東チベット初日にしてバスに置いてかれそうになるっていう

どうも、ひでです。

現在はいわゆる東チベットと呼ばれるエリアの入り口である

康定という都市に滞在してます。

image


入り口である康定なのに、

標高はすでに2600メートルっていう。

明日に向かう理塘というところは

まさかの4000メートル越え。

そこまで見どころのない康定ですが、

高地順応、高山病対策の為、あえて2泊滞在して

体を慣らすようにしてます。

この時点で若干頭が痛いのは気のせいだろうか。

いや気のせいだと信じたい。

今いる康定までは成都からバスで9時間(150元)ほどの

場所にあるわけですが、

2600メートルもの高地まで一気にかけるので、

それはなかなかの道を走ってきます。

まあアフリカや南米の悪路と比べたら比にならないほど

ましだとは思いますが。

それでもすぐ横が100メートル級の断崖絶壁なので

ヒヤヒヤしながらも、ぐっすり寝てました(笑)

途中でこんなよく分からないところで休憩したり。

image

なかなか良い景色が眺められたりもします。

image

康定到着まで残り2時間ぐらいを切ったところで、

まあ中国ではよくある身分証チェックの為の休憩が訪れ

周り全て中国人のなか日本人1人並ぶわけです。

自分の番が来て、日本のパスポートを出した途端

はい来ました、別室行きです。

この時点でなんだか嫌な気分はしてましたが。

少し離れた別室に連れてかれ、パスポートとビザのコピーと

中国語で少しだけ尋問されました。

これからどこ行くんだとか、お前の仕事は何だとか

まあ簡単な質問をいくつかと。

案外あっさりと終わり、バスまで戻ろうとすると

まあ案の定バスはありません。

かなり焦りながらもとりあえず別の康定行きのバスに乗り込み

身振り手振りで説明すると、

こいつバスに置いてかれたダサいやつや、

みたいな感じで、かるく笑われてました。

そうこうしてる内に、自分のバスが

500メートルほど先にあるのに気づき急いで向かい

何なきを得ました。

ホントなんで出発時に確認してくれなかったんや。

まあ気づいて止まってくれただけでも良かったけども。

そのあとは特に何も無く、予定より1時間遅れぐらいで

康定に着きましたとさ。

そんな康定はこんな感じ。

imageimageimage

まあ悪くはないかなと。

この康定は山の谷間に位置するため少しばかり

寒いですが、ここで泣いてるようじゃ次で間違いなく

死んでしまうので、とりあえず耐えます。

東チベットの旅の無事を祈ってm下のバナーのクリック

お願いします。

明日には高度4000メートルの理塘に行ってきます。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。