世界一周出発から100日経って改めて思う3つの変化

2015年3月11日から約1年の世界一周の旅へ。
日本→中国→ベトナム→タイ→ラオス→インド→ネパール→インド

どうも、ひでです。

この記事はインドのラダックにて書いています。

早いもので世界一周に出て100日が経ってました。

といっても実際は110日くらい経っちゃってますけど。

ネット環境のない場所に1週間ほどいたもので。

早いものでと書きましたが、

正直早くもなく、遅くもなくといった感じでしょうか。

ただ移動のスピードとしてはまあいい感じだとは思います。

臨機応変に目的地を決めながら旅を楽しめてるのかなと。

まあタイトルの通り100日過ぎたところで自分の中で

心身ともに起こった変化について

少しばかり書いて行こうかなと思います。


①お腹が弱くなった

これはまさしく旅に出て一番の変化ではないかなと。

日本にいるときはお腹とか全然強くて、

下痢とかほっとんどなることなんてなかったのに

それが今では結構な頻度で下痢に悩まされてます。

テスト前によくトイレに行く人の気持ちが初めて分かったような気がします。

まあ下痢になったのはネパール、インドに入った辺りからですかね。

やっぱり途上国の水と慣れない異国の食事ばかり食べてるせいでしょうか。

ネパールとかで山の水をガバガバ飲んでたから

下痢になったんでしょうね、おそらく。

下痢の中ネパールの山を片道8時間とかトレッキングしたのは

ホント地獄やったなと。

今では笑えますが、あの時はホント今までの人生で

一番つらい腸内環境だったように思います。

今はインドのラダックにいますが、また調子が悪くなりかけてます。

ホント下痢がこれほど辛いとは知りませんでした。

正露丸持ってきてないっていう過ちも犯すし。

早く良くなることを心から祈ってます。

②観光地慣れ

これは世界一周してる人にとっては致命的だけども、

案外多くの人が経験してることなんではないかなと思います。

まだ旅に出て3ヶ月ちょっとだけども、それでも色んな国の

いろんな観光地を見てきました。

圧倒される観光地もあれば、期待を裏切られた観光地もあります。

多くの観光地を見てると、その分感動のハードルも少しずつ

上がってきます。

最近ではちょっとやそっとの観光地では感動しないようになってきました。

その中でも中国の東チベットとかインドのラダックは圧巻でしたけど。

今いるインドの旅が終われば、中東、アフリカ、ヨーロッパと

完全に未知なる国を訪れることになるので、

また感動のハードルが若干低くなるかもしれないけど、

これからの旅では観光巡りばかりではなく

人、生活にフォーカスを置いた旅にしようと思ってます。

そっちの方が面白いなとラダックを旅してて思いましたね。

③清潔感の薄れ

まあこれは要するにシャワーを数日浴びれない状況だったり、

同じシャツを何日も着ることになっても全然平気になったということです。

日本に居た頃は毎日シャワーを浴びないと嫌でしたし、

服も下着も毎日替えるようにしてました。

それは日本では当たり前か。

ただ長旅となるとどうしてもシャワーのない宿だったり、

数日同じ服という状況はありますよね。

まあそうせざるを得ないのでしょうがないもんですが、

そういうのが気にならなくなったというのは

ある意味成長といっても良いんですかね。

いや単なる不潔でしょうか。

あと世界一周中の洗濯はほぼ手洗いっていうのも少なからず

影響してるとは思います。

手洗いでの洗濯って地味に時間かかるし面倒なんで、

極力洗うモノを減らしたいと思うようになります。

するとどうなるかというと、洗濯物にしないために

同じ衣服を着続ければいいやとなるわけです。

人間って不思議ですね。

確かにそうすることで洗濯の手間は若干減りました。

臭いによる周囲への迷惑は増してるかもしれませんが。


上に書いたように旅をして変わるものもあれば、

当然変わらないものもあります。

その最たる例がこのブログの閲覧数です。

相変わらず毎日100前後、多くて200という悲しい状況です。

それでもそれだけの人がコンスタントに見てくれているというのは

感謝しないといけないかもですけど。

より多くの人に見てもらえるように面白い記事、

為になる記事を書いてかないといけないなと痛感します。

まだまだ旅は続いていくわけですが、

変化に富んだ、他の人が経験しないような旅にしたいなと思います。

では!

ブログランキング参加中。下のバナーのクリックお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。