能登半島を原付バイクで一周した自分がおすすめする、能登半島近辺のオススメスポット8選

どうも。

少し前の話になりますが、私は石川県で会社員をしていた

2012年の夏頃に

ふと思いついて、1泊2日で原付バイクで

能登半島一周をしてみたころがあります。

日本には石川県にある能登半島の他にも、

千葉の房総半島や

北海道の知床半島、愛知県の知多半島、

静岡の伊豆半島など数多くの有名な半島が存在しています。

そこで今回は自分が一周してきて実際に体験してきた、

う能登半島のオススメスポット8選をお届けしたいと思います。

そもそもどのような経路で能登半島を一周したかというと

原付バイクなのでもちろん高速は使えませんので

完全下道です。

2日間で数百キロを原付で走った記憶があります。

image

さて肝心のオススメスポットを紹介していこうと思います。

 

1.千里浜なぎさドライブウェイ

image

image

ここは石川県民であればわりと有名な場所だと思います。

羽咋市にある海水浴場で、金沢市からであれば車で

無料ののと里山海道という道路を利用すれば1時間弱で着く

かなりアクセスの良いスポットです。

先ほどは海水浴場と説明しましたが、この千里浜なぎさドライブウェイは

その名前の通り、4WD以外の車でも砂浜をドライブできるという

日本でも唯一のビーチなのです。

なんでも砂浜の砂が細かいからこそ車で通ることができるとか。

夏にはここで家族連れやカップルが多く見られます。

 

2.神音カフェ(かのんカフェ)

imageimageimageimageimageここはぱっと見て千里浜なぎさドライブウェイの近くにあるので

簡単に行けると勘違いしそうですが、

なかなかというよりかなりの山奥にあるため

行くのだけでもなかなか大変かもしれません。

冬にはかなりの雪が降る石川県なので、

スタッドレスタイヤを履いていても行くのは厳しいかもしれません。

ここは写真でも分かるように古民家をリフォームしたような

形のカフェです。

ただ看板がなければ、分からないほどの佇まいなので

少しばかり注意が必要です。

店内には店主さんのこだわりが見えるソファやテーブル、

囲炉裏などもあってかなりレベルの高く、

それでいて居心地の良いカフェです。

料理も遠くからわざわざ食べにくる価値のあるものですが、

それ以上に店主さんの温かい接客・おもてなしは

ホッとするほどです。

また、このカフェは食材にもこだわっており、

自主栽培した野菜を料理に使っているそうです。

それらを購入することもできます。

それだけこだわりのわるカフェなので、

奥地にあるカフェにもかかわらずかなりの人気です。

席数もそれほど多くないので、ゆっくりしたいという

方はピーク時は避けたほうがいいかもしれません。

カフェのブログもあるみたいなので載せておきます。

神音カフェブログ

神音カフェ–食べログ

 

3.白米の千枚田

image

image

ここもそれなりに有名かもしれません。

輪島市にある千枚田。

世界農業遺産にも登録されているこの棚田。

金沢市から車で2時間ちょっとあれば行くことができ、

冬になると棚田のイルミネーションを見ることができます。

転載元:白米千枚田HP
転載元:白米千枚田HP

農業という一見観光地化しにくいものですが、

イルミネーションやイベントなどを多く催しており、

観光客集客に成功している例だと思います。

 

4.禄剛埼灯台(ろっこうさきとうだい)

imageimage

能登半島には数多くの灯台がありますが、

灯台好きの自分としてはこの禄剛埼灯台が能登半島では

一番おすすめの灯台です。

なんでも日本の灯台50選にも入っているみたいです。

能登半島最北端にあるこの灯台は、

金沢市から車で3時間弱あれば行くことができます。

駐車場から15分ほど坂をかなり急な坂道を登る必要があり

若干体力を使いますが、それを登り終えた後のこの灯台に

加えて日本海を一望できる高台は見応え十分だと思います。

 

5.ランプの宿

imageimage

この宿は地図を見れば分かるように能登半島のまさしく先端に

あり、能登半島のなかでもかなり有名な宿の一つです。

なんでも日本三大パワースポットらしく、

確かに自分も泊まりはしませんでしたが、

なんだかスピリチュアルな気分になった気がしなくもありません。

金沢市から車で3時間弱かかりますが、

この宿のためだけにいくとしても十分価値はあると思います。

自分はまだ行ったことはありませんが、

両親が以前宿泊したらしく、それはそれは満足した様子でした。

気になる料金ですが、部屋数もそこまで多くなく

最低でも1人18000円〜で1番高いスーパーリッチコース

(なんだか名前が安っぽいですが)となると1泊100000円もするみたいです。

いつか泊まってみたいです。

ただ、このランプの宿、予約が取りづらいことが有名で

数ヶ月先でも取れないこともあるみたいです。

もし宿泊を考えている方は、かなり早めの予約をオススメします。

 

6.見附島(みつけじま)

imageimage

image

 

image

金沢市から車で2時間ちょっとで行けるこの見附島。

外観が軍艦に見えることから別名軍艦島とも呼べれているこの島は、

写真にあるように岩を歩いて島の間近まで行くことができます。

若干滑りやすくて危ないかもしれませんが、

子供連れの家族にとっては遊びやすいスポットかもしれません。

天気が良ければ、富山の立山連峰を望むことも

できるみたいです。

 

7.マルガージェラート

image

image

image

このマルガージェラートはその名の通りジェラート屋さんで、

石川県の野々市市に2号店も出しており、石川県内では

かなり有名なお店かと思います。

ただ、行くのであれば野々市市の2号店でもいいですが

せっかくなので是非本店がある能登町まで2時間かけて

足を運んで欲しいなと思います。

ここのジェラートは奥能登の牧場のミルクを100%使用しているらしく

かなりの美味です。

しかも量もかなり多くて大満足だった記憶があります。

MALGA GELATO

 

8.和倉温泉

imageimageimage石川県にはいくつか温泉地がありますが、

やはり一番有名な温泉地といえば和倉温泉ではないでしょうか。

金沢市から車で1時間30分ほど、

電車でも3時間ほどで行ける場所にあるので、

そのアクセスの良さから自分も今まで3回ほど行ったことがあります。

温泉街だけあっていくつか無料の足湯があったり、

日帰りの温泉施設もあるのでお金をかけずとも楽しむことができます。

どうしてお金をかけたいという場合には昭和天皇も

泊まられたというかの有名な加賀屋に

泊まることをオススメします。

温泉街だけあって、温泉まんじゅうやその他の料理も

楽しむことができます。

 

さて能登半島近辺のオススメスポット8選を紹介してきましたが、

如何だったでしょうか。

2015年春に開通する北陸新幹線のおかげで

ますます関東からのアクセスがよくなるであろう北陸の地。

北陸の小京都となぜか呼ばれている金沢を楽しむのも良いですが、

もうすこし足を伸ばして能登半島を散策してみるのも

面白いと思います。

では! Stay Curious!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。