ついに念願のラルンガルゴンパ!

どうも、ひでです。

東チベットでの旅を初めて早2週間ほど。

やっと念願のラルンガルゴンパに着きました。

もうね絶景です。

今までの東チベットの街もそれぞれ良かったとは思いますが、

その中で東チベット文化が集結している

という点で、圧巻・断トツです。

今までの自分は自然が作り出した景色が一番だと

考えてましたが、

人が作り出したもの、造ったものもそれに

匹敵するんだと感じさせられました。


ラルンガルゴンパにはガンゼを出発し、

バスで6時間ほどでセルタの街に着きました。

はじめはセルタで1泊してからラルンガルゴンパに行こうかと

思ってましたが、

セルタの街があまりに都会で(東チベットの中でですが)

面白みに欠けたので、

そこから乗り合いバスに乗って

ラルンガルゴンパに向かうことにしました。

もうラルンガルゴンパの街並みに入った瞬間

あまりの壮大な景色にただただ驚きました。

とりあえず荷物を置くために頂上付近にある宿まで

えーこらえーこら向かって着いて見えた景色がこれ。

image

image

image

ここまでいろいろと東チベットまわってきた

苦労が報われたなと。

さすが東チベットの一大メッカ。

単純なチベット僧の数ならヤチェンガルゴンパと

良い勝負かもしれませんが、

街並みは断然ラルンガルゴンパです。


ラルンガルゴンパの街並みが素晴らしいのはもちろん、

他に素晴らしいのが、食事。

チベット料理って言われてもピンとこない人が多いと

思いますが、

代表的なのが、日本のほうとうみたいな料理であるトゥクパ

というのと、チベットの牛であるヤクの肉が使われた

餃子みたいなモモというものです。

自分は東チベットに入ってから毎日トゥクパを

食べてる気がします。

トゥクパは地域、店、家庭によって味が違く

行く先々で色んな味を楽しめるのでたまりません。

若干辛めのスープのトゥクパ。

ミネストローネみたいなスープのトゥクパ。

肉ダシのでたスープのトゥクパなど、

ホント色々あります。

image

個人的にはガンゼからセルタに行く途中で食べた

名もなき町の名もなキレストランで食べた上の写真のトゥクパが

ベストなうまさです。

ここラルンガルゴンパではそれが7元〜10元

約140円〜200円でたらふく食べれてしまうんです。

ラルンガルゴンパ自体、レストランは少なく歩いて行ける距離に

3軒ぐらいしかないのですが、

毎食何かしらチベット料理を食べてます。


ただラルンガルゴンパこの時期に行ったので

本当に寒いです。

防寒着全然持ってこなかった自分としては

ただただツライ。

ラルンガルゴンパ自体お寺ぐらいしか観光するところは

ないけれども、ただ目的もなく

ブラブラ歩いて色んな僧さんと会話してみるのも

面白いと思います。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。