日本に帰国した今、オーストラリアで恋しいモノBEST5を考える

どうも。

2月8日にオーストラリアでのワーホリを終え、

現在は世界一周準備のために東京に滞在中のヒデです。

オーストラリアと東京との気温差に未だに

慣れず凍える毎日です。



オーストラリアから日本に帰国して1週間が経ちましたが、

少しずつオーストラリアの生活・文化が

恋しくなり始めています。

そこで今回はオーストラリアのもので、

自分が今恋しく思っているものベスト5を

発表しようと思います。

 

①ヌテラ

オーストラリアでは言わずと知れた

チョコレートのスプレッド。

厳密に言うと、このヌテラはオーストラリア産ではなく

イタリア産ではありますが、

オーストラリアに行かなければ出会うことがないものでした。

オーストラリアでの朝食はこのヌテラ抜きには語ることは

できません。

言うなれば、ジョーかー抜きのトランプみたいなもんです。

これ抜きでは自分のオーストラリア生活は退屈なものに

なっていたでしょう。

毎朝、朝食にはフルーツと、食パンかフランスパンを

トーストしたものにこのヌテラを塗って食べていました。

ホントヌテラ最高です。

やめられない、とまらない…Nutella!!!

 

②TimTam

オーストラリアで一番有名なお菓子と来たら

おそらく皆が皆このTimTamをあげることと思います。

チョコレート菓子であるこのTimTam。

日本へのお土産として TimTam箱買い
日本へのお土産として
TimTam箱買い

 

基本の味オリジナルを始め、ホワイトチョコレート味や

キャラメル味など多くの種類があります。

オーストラリアの2大スーパーマーケットである

CalesとWoolworthsではたまにTimTamのセールが

あり、2個で5ドルほどで購入することができます。

通常価格は3ドル以上とちょっと高いお菓子です。

日本のお菓子もクオリティはかなり高いですが、

TimTamは日本でも十分通用するように思います。

 

③アップルサイダー

あまりお酒、ビールを飲むことのない自分ですが

オーストラリアではバーとかでは基本アップルサイダーという

アルコール飲料を飲んでました。

このアップルサイダーという飲み物、日本だと単なるジュースを

イメージしがちですが、れっきとしたアルコール飲料です。

イメージはりんごサワーを少し強くした感じです。

色々な種類があうるアップルサイダーですが、

ビールが飲めない自分には飲みやすく、

よく飲んでいました。

 

④カフェ

オーストラリアはかなりのカフェが盛んな国です。

日本よりもレベルの高いカフェが多く、

カフェの競争率はかなり高いです。

特にメルボルンは本当にカフェの街だなと実感しました。

カフェ専用の小道があり、そこには数多くのカフェが

ひしめき合ってました。

image

カフェラテであれば1杯3.5~4ドルほどで飲むことができます。

食事まで頼むと若干高くつきますが、

コーヒー好きにとってはたまりません。

 

⑤オイスター

image

オーストラリアに来る前は牡蠣はまあ好きっていう

くらいでしたが、オーストラリアでトップクラスの

オイスターファームで働くことで、

今まで食べたことのないようなレベルの牡蠣を食べ、

牡蠣好きに拍車がかかってしまいました。

毎日のように牡蠣を食べることができ本当に

幸せな毎日だったように思います。

日本の牡蠣もかなりレベルが高いですが、

牡蠣を見るたびにオーストラリアのオイスターファームを

思い出してしまいます。



オーストラリアの恋しいものを5つあげましたが

如何だったでしょうか。

オーストラリアは日本よりも物価が高く買い物は

なかなか難しいですが、

好きなものは好きなように食べる

それが大事なんじゃないかなと思います。

オーストラリアでの滞在で太ってしまう女性が多いのは

お菓子等にハマってしまうという理由があると思います。

共感のコメント、いやいややっぱこれでしょという意見があれば

コメントくれたら喜びます。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。