世界一周時の為替対策としてワーホリ等で外貨を事前に稼いでおくことがオススメ

最近の円安具合はなかなかのものですね。

2014年11月14日現在で、1ドル=116円

現在自分が住んでいるオーストラリアの通貨である

オーストラリアドルも1ドル=101円となっており、

3ヶ月前と比べてかなり円安が進んでいますね。

 

自分は2015年の4月をめどに世界一周の旅に出るわけですが、

現在日本で働いていてこれから世界一周を考えている人は

かなり戦々恐々としているのではないでしょうか。

円安は海外旅行者にとっては、かなりの痛手です。

しかし、自分にとっては円安の方が

世界一周するのに都合がいいです。

というのも、自分は現在オーストラリアにて

ワーキングホリデーでオーストラリアドルを稼いでおり、

それにあわせて日本円の貯金と

アメリカドルでの外貨預金をしているからです。

合計3つの通貨を持っています。

総貯金額の割合からいうと、

約5割がオーストラリアドル、4割が日本円で、

残りの1割がアメリカドルといった感じです。

だいたい6割が外貨預金ということになります。

 

ただ、円安ではなく円高に傾く可能性も考えられますが、

今の経済状況、政治状況を考えても円安のまま、

もしくは円安がさらに進むことの方が可能性として高いと思います。

あくまで可能性の話ですが。

仮に円高になっても、自分は円も持っているので、

航空券等やECサイト等日本円でかえる買い物は、

日本円で決済すれば得しますし、

旅行先での支払いはそのときの為替状況を見て

最適な通貨で支払いすることも可能です。

個人的には世界一周するぶんには円安でも円高でもどちらでも

いいかなと思っています。

ただ、オーストラリアドルを稼ぐ身としては円安が進んでくれた方が

ありがたいなと思います。

 

世界一周前に外貨を稼いでおくことが良いと書きましたが、

どの外貨でもいいというわけではありません。

現在日本人がワーキングホリデービザで

滞在することができるのは、

オーストラリア・ニュージーランド・カナダ

韓国・フランス・ドイツ・イギリス・アイルランド

デンマーク・台湾・香港・ノルウェーと

合計12カ国あります。

その中から、通貨として比較的安定している、世界的に見て

流通量がそれなりにないといけません。

ですので、ノルウェー・クローネだったり、デンマーク・クローネ

台湾ドルなど比較的マイナーな通貨はオススメできません。

日本円に対して、基軸通貨であるアメリカドルと

比較的近い動きをする通貨がいいのではないかと思います。

そう考えるとオーストラリアドルを稼いでおいて

本当に良かったなと思っています。

オーストラリアドルはアメリカドルが上がると、

それに近いような形で上がってくれます。

もちろん違う動きをすることもありますが。

またオーストラリアで決済できるデビットカードも持っているので

日本円以外の決済手段があることは心強いです。

 

ここまで、世界一周旅行する前に外貨を稼いでおくメリットを

書いてきましたが、世界一周する人のほとんどは

日本円しか持たずに出発することと思います。

自分の他にワーキングホリデーをしてから

世界一周するという人もちらほらと聞きますが、

それはあくまで少数派中の少数派です。

ただ、世界一周する大多数の人にとっては

どうしようもない話かというとそういうわけではありません。

日本にいるだけでもできる為替対策として、

シティバンクや新生銀行など外貨預金できる銀行で

日本円だけでなく外貨も預金してみたり、

もう一歩踏み込んでFXなどに手を出すことも可能です。

FXは自分はやったことないのでなんとも言えませんが、

できる範囲で為替対策はしておいて損はないと思います。

自分もどうやったら世界一周を安く済ませることができるかを

よく考えながら残りのワーホリ生活を過ごしたいなと思います。

では! Stay Curious!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。