バリスタマスターコースを受けてみた。

つい1ヶ月ほど前の話ですが、

BrisbaneのFortitude ValleyにあるThe Coffee Schoolで

バリスタ1日マスターコースを受けてきました。

そもそもバリスタという言葉自体あまり詳しく

知らなかったのですが、Wikipediaによると

バールのカウンターに立ち、客からの注文を受けて

エスプレッソをはじめとするコーヒーを淹れる職業、

およびその職業についている人物をいう。

らしいです。

 

このコーヒースクールには色んなコースがあるわけですが、

費用はバリスタ1日コースが$99で、

そのバリスタコースを受けるために必要なFood Safetyという

オーストラリアの飲食店で働くのに必須の資格を取るのが、

$50ドルと合計$149でした。

 

そもそもなぜこのバリスタコースを受けようとしたのかというと、

まずカフェ•コーヒーに興味があったこと、

そしてオーストラリアのカフェでバリスタとして働きたいという

思いがあったからです。

オーストラリアでバリスタとして働くにはどこもかしこも経験が

必要で全くの経験がない外国人を雇ってくれるほど、

オーストラリアも優しくはありません。

なのでまずはせめて知識だけでもと、

バリスタコースを受講したのです。

Brisbaneには他にもいくつかのコーヒースクールが

あるらしいですが、何となく見つけたのでここに決めました。

 

講習自体は午前中に3時間Food Safetyを受けて、

午後からバリスタコースをみっちり6時まで受けることができます。

この日の受講生は世界のいろいろな国の人が受けに来ており、

その理由も自分で店を持ちたいから、自分と同じようにカフェで

働きたいからなど色々な人がいました。

Food Safetyはほとんど座学なので面白くはありませんが、

バリスタコースは部屋の中に1人1台のエスプレッソマシーンが

あり、そのマシーンでコーヒーを作りたい放題です。

全ての講習はもちろん英語で、英語の聞き取りがイマイチ

難しいという方はやめといた方がいいかもしれません。

ゆっくり話してくれるといった配慮は全くといっていいほど

ないので、なかなか厳しいと思います。

事実、自分も聞き取れないところが多くあり苦しみました。

 

バリスタコースはまずコーヒーの種類から、マシーンの使い方、

掃除の仕方というのを一通り学んだ後は、

全て実際にマシーンを使った練習になります、

まさに練習あるのみ。

まずはスチームミルクの作り方から、

エスプレッソ、アメリカーノ、フラットホワイト、カプチーノ、

カフェモカ、ホットチョコレート等

色んなコーヒーを作ることができます。

コーヒー好きにとってはたまらないと思います。

自分は初歩中の初歩であるスチームミルクをなかなか

うまく作ることができず苦労してましたが、先生が手取り足取り

教えてくれたおかげでなんとかなりました。

コーヒーは何十杯も作るので、最初のうちは自分で作った

コーヒーが嬉しくて飲んでいましたが、そのうち飽きて

普通に捨ててました。

コーヒーの飲み過ぎは良くないですね。うん、よくない。

 

講習自体はあっという間に終わってしまい、終了後に

名前が呼ばれ紙ぺら一枚の認定書みたいなのを

貰うことが出来ます。

基本的にコースを受ければ誰でも認定書をもらえるみたいです。

これで晴れてバリスタマスターコースを修了し、

一応履歴書にも書くことができます。

ただ、なかなかカフェでの採用は厳しく、

結局はレストランで働いちゃっていますが。

まあ諦めずに応募し続けたいと思います。

では! Stay Curious!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。