中国広州での住まい・シェアハウス探しにおすすめのサイト

LINEで送る
Pocket

どうも、ひでです。

5月7日から中国の広州へと仕事の為引っ越してきました。

ここ最近は海外での生活が多くなってきて引っ越しといえども

国をまたいでの移動が多くなってきています。

新卒の会社で香港に住んだ後は、ワーホリでオーストラリアに

その後は1年1ヶ月の世界一周といった感じで。

これだけいろんな場所を転々としていると、

している本人はそこまで何も思わないけども

両親や祖父母にいろんな心配をかけてしまっているなと

今回の広州へ出発する時にひしひしと感じました。

自分の両親は60歳になるちょっと手前でまだまだ元気ではあるけども

4人の祖父母は90歳をこえていたりして

かなり老いを感じるようになってきて

最近自分は半年か1年に一度程度しか顔をみせることが

出来ていないので、

また会えるのかも分からない悲しみに駆られることが多いです。

両親との別れだとまあまたいつでも会えるでしょと

楽観しているからかそこまで悲しくはないけども、

祖父母との別れはそういうわけにもいかないので別れ際に

涙腺が揺さぶられてしょうがないです。

それでも海外で働きたいという気持ちに変わりはないのだけども。

日本での1ヶ月の充電期間を経てついに広州へ越してきたわけですが

広州では格安のワンルームに住むことにしました。

広州での仕事は駐在員ではなくて現地採用なので

それほど待遇面は良くなくて駐在員みたいに高級住宅を

会社が用意してくれるわけではありませんので。

ということで今回は自分が広州で住まい、シェアハウスを探す際に

利用したウェブサイトをいくつか紹介していこうかなと思います。


日系不動産会社から探す

日本人が広州で住まいを探す時に一番無難で簡単なのが

日系不動産会社を使って探すという方法。

広州に限らず上海や北京など中国の主要都市にはいくつか

日系不動産会社が存在していることと思います。

広州における主な日系不動産会社は以下の通りです。

ベターハウス image アパマンショップ

image

スターツ

image

 

ざっとこんな感じでしょうか。

日系不動産ということもあって格安物件は少なく

中級〜高級物件が比較的多く、

他の方法で探すよりも割高になると思います。

自分は今回の家賃の予算が3000元前後ということもあって

いくつかの日系不動産会社で探してみましたが、

安くても4000元前後でその値段だと狭い1ルームしかなかったので

予算の都合上日系不動産で探すのは諦めました。

トラブルの多い中国系会社とは違って日系なので不安は少ないかなと。

予算に比較的余裕がある方は日系不動産会社で探したら良いかと思います。

中国系サイトで探す

次は日系ではなくて中国系の住宅サイトで探すという方法。

この方法は3つの中で一番難易度が高いけれど断トツで安い物件が多い。

中国系不動産会社ではなくて、

個人や不動産会社がサイトに物件情報を掲載している。

主な中国系の住まい探しのウェブサイトは以下の通り。

58同城

image赶集网

image

广州租房网

image

中国系のサイトで探す際に一番のネックとなるのは中国語。

上にあげたサイトは中国語しかないのでやり取りも含めて

中国語が出来ないと話にならないかと。

自分は中国語がほとんど話せないのである程度話せるようになったら

これらのサイトを使おうかなと思ってはいる。

ここにはマンションからシェアハウスなど

色々な種類を物件が掲載されている。

日系不動産会社と比べるとかなり家賃も安いので

値段だけみればかなり魅力的。

ただ中国に住む際には臨時居住証を公安に行って

取得しないといけないのだけども中国系のオーナーだと

臨時居住証の取得を手伝ってくれるかまでは不明。

そういうこともあって会社の人からは

中国系のサイトでは探さない方が良いよと言われた。

物件によっては管理がずさんなところもあり得るので

この方法は一番トラブルは多いかもしれないので注意は必要。

シェアハウスを探す

今回自分が広州で家を探す際に利用したのがGuangzhou Classified

image

このサイトは主に広州に住んでいる外国人向けの生活サイトで

住まいだけではなくて物の売買や情報交換なども行われていて

広州に来たばかりの人にとってはかなり役立つサイトかと。

中国語のできない人が広州でシェアハウスを探すことができるのは

このGuangzhou Classifiedくらい。

シェアハウスの掲載件数自体はそこまで多くはないため

競争率が少し高くなってしまうけれども

値段はお手頃で安くて2000元、高くても4000元とか。

シェアハウスだけではなくて通常の賃貸マンション物件も

掲載していて、数自体はシェアハウスよりも断然多い。

気になる物件があればオーナーにすぐ連絡を取るべきかと。

その際wechatでやり取りするのがベター。

Guangzhou Classified自体にメッセージ機能はあるけども

届いていないのかほとんど返信が来なかったので。

Guangzhou Classifiedに物件ごとに何枚か写真を載せているけども

4枚ほどしかないので詳細を知りたい場合は

wechatでやり取りした方が早い。

シェアメイトは自分が探した感じでは中国人と外国人が半々の割合。

中国語を勉強したければ中国人と生活した方が良いし、

英語とか他の言語を話したいのであれば

外国人を一緒に住めば良いかなと。


広州で住まいを探す方法はざっとこんな感じかなと。

この記事はあくまで駐在員以外の自分のような現地採用や

留学生向けではありますが、

広州で新たな生活を始める方の役に少しでも立てばなと思っています。

まだまだ広州には住み始めたばかりで右も左もわからないけども

これから少しずつ広州情報をブログで書いていこうかなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。