【空港ラウンジ体験記】広州白雲国際空港 China Eastern First Class Lounge

LINEで送る
Pocket

【空港ラウンジ体験記】広州白雲国際空港 China Eastern First Class Lounge

広州白雲国際空港国内線 China Eastern First Class Lounge 評価(最大星5つ)

項目 評価
時間 6:30-21:30
ドリンク・アルコール ★★☆☆☆
食事・スナック ★★☆☆☆
ロケーション ★★★★☆
WiFiの有無
WiFiのスピード ★★★☆☆
スタッフ ★★★★☆
設備 ★★★☆☆
シャワーの有無 ×
総合評価 ★★☆☆☆


中国の広州白雲国際空港から昆明へ行く際に利用。

ここは楽天プレミアムカードの特典であるプライオリティパスで

利用することの出来るラウンジ。

楽天プレミアムカードの申し込みは下のバナーからどうぞ。

広州白雲国際空港の国内線ターミナルには

プライオリティパスが使えるラウンジが6箇所もあって

その中で搭乗口に近い中国東方航空のラウンジを利用。

国際線の場合ラウンジは2つ。

ちなみにその日もう1箇所利用したのが海南航空のラウンジ。

このラウンジはセキュリティゲートを越えて

B224〜B235のエリアまで進んだ突き当たりの場所にある。

昆明へ行ったのは1月末の春節の真っ最中だったけども、

空港自体そこまで混んでおらず、

ここの広いラウンジもかなり空いていて

居心地自体はかなり良かったかと思う。

ただ何より残念だったのが14時くらいに

このラウンジを利用したからかご飯類は全くなくて、

スナックとドリンクのみだったこと。

その時はお腹が空いていたのでスタッフに聞いて

何か食べ物ないのと聞いたら慰め程度に

具なしの湯で麺をつくってくれた。

あんまり美味しくなかったけども、

まあ何もないよりはいいかと思って無理やりお腹に流し込んだ。

ドリンクもソフトドリンクとコーヒー、お茶があるくらいで

そこまで充実はしていないかなと。

一応中国東方航空のファーストクラスラウンジだからか、

ラウンジ内の雰囲気はかなり良くて、それだけは良かったかなと。

コンセント類も各席の下に着いていてそれなりに便利ではあった。

上記の時間帯であればご飯類は準備されているみたいなので、

それがあればもう少し良かったのになと思う。

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。