便利すぎるよアリペイさん

LINEで送る
Pocket

どうも、ひでです。

中国では有名な話ですが共産党によるグレートファイヤーウォール

のおかげで、FacebookやGoogleなどの欧米産のスマホアプリは

基本的に利用することができません。

まあ無料だったり有料のVPNを使えばそれらのサービスを

利用することは出来るけども、

毎回VPNに接続しないといけないのは少しばかり面倒。

中国ではそれらのサービスが使えないので

中国独自のサービスが発展しています。

Googleの代わりに百度(baidu)、

LINEやWhatsappの代わりに微信(wechat)、

YouTubeの代わりにyoukuなどが有名かなと。

まあどれも本家と遜色ないほどの使い勝手ではあります。


そんな中で今回紹介したいのはアリペイ(支付宝)というアプリで

日本風に言えばお財布アプリ的な存在になるんですかね。

image

まあこのアプリはお財布アプリを凌駕する充実したサービスではありますが。

日本にいるほとんどの人はこのアリペイという存在は

知らないと思いますが、

中国在住の方であれば皆が使ってはいなくてもほぼ全員

その存在自体は知っていることと思います。

アリペイを知らない人はよほど周りを気にせず日常生活を

送っている人じゃないかなと思います。

それほどアリペイは中国では有名なアプリです。

アリペイと同じようなアプリでwechat payというのもあって

この2つが中国の支払いアプリでは2大巨頭となっています。

自分はwechat payではなくアリペイを使っているのでここでは

アリペイの話を進めようと思います。

アリペイはIDやパスポートなどの個人情報を登録してそのあと

自分の中国の銀行口座を登録することで

好きな時にアリペイに入金したり、

銀行口座へ送金したりすることが出来ます。

もちろんその入出金の手数料は無料です。

そうやってアプリに入金したお金でレストランなどの支払いに

使うことが出来ますよっていうアプリ。

だいたいのチェーン店であればアリペイもしくはwechat payに

対応していて、店のQRコードをスキャンして購入金額を入力するか

もしくは反対に店のバーコードスキャンで自分のQRコードを

スキャンしてもらうだけで支払いは完了。

イメージとしてはスマホ版のデビットカードみたいな感じかなと。

アリペイは店によっては現金で支払う場合よりも約5%引きとかも

あったりするので地味にお得でもあります。

アリペイがどうやってマネタイズしているのかはよく分かりませんが

このシステムはホント素晴らしいと思います。

単なる支払いだけではなくて友人間の送金も同じように

スキャンするだけで一瞬で送金完了することができるので

1人がアリペイや現金で全額支払いした後に割り勘分をその友人に

送金ことだって可能で、

実際これは中国人の人たちはよくやってるみたいです。

アリペイやwechat payがあまりに普及したために

中国では現金を持たずにスマホひとつで

食事へ行くということも最近では普通になりつつあるとか。


ここまでアリペイでの支払いについて説明してきましたが

アリペイはお財布アプリ的な存在にとどまらず

色んなサービスを利用することが出来ます。

Screenshot_2016-06-30-22-25-53_com.eg.android.AlipayGphoneScreenshot_2016-06-30-22-25-57_com.eg.android.AlipayGphone

ここではアリペイで利用できるサービスについて書いていきます。

資産運用

アリペイに入金したお金を使ってアリペイ内で

ファンドや金融商品に投資することで資産運用も出来たりします。

写真

アリペイのせいで銀行からお金は引き上げられるし、

おまけに資産運用までされたりして銀行は困っていることと思います。

最近ではアリペイの存在は強くなりすぎて

銀行を脅かすほどの存在となりつつありますね。

公共料金の支払い

Screenshot_2016-06-30-22-26-53_com.eg.android.AlipayGphone

アリペイを使って、電気代・ガス代・水道代や携帯料金の支払いまで

行うことが出来ます。

日本でも銀行口座から自動引き落としとかはあるけども

アリペイでそれらが出来るのはなかなか便利だろうなと思いますね。

飛行機やタクシー、映画などのチケット予約

Screenshot_2016-06-30-22-27-13_com.eg.android.AlipayGphoneScreenshot_2016-06-30-22-27-32_com.eg.android.AlipayGphone

これも地味に便利でアリペイ上で飛行機や電車のチケット予約が

出来てしまいます。

まあ結局チケット受け取りのためのカウンターに

並ばないといけないわけですが。

映画予約とかができるのはなかなかいいなと思いましたね。

中国で映画見ることとかほぼないだろうけども。

テイクアウト、フード配達の注文

Screenshot_2016-06-30-22-26-24_com.eg.android.AlipayGphone

これは今中国でかなり有名でアツいサービス。

中国でテイクアウトは外卖と呼ばれてます。

テイクアウトのサービスに関してはアリペイ上に限らず

何社か行っていますが、かなり利用者が多い印象ですね。

ランチやらディナーの時間にはバイクドライバーは大忙し。

レストランの前には配達用のバイクがたくさん並んでいる光景も

すでに見慣れてしまいましたね。

自分の会社の同僚でも昼や夜など時間がないときに

よく配達してもらっていますしね。

少しばかり配達費がかかるか、もしくはいくら以上頼めば

配達費無料なのかよく分かりませんが、

店までいかなくてもご飯を食べられるのは良いですよね。

比較的価格の安いレストランはほとんどのところで

このテイクアウトサービスを導入していますね。

以前友達の家に行った時初めて利用して

その時はだいたい20分くらいで届きましたね。

日本で配達を行っている業界ってビザくらいしか

思い当たらないですし、全然普及してませんね。

まあ人件費の問題が大きいとは思いますが。

タクシー配車サービス

Screenshot_2016-06-30-22-27-52_com.eg.android.AlipayGphone

これはいわば中国版のUBERやLiftみたいなものですかね。

アリペイで利用できるのは滴滴出行というサービスで

まだ利用したことはないのでなんとも言い難いですが

配車サービスは中国では比較的進んでいて

自分の友達や取引先のお客さんとかでも利用している人は結構いますね。

中国ではタクシー自体かなり安く数も多いので使いため

配車サービスの普及もかなりはやかったように思います。

最近Appleがこの会社に10億ドル出資したのも記憶に新しいです。


もはや総合プラットフォームとかしているアリペイ。

このアリペイさえダウンロードしておけば

中国での生活上必要となるサービスはほとんど網羅されてますし、

これがあるだけでかなり便利になるかと思います。

もちろん無いなら無いで全然生きてはいけますけどね。

かくいう自分も今の段階で使っているのは支払いサービスのみですが。

まあタクシーのサービスとかは使う機会あるかとは思いますが。

お財布アプリに関して中国は断然日本よりも進んでいるかなと

まだ2ヶ月住んだだけですが感じてはいます。

日本はカード払いが多い欧米とは違って

今なお現金主義が色濃く残っていますし

スマホでの支払いに抵抗があるのではないかなと思ってます。

もう少し普及には時間がかかりそうかなと。

アリペイとか使ってると個人情報抜き取られてるんじゃないのと

お思いの方、まあ何かしらの情報は抜かれてるでしょうね。

中国に住んでいる以上そのあたりはある程度割り切らないと

いけないかなと思いますね。

まあ今回言いたいのはアリペイやばいくらい便利ですよっていう話でした。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。