって

今回自分が訪れたダイマンもそのうちのひとつ。

引用元:メルコスール観光サイト
引用元:メルコスール観光サイト

久しぶりにキャンプ場でテント泊の準備をしたあとは

ダイマンにある公営の温泉へ向かうことに。

温泉と言ってもウルグアイの場合温泉プールとかがほとんどらしく

ダイマンも温泉プールしかなかった。

まあ入場料が150ウルグアイペソと500円ちょっとで

朝から夜の22時まで一日中出入り自由なので

まあまあお得なのかなとは思う。

温泉プールなのでもちろん水着は着用。

むしろ温泉とかで水着を着用しないのは日本ぐらいじゃないかな。

人見知りで知られる日本人なのにそのあたりは大胆で

海外に出てみるといまいちよく分からなくなる。

まあドイツには混浴でしかも全裸サウナもあったりするみたいだけどね。

今回行った場所はプールが敷地内に何カ所かあって

家族連れや高齢のカップルがほとんどで

皆が思い思いの時間を過ごしている。

IMG_20160312_162415IMG_20160312_170242IMG_20160312_170251

プールで写真撮りまくると完全に変態なので写真は少なめ。

温泉の温度は若干低く40度前後くらいで

のぼせずに長時間入れるよう配慮しているのかな。

ただこの時のウルグアイは少し肌寒くて温泉から出ると少し寒かった。

温泉プールにいるのは先ほども言ったように

家族連れや高齢者ばかりであまり若い女性は少ない。

もちろん少なからず期待はしていたのでね。

たまにびっくりするような美女も普通にいたりするけども

あたりを見渡して目に入ってくるのはおばさんの嵐。

こっちの人って歳をとっていようが太っていようが関係なしに

ビキニを普通にきているのでそれはそれで面白い。

日本だと高齢者や太った人は肌の露出を抑えないといけない

みたいな風潮が少なからずあるやないですか。

自分の着たいものを着れば良いのになと自分は思うけどね。

日本って周りからの視線が結構厳しいですからね。

仮に自分が熟女好きであればこの状況は天国やろうけども

自分は高くても30代までが守備範囲なので

さすがに50代や60代のビキニを見ても全くもってなんとも思わない。

敷地内にはWi-Fiも飛んでいたりするので、

温泉に飽きたらネットしたり読書したりできるので

この温泉プールは結構時間潰すのに良いかもしれない。

IMG_20160312_203625

自分も16時前に入ってなんだかんだ21時くらいまでいたからね。

想像していた温泉とは違ったけれども、

これはこれでなかなか楽しかった。

まあお一人様で来るような場所ではないのは確かだけども。

この旅で間違いなくメンタルが強くなった気がします。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。