ワーホリで車を購入するには!?

ワーキングホリデーは基本的には1年間滞在ができるわけですが、

ファームなど農業分野である一定期間の就業経験を経れば、

最大2年間まで滞在することができるようになります。

自分はワーホリ後に世界一周するつもりなので、

セカンドビザは取らずに1年で終えるつもりですが。

1年〜2年滞在するとなると、交通手段として車を

購入する人も出てきます。

実際に自分のワーホリ友達にも車を持っている人が

ちらほらいます。

今回はワーホリで車を買う方法について書いていきます。

 

まず、現地の中古車店舗から購入する方法。

オーストラリアには日本と同様、至る所に中古車ショップが

存在しています。

英語で十分に交渉・確認できるのであればこの方法をお勧めします。

ただ、値段的には他と比べるとそこそこすると思います。

この手段をすすめる理由としては、何よりもきちんと店舗を持った

販売免許を持った人が行なっているため、

信頼性が高いということです。

 

次に、インターネットの情報交換サイトから購入する方法。

具体的なサイト名をあげると、Gumtree日豪プレス

など他にも幾つかのサイトがあると思いますが、

ローカル最大手のGumtreeと日本人向け最大手の日豪プレスの

2つがあれば事足りることと思います。

これらのサイトでは、シェアハウスや仕事、物の売買まで

幅広く掲載されており、車に関しても買いたい、売りたいといった

投稿が多く見受けられます。

これらの投稿を逐一チェックして、何かを気になる車があれば

間髪入れずにコンタクトを取ることをお勧めします。

別に買う気がなくても、質問・試乗するまではタダなので。

インターネット経由での購入となると不安がる人が多いと思います。

もちろん中には悪質な人もいることでしょう。

ただ、これらのサイトには常に多くの情報が流れており、

店舗等に実際に足を運ばなくても情報を入手することができる点、

中間マージン等が存在しない為比較的安い点など、

メリットもあります。

自分で主導権を持って、話を進められる方であれば、

インターネット経由でも大丈夫でしょう。

 

最後に、母国に帰国してしまう友達・知人等から安く車を

譲り受ける方法。

これは、案外多くの人が利用している印象があります。

これが以外にも1番安心なのかもしれません。

ワーホリを終えて日本等に帰る際に車は売り払ってしまわないと

いけません。

その時に手っ取り早く売る方法が、友人もしくは友人の友人に

売る方法です。

基本的にワーホリの人が乗っている車は、ワーホリの人の

間を転々としていっています。

ワーホリの人が乗っている車は、

かなりオンボロな印象ですが、それゆえどの方法よりも

安く入手できるかもしれません。

なかには買う時には安く買って、売る時には少しばかり高く売って

儲けを出している人もいるとかいないとか。

 

自分は専ら自転車を通勤手段としているので。

車を購入する予定はありませんが、

参考になれば幸いです。

では! Stay Curious!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。