唖然とした中国EMSのずさんな管理体制。果たして無事日本には届くのか

LINEで送る
Pocket

どうも、ひでです。

広州も11月の終わりに近づき寒さを感じる日が増えてきました。
とは言っても半袖シャツとかでも全然大丈夫な日もあったりして
広州の天気は温度差が激しい。

screenshot_2016-11-03-23-41-21-106_com-miui-weather2

今回は中国から日本にモノを送った時の話でも。
自分が中国に住んでいるということで日本の友人から75ℓの圧力鍋を
送って欲しいと頼まれたので送ることに。

どうやら日本では規制か何かでそれだけ大きい圧力鍋は売っていないみたい。まあ簡単に言うと友達のパシリですよね。

圧力鍋は75ℓあるだけあってかなりでかい代物で送料込みで1200元ほど。
発送元から直接日本に送ってもらうことも可能だったけども
念のため中身を確認してから日本まで送りたかったので、
まずは広州市内の自分の家まで送ってもらうことに。

届いてみてびっくりしたのだけども想像以上に圧力鍋が大きくて
重さも20kg弱くらいある。
この大きさと重さだから業者から日本まで直送して貰えばよかったと軽く後悔したけども、まあ届いてしまったものはしょうがないので
ここから自分で国際便を使って日本に送ることに。

中国から日本へ送るには幾つか方法があって
有名どころでいうとDHLやFedEx、EMSや顺丰などを利用する方法があり、値段は高いけど速くて一番確実なのがDHLやFedExで
EMSと顺丰は値段もスピードもそこまで変わらない。
郵便局であればEMS以外にも航空便や船便、SAL便(エコノミー便)
なども利用することができる。

今回は友達からの要求納期が若干きつめだったので
EMSで送ってみることに。
郵便局とかはがっつり仕事の時間しか空いていないけども
EMS専門の出荷店であるEMS全球邮政特快专递という場所であれば
朝8時とかから夜遅くまでやってたりするのでそこを利用することに。
顺丰とかも比較的遅い時間までやっているはず。

自分の職場の近くにEMSのその店があって朝早くからやっているとのことで
普段は職場まで地下鉄に乗って行くところを20kg弱あるかなり大きい圧力鍋を持って
それをタクシーの荷台に乗っけてEMSの店まで向かうことに。
タクシーの荷台と言ってもトランクは完全には閉まらないほどの
荷物の大きさなのでトランクは開けたまま。
てっきり運転手に乗車拒否されるかと思ってたけども
1発目のタクシーで乗れてよかった。
(広州では場所が近かったり、方面が違うと乗車拒否されることはよくある)

そのEMSのお店には7:30ぐらいに着いてすでにオープンしてたのは
良かったのだけども、
その店で目にした光景がやばすぎてもうね唖然というかこれこそ中国だと久しぶりにテンション上がっちゃいましたね。
そんな驚愕の写真がこちら。

img_20161123_072251img_20161123_072253img_20161123_074134

もうねこれこそカオスというのだと思いました。
もう一度言います。これこそChaosですね。
朝の時間帯には着荷のトラックが何台か来ていて忙しい時間帯だったのは理解できるけどもそれにしてもこの有様はなかなか見れないもの。
日本の宅配業者の荷物管理もけっこうひどいという事は
ヤマト運輸で働いていた友達から聞いた事はあるけども
そんなん比にならないくらいのひどさ。
足の踏み場もないくらいの散乱した状態。

仮にも一応お客である自分が目の前にいるのにも関わらず、
荷物はポンポン放るわ、荷物とか書類を平気で土足で踏むわで
これはこれでなかなか新鮮な光景ではあったと思うけども、
これから荷物を送る立場の自分といては気が気じゃない。
この場所での雑な管理によって荷物が傷つかないか心配だし、
荷物が紛失せずに無事日本まで届くのかもかなり心配。

ちょっと大げさに言うと、
返ってこないのをわかっておきながらも戦場に息子を送り出す母親の気持ちみたいな感じ。
世界一周中にキューバから年賀状を送った時も確かこんな気持ちだったなとこの時思い出しました。
その年賀状は無事届いたか気になります?愚問ですねそれ。
3枚送って3枚とも未着のまま行方不明になられました。
まさかの未着率100%っていうね。

img_20161123_074124

仮にもこのお店の掲示板には6Sっていう看板ありますからね。
6S=整理、整頓、清掃、清潔、安全、しつけo作法みたいですが、
安全ってそもそもSついてないですけどね。
この散乱した荷物の状況の中からどうやって1つでもSさんを
見つけることができるのしょうかね。
たぶん6つのSとも荷物の山の奥の方に埋れてしまってるんじゃないですかね。

結局荷物の重さを測ってもらってみると17kgあって、
一番早い3〜4日で日本に届く便を利用したら運賃だけで合計1500元。
日本円で25000円弱とかして製品代よりも全然高い。
まあこればかりはものがものなのでしょうがないとはおもうけどね。

img_20161123_080845

果たしてこのものが無事日本まで届くのだろうか。
ものがかなりデカイから紛失のしようはないと思うけども
税関とかで止められないことを祈るしかないかなと。
あー友達の為にも無事着いて欲しい。
結果はどうなるのやら。
では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。