中国では女の子にお花をプレゼントするのは一般的みたいなのでクリスマスにあげてみた

 どうも、ひでです。

1月なのに全く寒くない涼しい広州よりお届けします。
11月12月は少しばかり寒くなる日もあったけども、
クリスマスから年明けにかけては日本の春のような気候でかなり過ごしやすい。
夏の広州は蒸し暑くて好きじゃないけども、
冬の広州は過ごしやすくてかなり好きです。
 
自分の中で海外に住む際にはその場所の気候というのは
かなり重要なポイントになるっていうのを最近気付きました。
個人的には年中基本暖かいところが良い。
そうなると東アジアあたりしかないのかなと思う。
日本の四季があるのはものすごく良いのだけども、
日本の冬でも寒くて困ってしまうくらい結構自分は寒がりなので。
去年冬のヨーロッパを2か月ほど旅行したけどもあまりの寒さにギブアップしましたもん。

もう2017年の1月中旬になってしまいましたが、
今回は少し前のクリスマスの時の話でも。
 
突然ですが、日本男児の皆さんは女性に花をプレゼントしたことがありますか?
おそらく半数以上いや70%以上の人が花束童貞なんではないかなと思います。
もちろん小さい頃母の日にカーネーションをあげたとかいう
可愛いエピソードは除いてですよ。
そういう自分ももちろんそうでした。
今回のクリスマスを迎えるまでは。
ちなみに中国では男性から女性へ花をプレゼントするのは結構一般的みたく
花屋も結構な数を見かけるし、路上での花販売とかもよくしていて
花をあげる、買う文化というのが結構根付いている感じです。
 
広州に来て8ヶ月ちょっと。
ぼちぼち長い期間いるのでそりゃあ良い感じの女の子は1人くらいいます。
まあ良い感じ止まりでまだまだ彼女でもなんでもありませんが。
広州で迎える初めてのクリスマスを1人で迎えるのも嫌だなと思い
その子を誘ってクリスマスディナーにでも行くことに。
ちなみに中国ではクリスマスはカップルにとって、というより世間全般的に
日本ほど重要なイベントでもないみたいです。
街の至る所でクリスマスツリーは見つけるけども、身内で祝うとかいう習慣はないみたい。
 
24日は飲み会があったので、25日に誘ってみたところ
特に予定もないとのことで、一応自分の誘いを快諾してくれました。
クリスマスなので中国の食べログ的な点评Dianpingというアプリで
まあまあ良い感じのイタリアンを予約しときました。
まあご飯自体はそこまで美味しくなかったですが。
 
決して狙ったわけではありませんが、そのイタリアンレストランは
なんと花屋が併設されていて気軽にお花を購入することが出来ます
もう一度言いますが決して狙ったわけではありません。
 
花だけではあれなのでその日のお昼くらいにショッピングモールへ行って
適当なプレゼントを探しに行きましたが、女の子へのクリスマスプレゼントとか
ここ3年くらい買ってないので何を買えば良いのか分からず
結局ロクシタンでも買っておきました。
完全におきにいきましたね。
 
こんだけプレゼントを揃えておいてなんですが、
別に自分はこのクリスマスで彼女に告白したいとか
そういうつもりは毛頭ございません。
彼女は来年中には欧米に留学に行くらしく、既に1回フラれておりますので(笑)
あーつらいつらい。
 
彼女は待ち合わせ時間に少し遅れるとの事で、
自分は早めに店に行ってどういう花をプレゼントするか店員に聞いたりして
我ながら入念な準備。
花は食後にスタッフさんに持ってきてもらうよう依頼済み。
そこまで美味しくないご飯に舌鼓をうちながら
楽しい時間はあっという間にすぎていき、そろそろ閉店の時間に。
 
良いタイミングでスタッフさんが頼んでおいたお花を持ってきてくれて
ロクシタンの品物と一緒にプレゼント。
決してロマンチストでもなんでもありませんが、
花をプレゼントするのって思っていたほど悪くないですね。
彼女も驚いてくれて結構喜んでくれましたし。

日本だとお花をプレゼントするのはロマンチストすぎるとか、
プロポーズの時くらいしかあげないけれども
もう少しふらっと軽い気持ちであげられるプレゼントになっても良いのかなと
今回のクリスマスで思いましたね。
ということで2017年は花をスマートにプレゼント出来る男性になるという
目標にしようかなと心の奥底で思っています。
 
このあと何もなく2人分かれてそれぞれの家に帰りましたとさ。
あーさみし。
では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。