オイスターファームってこんなとこ

現在自分はアデレード近辺の

オイスターファームで働いています。

オーストラリアでワーホリといえば、

日本食レストランであったり、クリーナー、

果物や野菜などのファームで働くということはよく聞きますが、

オイスターファームで働くというのはあまり

聞いたことがないと思います。

ということで今回はオイスターファームでの仕事について

色々と説明して行きたいなと思います。

まず労働時間についてですが、

基本的に週5日労働で、1日9時間ほど働いています。

朝の7時から仕事開始することが多く、長時間労働となるので

仕事が終わると疲れすぎてすぐベッドについてしまう、

そんな毎日を送っています。

仕事内容としては、

現在働いているオイスターファームは天然ではなく

養殖の牡蠣を生産しているため、

イメージしがちな海女さんが

素潜りして牡蠣を取るということはありません。

毎日、漁船に乗って海に行き、養殖の牡蠣を海に設置したり

逆に海から水揚げしたりしています。

海中は基本的に足がつく場所が多いので

それほど大変ではありませんが、

たまに足がつかない場所での作業もあり、

そのときは慣れないこともありかなり大変です。

現在季節的に夏に近づき始めているということもあり

水温も程よい温度でなかなか気持ちがいいです。

それでもウェットスーツを着ての作業になるので、

なかなか自由が利かず辛い部分はありますが。

海から戻ってくると、今度は倉庫内での作業になります。

牡蠣を大きさ別に選別したり、出荷用に梱包したり

大体そんな感じです。

オイスターファームで働いているということもあり、

毎日ではありませんが定期的に採れたての牡蠣を食べることができる

というのはここならではのことだと思います。

牡蠣の食べ過ぎによる痛風には気をつけながら、

オイスターファーム楽しみたいなと思います。

では! Stay Curious!

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。