ネパールで発見した美味い国民食と辛い食事の日々と恋しい日本食

どうも、ひでです。

現在地はカトマンズ。

ネパール地震の被災地でのボランティアから帰ってきました。

今回は最近続いてた地震関連の話題とはちょいとばかり離れて

ネパールでの食関係について。


ネパールの国民食マショーラ

被災地へボランティアに行く前といった後では

地震でストップしてた市場が再開しつつあり

活気も少しづつ戻ってきてるようでした。

世界一周中には各国の市場とかに行くのが密かな楽しみで

例に漏れずカトマンズでも行ってみました。

ネパールは乾燥物が豊富で、

その中でも知り合いおすすめで、実際に自分もその美味しさに

驚いたのがマショーラという食べ物です。

これは大豆を加工した食べ物で、水やお湯に戻して

スープの具として食べます。

これが大豆なのに肉っぽい食感でびっくり。

大豆やから栄養もしっかりとれるし、かつ美味しくて

言うことなし。

200gで40円ぐらいと値段も安い。

ネパールに住んでたら間違いなく、マショーリストになってたわ。

日本でマショーラとか絶対はやる気がする。

マショーラ輸入ビジネスでもやろうかね。

からくてツラかった被災地での食事

自分は食べ物自体の好き嫌いは無いけど、辛い物が基本的にダメ。

カトマンズでは適当なレストランに入って

好きなメニュー食べとけばいいけど

被災地ではそうもいかない。

被災地では食材をもって準備万端で行ったけれども、

結局毎日地元の人にご馳走になってしまってました。

ただ、そのご飯が毎回毎回辛くて辛くてツラかった。

美味しいのは美味しいんだけど、地味に来るからさを

毎日食べてると徐々にお腹が拒否反応をし始める始末。

今までの旅で大してお腹を壊したことなかったのに

まさか被災地でそうなるとは。

もしかしたら辛さが原因ではなく、

現地の山の水をガバガバ飲んでたからかも知れないけど。

ここまで日本食を恋しく思ったのは人生でないかも

被災地で自分一人辛い食生活を送ってきたせいか、

ボランティア終わりが近づくにつれて日本食食べたい欲が

めちゃくちゃ出始めてました。

ボランティアに行く前日にカトマンズで安くてめちゃくちゃ美味い

日本食屋さんで夕食を食べてしまったため、

余計に日本食が恋しくなってるのかもしれません。

自分は今まで海外に長期間住んだり、旅行したりしても

日本食が恋しくなることはなかったのですが、

やっぱ適度に自分の好きなものを食べてないと

おかしくなっちゃうでしょうね。

あ〜はやく天丼かカツ丼食べたい。

image

てんやよりも美味しくて、かつやよりも美味しい

ネパールの日本食屋に行きたい。

ということでカトマンズ再到着後の夕食はそこで決定。

では! Stay Curious!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。