【空港ラウンジ体験記】スワンナプーム国際空港 Louis’ Tavern CIP First Class Lounge

【空港ラウンジ体験記】バンコク・スワンナプーム国際空港 Louis’ Tavern CIP First Class Lounge

バンコク・スワンナプーム国際空港 Louis’ Tavern CIP First Class Lounge 評価(最大星5つ)

項目 評価
時間 24時間
ドリンク・アルコール ★★★★★
食事・スナック ★★★★★
ロケーション ★★★★☆
WiFiの有無
WiFiのスピード ★★★★☆
スタッフ ★★★★☆
設備 ★★★★★
シャワーの有無
総合評価 ★★★★★


タイのバンコクからインドのコルカタに移動する際に利用。

楽天プレミアムカードの特典であるプライオリティパスで

利用することの出来るラウンジ。

楽天ゴールドカードの申し込みは下のバナーからどうぞ。

スワンナプーム国際空港にはPriority Passで

利用できるラウンジが6つもある。

全部同じCIPラウンジで、今回はその中でも一番大きいG2ゲート前の

ラウンジを利用。

まず驚いたのはその広さ。

パッと見た感じでも100人ぐらい座れる。

image image image

ドリンク、食べ物類もかなり充実してる。

食べ物は軽食からスパゲッティ、スープなど、

ドリンクもソフトドリンクからコーヒー、アルコールと

しかもアルコールはリキュールが豊富で

自分で好きなカクテルも作れる。

正直ここまでのクオリティのラウンジは見たことない。

直近で利用したホーチミン国際空港のApricot Loungeが

今まででベストだったけど、

それをはるかに超えるものやった。

シャワールームも一応2つあるし、文句の付け所がないかな。

他のCIPラウンジは行ってないのでどうか分からないけど、

ここまでのレベルではなくても、十分快適なんだろうなと思う。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。