ランチのクオリティがかなり高いボリビアの首都ラパス

LINEで送る
Pocket

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→香港→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド→UAE→イラン→UAE→タンザニア→ルワンダ→ブルンジ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ジンバブエ→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→レソト→トルコ→ブルガリア→マケドニア→セルビア→コソボ→セルビア→ハンガリー→スロバキア→ポーランド→チェコ→ドイツ→スペイン→イギリス→デンマーク→ドイツ→オランダ→ベルギー→ルクセンブルク→ドイツ→キューバ→メキシコ→ベリーズ→グアテマラ→エルサルバドル→ホンジュラス→ニカラグア→コスタリカ→パナマ→コロンビア→ベネズエラ→ブラジル→パラグアイ→アルゼンチン→ウルグアイ→アルゼンチン→ボリビア

どうも、ひでです。

この記事はボリビアの首都ラパスにて書いています。


ウユニから夜行バスに乗って到着したラパス。

ボリビアのバスはしょぼいかなとたかをくくっていたけども

予想に反してなかなか快適なバスで、

しかも10時間の道のりで80ボリビアーノと結構お得。

ただ20時発でそこから10時間ほどと聞いていたのに

なぜか2時間も早く着いてしまい、

早朝4時ごろラパスのバスターミナルで夜が明けるのを待つことに。

このバスターミナルがかなりの曲者で

いち首都のバスターミナルにもかかわらず

半屋外みたいな建物で中がかなり寒い。

そんな中3時間ほど待機するのはなかなかつらかった。


ラパスにはアメリカビザとワイナポトシに登るために

滞在しているわけだけども、アメリカビザに苦戦していて

当初の予定より長く時間がかかりそう。

まあとりあえず新しい街に来たということで街の散策に。

ラパスを訪れた時がたまたまセマナサンタという

よく分からないけどもキリスト教の祭りごとか何かで

ラパスのメインストリートでは警察やら民間も混じった

パレードみたいなものをしていたり。

IMG_20160322_160920_HDRIMG_20160322_163343

まあラパスの街自体はそこまで特別ではないかなと。

ただすり鉢状の街並みが織りなす夜景はかなり綺麗だけども。

今回書きたいのはラパスのそんなことではなくて

ラパスの食事について。

あまりボリビアの料理には期待していなかったというか

あまり知らないまま来たわけだけどもあまりのクオリティの高さ、

コストパフォーマンスの良さに驚いた。

特にラパスではランチのコスパがめちゃくちゃ良い。

泊まっているIntiWasi Backpackerから徒歩で5分ちょっとの

イリャンプ通り付近にはめちゃくちゃ安くて美味しい

ローカル食堂がいくつもある。

特にランチは色んな食堂で格安で食べられるのでおすすめ。

どこもスープにメインとたまにジュースとかサラダ食べ放題がついて

10〜13ボリビアーノとか。日本円にすると200円前後。

文字より写真で見せた方が早いので写真を先に。

IMG_20160322_124314_HDRIMG_20160323_134106IMG_20160324_203617

基本的にどの食堂もランチのメインを2、3個も中から選ぶパターンで

ミラネサと呼ばれるカツだったり、牛や鶏の煮込みなど

どれを食べてもハズレはないかなと。

日本でこのくらいのものを食べようと思うと

1000円くらい普通にしそうなのに

それがこの値段で食べられるとかかなりコスパが良い。


ラパスには日本食レストランであるけんちゃんとかも

あるみたいだけど、まあ若干高いし、

何よりボリビアのローカルレストランで十分に美味しいから

わざわざ行かなかった。

あとラパスの宿の中でまあまあ有名なHotel Miltonの前に

美味しい唐揚げ屋さんがあると聞いて行ってみたけども、

やはり噂に違わぬクオリティだった。

IMG_20160322_201326

このプレートで23ボリビアーノと他のレストランと比べると

若干高いけども

1つ1つの唐揚げがめちゃくちゃでかくボリューム満点で、

カップルとかであれば2人で1プレートとかでも全然足りると思う。

ちなみにここは平日の夜8時以降のみあいてるみたい。

ボリビアに来る前はそこまで期待してなかった食事だけども

来てみると毎食どこで食べるかが楽しみなほどどこも美味しかった。

ボリビアでは食巡りをしてみるのもおすすめです。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。