もはや侮れない中国で急速に拡大展開するメイソウ

LINEで送る
Pocket


どうも、ひでです。

5月も下旬ということで5月初旬にスタートした広州での

生活環境もほぼ整い、生活自体徐々に慣れつつあります。

中国のアパート、マンションでは家具や電化製品が

元から付いているのが標準的で、

そういった意味では新生活でそこまでお金がかからないので

世界一周から帰ってきてほとんどお金がない自分にとってはありがたい。

住居に関してもマンションの敷金として2ヶ月分は取られるけども

まあ掛かるお金はそれくらいで家具とか付いてるのでまあ良しとします。

契約年数が1年なのだけども契約満了時にその敷金が

ちゃんと帰ってくるのか若干不安ではありますが。

日本ですら敷金で揉めることとかよくあるのに

中国となるとさらに揉めたりしそうな気がしなくもないけども。


今回書きたいのはそんなことではなくて

今中国で流行りに流行っている小売店であるメイソウについて。

image image

メイソウ(名創優品もしくはMINISO)は中国だけでなく

世界中に展開している生活雑貨のブランドで

中国をメインに数百店舗も展開しているらしく

毎月数十店舗にペースで出店しているのだとか。

一応そうウェブサイトにはかいてあるけども実際のところは

どうなのやら。

2年前中国の深圳に住んでいた時はちょうど

国内展開し始めたあたりでさほど有名ではなかったけども

今では広州市内の色んな場所でメイソウを見かけるように。

日本ではあまり馴染みのないメイソウだけども、

実はこのメイソウ日本の会社なんです。

日本では東京に4店舗あって、

なんとこのメイソウの創設者でありチーフデザイナーは日本人。

製品自体は中国で作られているのがほとんどだけども

本社は東京の銀座になってます。

image

面白いのがこのメイソウのロゴはユニクロを模倣したようなロゴで

商品は無印良品にありそうなものが多く、

名前は若干ダイソーのパクリっぽくて

ユニクロ×無印良品×ダイソー=メイソウという

もうハイブリッドっぷりもいいとこです。

いや〜ここまでパクるともう潔すぎて気持ち良いと思うの

自分だけでしょうか。

image image image

ただ侮るなかれメイソウの商品は値段がかなり安い上に

クオリティもなかなかで全然通えてしまうレベルです。

ついこの前初めてメイソウで買い物をして

お茶ポットや化粧水、ドライマンゴーに芳香剤を買ったのだけども

これだけ買ってしめて800円程度。

imageimage image

ちなみにこの化粧水の入れ物とか完全に無印良品の化粧水と

一緒ですからね(笑)

ドライマンゴーはひとつ160円程度と安い上になかなか美味しくて

ついつい止まらなくて一気に食べきってしまったくらい。

それにスマホ関連の商品とかなかなかいい感じでしたし、

ワイヤレスキーボードとかも普通に使えそうなものが

1000円以下とかであったので

かなりコストパフォーマンスも良いんじゃないかなと思ってます。

もはや中国製だからといって馬鹿にできない品揃えとクオリティかなと。

この値段設定とクオリティであれば日本でも

全然勝負出来そうな気もしなくないです。

一応日本本社の会社なのでディーン藤岡さんみたいに

逆輸入のパターンで勝負してみるのはどうかと思ったり。

これから色んなメイソウの商品を試していこうかなと思っています。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。