広州在住の自分が今訪れたい中国の観光地Part1

LINEで送る
Pocket

どうも、ひでです。

旅に出たくて出たくてしょうがない今日この頃です。

広州に来てから大型連休はまだ経験してないので

これまで広州から行ったことあるのは東莞や深圳、香港くらい。

10月頭の国慶節には日本に帰るけども、

2月の旧正月は日本に帰らずに2週間ほど

中国国内を旅しようかなと今から目論んでいます。

もちろん中秋節の3連休はどっか出かけようと思ってますが。

自分の旅に対するテンションをあげるためにも

今回は今自分が訪れてみたい中国の観光地について

書いてみようかなと思います。

全部を一気に書くと少し長くなりそうなので

パート1とパート2に分けて書いていこうかなと思ってます。

すでに四川省の重慶と成都、九寨溝、東チベットは訪れているので、

それらは除きます。


新疆ウイグル自治区

今自分が一番行きたい場所なのが新疆ウイグル自治区。

中国でありながら漢族だけではなく、

ウイグル族や他にも色々な民族が住んでおり

イスラム教徒が多く住んでいる新疆。

世界一周時にも新疆には行ってみたかったけども

それよりも東チベットに行きたかったのと、

中国で一番内陸にある場所だけあって

陸路では少しばかり時間がかかるとのことで

当時は行くのを断念した経緯がある。

なので中国にいるうちに新疆は訪れたいなと思ってはいる。

新疆はイスラム教徒が多く以前は何度かテロもあって

少し危険だと思われているけども

今であれば個人的には大丈夫なんじゃないかなと思っている。

最近ではそういった事件は新疆では聞かないしね。

ただこれは中国政府が実際の事件を報道せずに

隠ぺいしている可能性もなきにしもあらずなので

鵜呑みにはできないけどね。

ちなみに外務省の安全ページを見てみると

警戒レベル1だったのでまあそんなに危ないというわけではないみたい。

image image

新疆はあまり知られてはいないけども実は絶景の宝庫で

火焰山というこんなカラフルな山々が見られたり、

imageimageimage

タクラマカン砂漠という砂漠もあったり

image

imageimage

砂漠に雪が積もっていたり木が生えていたりと

全然砂漠のイメージとは違うけどこれはかなり見てみたい。

その他にも色々な景色を見られるらしい。

ウルムチとかカシュガルはかなりの都会とは聞いているけど

郊外へ行くと色んな景色を見ることが出来るみたいなので

ローカルな場所を攻めたいなと思っている。

あと新疆で楽しみにしているのは新疆料理。

広州で美味しい新疆料理レストランに行って初めて

新疆料理について知ったのだけども

新疆料理はイスラム色が強く一般的な中国料理とは全然違う。

もちろん豚肉は食べないけどもそのかわりに食べた

羊肉の串焼きがべらぼうに美味しかった。

トルコやイランなどの中東を思い出させる料理で

今では新疆料理が大好きに。

新疆に行ったら景色も料理も両方楽しんでやろうと思ってます。

桂林

桂林は広州からも比較的近く、今回の中秋節で訪れる予定の場所。

imageimage

この写真を見て貰ってもわかるように桂林の景色は

水墨画の世界と良く評されていて

自分も一度はこれを見に行かないとなと思っている。

あとは桂林からバスで2時間ほどの郊外には龍脊棚田という

美しい棚田も見られるとか。

imageimage

写真 桂林よりもこっちの棚田の方が断然行きたい!

このあたりは中秋節後にまたブログに書こうかなと思います。

広州から高鉄で3時間弱で行くことが出来てアクセスも良く、

片道137元、2000円ちょっと。

中国でもかなり有名な観光地だと思うので

中秋節とかだとかなりの数の中国人観光客に溢れるだろうけど、

まあそういう休みが取れる時期にしか自分も行くことが出来ないから

しょうがないかなとは思う。

実際鉄道のチケットはすぐ売り切れていて自分の希望の時間帯の

鉄道チケットを購入する事が出来なかったので

中国での連休にどこか観光しようと考えている人は

2,3ヶ月前から予約しておいた方が良いくらいかもしれない。

少数民族巡り

少数民族とか別に地名でもなんでもないけども

中国にはあれだけの広大な土地があるので民族も多種多様。

有名どころで言うとウイグル族やチベット族など。

自分は結構民族とか好きなので中国でも民族めぐりとかしてみたい。

ああアフリカでプチ民族巡りをしたのが懐かしい。

アフリカのナミビアで出会った世界一美しいと呼ばれる

ヒンバ族の記事を貼っておきます。

世界一美しい、否世界一かっこいい民族ヒンバ族

あとはタイの首長族も貼っとこうかな。

首長族のカレンさんに会ってきた

中国だと南に位置する広西省や雲南省に少数民族が多く存在しているらしい。

自分はそこまで中国に少数民族がいるっていうイメージは無かったけども

広州からであれば広西省や雲南省は比較的近い場所にあるので

行けるうちに行ってみたいなとは思う。

中国55の少数民族一覧

image image

こう見てみるとほんとに色んな民族がいる事がわかる。

以前訪れた事のある東チベットのラルンガルゴンパという

チベット仏教の聖地的場所がチベット仏教の弾圧のためか何かで

最近中国政府によって破壊されつつあったりと

少数民族に対して中国政府の対応は酷い部分がありますし

漢民族文化の強制などでいつまで少数民族の文化が保たれるか

分からない部分もあるので早いうちに行こうかなとは思っている。


とりあえずパート1はこんな感じですかね。

中国は広すぎるので仕事しながらでは主要な観光地を

まわりきるのですらのは難しいとは思うけども、

出来る限りまわっていきたいとは思ってます。

それではパート2に続きます。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。