雲南省の昆明で中国に来て初めての旧正月を迎える

どうも、ひでです。

今は雲南省の大理付近にいるのですが、
寒すぎて凍えそうです。
まあなんとかなるだろうと厚手のジャケットを買わずに来たわけですが、完全に判断ミスです。
あー広州の温暖な気候が恋しい。

ということで旧正月は雲南省に来ています。
何気に中国で迎える初めての旧正月。
以前深圳にいた時の旧正月は日本に帰省していたので今回が初旧正月。
せっかくの長期休暇なので日本には帰省せずに中国国内を旅行しようと思い、今回行くことに決めたのが雲南省。

まずは広州から昆明までの移動。
昆明までは2016年末に高鉄が開通したらしいけども
フライトチケットを購入するときにはその事を知らなかったので
行きは飛行機で行くことに。
Ctripで一度買ったチケットが突如キャンセルされるという
プチトラブルはあったものの、なんとかチケットをゲット。
1/27の春節のハイシーズンだったので若干高めの850元、14000円ほど。
オフシーズンであれば300元ちょっとで行けるらしい。
ちなみに帰りは高鉄で8時間ほどかけて帰ります。
高鉄のチケットは450元ほどなのでオフシーズンであれば飛行機の方が安いので、わざわざ高鉄に乗る必要はないかと。

広州空港は春節だからかなり混んでいるかなと思ったけども
それほど混んでおらずスムーズに搭乗できて
ほぼ定刻通り昆明に到着。
宿に着いたのが21時ほどで年越しまであと3時間ほど。
宿で夕食を済ませ、レストランにいた人たちと会話をしていると
あっという間に11時50分ほどに。
中国の新年の瞬間は爆竹やら花火やらで大盛り上がりになるという事は事前に聞いていたので、年明けの瞬間は宿の外に出てどんなものか見に行くことに。

そして迎えた新年の瞬間。
特段カウントダウンの掛け声が聞こえてくることはなかったけども、街のそこら中から聞こえてくる爆竹や花火の音。
正確には年明けの前からフライングで爆竹の音は聞こえていたけども。
これまで爆竹とかの音はまともに聞いたことなかったから最初目の前で爆竹が炸裂する音を聞いたときはちょっとビビりました。
その時の動画はこちら。

 

周りの人が爆竹に火をつけるのを見るだけでは面白くないし、
せっかくなので自分も買ってやってみることに。
1セット3元とめちゃくちゃ安かったので、店のおっちゃんの助けを借りながら初爆竹体験してみました。

まああっという間だったけど自分の目の前で爆竹が鳴っていて
意外におもろかったですね。まあ感想はそれだけですが。

昆明で迎えた初旧正月は爆竹も経験できたしまあ良かったかなと思います。
一度経験すればまあ良いかなという気がしますが。
昆明の後は大理へと向かいます。
では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。